2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた

2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた金沢八景・一之瀬丸感謝デー釣り大会で今季のカワハギ釣りは終了だ。竹岡沖の本格化が遅れたのとTKBの予選がなかったせいで、わずか6戦しかしなかったがその内容は結構充実していた。うまくいったこと、うまくいかなかったことのメモを残して来季の釣りにつなげていきたい。

12月といえばX'mas気分で緑と赤。竹岡ハギに炸裂するか!?今年の新兵器といえば炸裂ピカイチくんに尽きる。赤色でピカピカと点滅するこのオモリのおかげで、あまり激しく誘い過ぎずに底から1メートルをじっくり探るという作戦が採りやすくなった。ピカイチくんが勝手にカワハギを寄せているという手応えは明らかにある。後述するが寄せすぎているせいでデカハギ狙いが成立しづらくなることもある。ピカイチくんの効果に関しては大きくプラスに働いたと実感することはあったが、マイナスに働いたことはなかったと考えている。へた釣りが目指しているのは、地獄に堕ちたり修行に励んだりしなくても大きなカワハギが誰にでも釣れるデカハギ天国ピカイチくんは絶対になくてはならない愚策の1つになった。

■ピカイチくん feat.アワビ貼りブレードでカワハギを宙に浮かせる

'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレードオモリが着底したら竿を持ち上げながら素早くリールを巻いてオモリを底から2メートル切る。速く竿を動かすのはオモリの下部に取り付けたアワビ貼りブレードをクルクル回転させて近くにいるカワハギにへた釣りの仕掛けの存在に気付いてもらいたいから。ピカイチくんの点滅も加わってカワハギへの視覚的アピールは船中誰にも負けなくなった。食い気のあるカワハギは仕掛けを追い掛けて底から宙に浮いてくると考えている。

究極?ピカイチくんで神って失速したかみやカワハギ大会2メートル底を切ったらすぐに1メートル激しくタタキ下げる。仕掛けを追い掛けて浮いてくれたカワハギが底に帰ってしまう前にカワハギの近くまでピカイチくんアワビ貼りブレードを戻してあげることを意識する。タタキ下げたら一度ピタリと止める。このときにカワハギからのコンタクトがあるときは超高活性なときで第12回かみやカワハギ大会のときがそうだった。へた釣りにしては珍しく数釣りで上位にからんだ大会だ。ただし、底を大きく離れて餌を追ってくるカワハギはサイズが小さいようで、型には全く恵まれなかった。活性がよすぎるときは誘い方を変える必要があるかもというのが来季に残した課題の1つ。

尺ハギで勝った!!と思ったのにフィーリング船長にやられるタタキ下げた直後に魚信がなかったら竿をフワフワと動かしながらゆっくりと誘い下げていく。底までの1メートルを20秒近くかけてじっくり探る。この速度なら動かしすぎないというデカハギ狙いの誘いになっているようで、今季釣った良型のカワハギはすべてこの1メートルの間でモゾリとかモゾワというコンタクトがあってから釣れた。感覚的な物なので言葉にはしにくいが小型のカワハギだとサワサワと、25センチ以上の良型はモゾとかゾワと感じる。良型の予感がするときは特に慎重にゆっくり誘い下げて絶対に逃がさないように掛けにいく。

■ハギポンで餌への執着を増大させ3粒で1匹のデカハギを掛けにいく

ビッグ3を独り占めして一之瀬丸感謝デー釣り大会を快勝♪仕掛けもちょっとだけ工夫してあり、3本の針はオモリのすぐ上から7センチ間隔で出してある。これはアピール力のあるオモリの近くに餌を固めて配置したいというのと、カワハギを掛けにいくときに3つのアサリで1匹を掛けるつもりでいるから。カワハギが寄っている感触があったらゆっくり竿を下げていきながらカワハギが餌を飲み込んで暴れたガッという魚信になるまで竿を送り続ける。ゼロテンション以下になるまで追いかけることもある。多くのケースで一度ではなく複数回の魚信があるので、3回連続で掛け損なわければカワハギを手にできる。

剥き身のアサリは生きてるの? 貝柱切ると死んじゃうの?ハギポンの戦略上の位置付けはピカイチくんという強力な集魚力を得たことで変わった。臭いで寄せることを目指して合成し始めたが、ピカイチくんの集魚力が強力すぎてハギポンカワハギは寄せられているのかどうかが分かりにくくなった。ハギポンにはカワハギの餌の執着を増大させるという効能があると感じている。ハギポン餌の特徴の1つが取られる時はきれいさっぱり全部取られるってこと。キモだけ齧られたりすることはほとんどない。3粒で1匹を取るという作戦がうまくいっているのはハギポンのおかげだと考えている。来季はハギポンの強化をテーマにしよう。生きているうちにアサリの中にハギポンを取り込ませることが可能かどうか、そして効果があるのかどうか試してみたい。



Twitter

2016年12月19日 17:00

« ビッグ3を独り占めして一之瀬丸感謝デー釣り大会を快勝♪ | メイン | 緊急再発進しないようにカワハギの道具をおかたずけぇ~♪ »

最近の釣りのお勉強記事

イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する
ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック
宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪
カワハギ2014のテーマは自分に合う仕掛け探しになりそうだ
ウィリーイサキ前後半戦の仕掛け&シャクリ方 傾向と対策
イサキ束狙い最終戦に向けて仕掛けの全長・枝間を見直す
来年こそは大漁。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014
戦う準備はできている? イサキ釣りに改善の余地はある
サバを避けられるスティ0シャクリがカイワリ攻略の鍵かも
かみやメバル大会2014に向けて下手なりの無駄な足掻き♪
夜アナゴに行くからには自分で5匹は釣りたいから予習した

著者: へた釣り