「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ

「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ羽田・かみやの釣果報告でへた釣りのクロムツの釣り方を「誘い探り釣法」と書いてもらった。遊魚のプロの命名なわけで、必殺技っぽくてうれしい。調子に乗ってクロムツの釣り方メモを書く。人生で一度だけしかツ抜けしたことがない人のメモなので眉に付ける唾はいつも以上に多めに。

■道具編 竿は柔らかめがいい。仕掛けは枝長70センチの5本針で

テケテテ~ン!! へた釣りは伝説のアカムツ竿を手に入れた深場の釣りで一番大事な道具は竿なんじゃないかと思っている。手元から200メートル以上離れた場所にあるエサに魚が食ってくるわけで、ある程度オートマティックに針掛かりに持ちこめ、巻き上げ中にばらし難い竿でなくてはならない。昨季、魚信はあるのにクロムツがちっとも掛からないと悩んでいたが、竿を変えただけで、明確な魚信があれば100%に近い確率で針掛かりするようになった。使っているのは「海人アカムツ225」という竿。中深場用として売られている竿よりも柔らかめでクロムツを違和感なく食いこませている。巻き上げ中もしなやかに曲がるのでバラしが少ない。

作るの難しくないのに……深場の仕掛けって買うと高いなぁ仕掛けは枝ス70センチで枝間140センチの5本針の物を使う。仕掛け全長は8.4メートル。クロムツは底べったりにいるわけではなく、結構浮いているので針数は5本あった方が探りやすい。本当は8本針でもいいかもと考えているのだが、8本針にすると投入の難易度が一気に上がる気がするので、5本針を基本に考える。サバの泳層がクロムツのいそうな層に近いときは3本針にした方がサバに蹂躙されるリスクを軽減できる。また、枝スを太くすると途端に魚信が減る。枝スは太くても8号までがいい。

■誘い編 ストンと落とした瞬間に来る=エサが横を向いた瞬間?

クロムツの泳層は? 底から何メートルを探るのが定石?クロムツがどのタナにいるのか広く探るのが重要でオモリが着底したら10メートル巻き上げる。一番上の針の位置は底から17メートルくらいになる。クラッチをオフにしてスプールを抑えたり、離したりしながら50センチくらい刻みで仕掛けをストンと落としていく。魚信の多くはストンと落とした後、5秒以内に出る。ステイ時間は長くても10秒にして、テンポよく誘い落としていってクロムツにエサの存在を気付かせる。底にオモリが着いたら10メートル巻き上げて最初からやり直し。これを辛抱強く繰り返す。

南強風でしばらく澄み潮。そうだっ! 今週末は深場にGO!!クロムツはあの大きくつぶらな目でエサを探していると想像している。動いている物の方がよく見えるというのは目でエサを追う魚全般に共通の傾向だ。では、どうして誘い上げではクロムツの反応が悪く、誘い下げだと食ってくるのか? ヒントをくれたのは例によって深場の勇者様。「エサが横になれば食いが良くなる」。エサには重みがあるので通常の状態は幹糸に対し少し垂れ下がり気味になっているはず。仕掛けを下げると枝スは上に上がり、そこからまた沈みだすわけだが、その間にエサが横になっている(泳いでいる魚のように水平になっている)間ができるはず。その瞬間にクロムツが食いついてきているなら、誘い上げより誘い下げが効果的で、誘い下げて5秒以内に食ってくるという2つの傾向の説明がつく。

■アワセ編 アワセは不要でじっと待つのが追い食いには大事

ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?クロムツはアワセがいるのかいらないのか……魚信を弾かない竿ならアワセなくてOKじゃないかと思う。クロムツの魚信の多くは竿先のテンションが抜けて持ちあがり、何度か竿先をガクガクと揺さぶるように出る。ここで掛けにいってやろう竿を持ち上げると針掛かり率が悪くなる。放置しておく方がいい。竿先がガクガクしているのはこの時点で既に針掛かりしているのでは?と想像する。竿先をガクガクのあとでクロムツの重みが竿先に乗ったときに竿先を少しだけ持ち上げるくらいで針掛かり確定と考えてよいように思う。

「また釣ってきたよ♪」。クロムツ最多記録を3倍更新でドヤ!!追い食いも難しく考えないで、最初の魚の針掛かりを確定させたら、しばらく同じタナで待っているだけで来るときは2匹目、3匹目が食ってくる。針に掛かったあとのクロムツは意外と大人しく、針から外れちゃった?と不安になることもあるが、外れてはない。巻き上げ始めるとちゃんと魚の手応えが戻ってくる。巻き上げ中は水圧の変化でクロムツが浮き始めたように感じたら少しだけ電動リールの巻き上げスピードを上げるとバラシをさらに少なくできる。



Twitter

2017年03月12日 17:00

« 「また釣ってきたよ♪」。クロムツ最多記録を3倍更新でドヤ!! | メイン | クロムツに混じった赤いメバルの正体はカタボシアカメバル »

最近の釣りのお勉強記事

深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する
ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック
宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪
カワハギ2014のテーマは自分に合う仕掛け探しになりそうだ
ウィリーイサキ前後半戦の仕掛け&シャクリ方 傾向と対策
イサキ束狙い最終戦に向けて仕掛けの全長・枝間を見直す
来年こそは大漁。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014
戦う準備はできている? イサキ釣りに改善の余地はある
サバを避けられるスティ0シャクリがカイワリ攻略の鍵かも
かみやメバル大会2014に向けて下手なりの無駄な足掻き♪
夜アナゴに行くからには自分で5匹は釣りたいから予習した
子供たちとLTアジ釣りに行くとき忘れてはいけないことメモ
沖のウィリー五目のシャクリ方。魚別なんとなくこうかなメモ
あまりというか全く参考にならないオニカサゴの釣り方メモ

著者: へた釣り