アマダイ釣りでひょっとしたらと思うことをまとめてメモしとく

アマダイ釣りでひょっとしたらと思うことをまとめてメモしとく最初に断っておくと、アマダイ釣りのことが何も分かっていない人のメモであるから、釣り方を勉強したいと思っている人は読まない方がいい。なんといってもアマダイ釣りは1回しかやったことがないw でも、せっかくいろんなことを教えてもらったので、次回釣行前に読み返す用にメモ。

■砂泥に潜って餌を待つアマダイにトンフワトンフワビュンでクワセる?

アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目アマダイの習性で驚いたのは、ウィリーの一シャクリ目で食ってきたこともあるのでいつもそうではないと思うが、30センチを超えときに50センチなんてサイズにもなるのに砂泥の中に潜って目だけを出して餌を待つ待ち伏せ型の魚であるらしい。だから、錘でトントンと底を小突いて砂煙を上げるようにするとアピール度が高いとされている。錘で底を小突いているとき、仕掛けは底に這ったり、フワッと浮いたりを繰り返している感じだろうか? ときどきオキアミが海底でエビのように跳ねているような動きをするよう強めの誘いを入れると、アマダイが砂から出てきて餌を食べたろうという気になる…と信じることにした。

30センチ超え2匹込みでアマダイ4匹。魚信多くて超楽しい♪誘いはトンフワトンフワビュンを2セット続けてやってみるとアマダイが釣れるようになった。トンは底を軽く叩く。フワは竿を10センチくらい軽く持ち上げる。ビュンは錘が跳ねないギリギリの強さでシャクる。最後のビュンで竿先を持ちあげるのが30センチくらいなので、誘い終わったらタナは底から30センチになっている。30秒くらい竿位置キープでクワセの間を作った方がいいように感じる。砂に潜っているような警戒心の強い魚なので、すぐに餌には飛びついてこない? まぁ、竿を止めている間、アマダイが砂から這い出してきて餌を食べようかどうか迷っている姿を想像すると面白い。捕食は吸い込み型らしく、食うと決めたらがっぷり喉奥まで針ごとオキアミを飲み込んでくれる。クワセの間を十分に取らないとアマダイが餌に食いつく前に仕掛けを動かすことになるので、慌てないのが大事。

■キダイよりはトラギスを釣る。まめな誘いはミズフグを除ける効果も?

30センチ超え2匹込みでアマダイ4匹。魚信多くて超楽しい♪タナは思ったより低い。仕掛けの全長2メートルで底を50センチも切ると切りすぎな感じだった。潮の流れによっても違う可能性はあるが、潮止まりの時間でも50センチ以上は切らない方がよさそう。仕掛け全長の半分くらい底を切ると説明されることもあるが、あれは4メートルくらいの長い仕掛けの場合のようで、2メートルくらいの仕掛けを使う東京湾だと底を30センチ切った状態からスタートすればいいと思う。仕掛けにガン玉を付けて少し沈めるとともに潮流を受けさせるというのも効果的だった。タナの目安はキダイばかりが釣れてくると高すぎる。トラギスやムシガレイ、ヒメが釣れてくる、仕掛けが底を這っている?と思われるタナの方がアマダイが釣れてくるような……。

アマダイ:釣魚別インデックス誘いすぎるとゲストが多くなるという傾向も事実としてあったと思う。でも、誘わないとアマダイにも気付いてもらえないわけで…悩ましい。ゲストもいっぱい釣るつもりで誘いまくるという方針でいくことにしようと思う。ゲストの避け方は今のところノーアイデアだけど、まめな誘いはミズフグを遠ざけるという効果があったような気がしている。置き竿の人にはミズフグが釣れていたがへた釣りがミズフグにハリスを切られたのは1回だけ。しかもその1回は食事タイムで置き竿にしていたときだったので、まめな誘いはミズフグ除けに効果あり?

■オキアミが回らないように丁寧に。アマダイ?と思ったら手で巻こう!!

餌のオキアミを硬く締める「オキアミ職人」は効果抜群だったアマダイ釣りで気を付けることはとにかくオキアミをまっすぐ針に刺すこと。海底で潮流を受けて、オキアミがクルクル回るなど不自然な動きをしていると、警戒心の強いアマダイには見向きもされないような気がする。チェック方法は簡単。仕掛けを投入し、錘を落としていく最中に、オキアミの動きをチェックする。オキアミがクルクル回らずに落ちていくなら問題なし。クルクル回ったり、落ちていく様子が不自然かなと思ったら、まぁいいかとは思わずに仕掛けを回収してちゃんと餌をつけ直す。装餌の際針がオキアミの身の中心を外れただけで、変な動きをするので餌付けは丁寧にを心がける。

フォースマスター1000MKに超超超超超超超超超超大満足!!最初のアマダイ?な引きを電動巻き上げ中にバラしてしまった。竿先にコンコンとはっきりした魚信が出てからグゥ~ンと竿先が入っていくときはアマダイの可能性が高いので、電動巻き上げはしないで手巻きで巻いた方がいい。本命の魚信がそれほど多い釣りではないので、アマダイかも?という魚信を逃すと相当悔しい。深いといっても100メートルくらいだし、30センチ超のアマダイは巻き上げ中にときどき強く引きこんでくれるので、釣趣という点でも手巻きがいいと思う。竿の曲がり具合がいいと船長がタモ持って来ちゃうけど、「あと何メートルです」と伝えて、残り10メートルくらいになったら声をかけて来てもらうといい。



Twitter

2013年01月22日 17:54

« アマダイに混じるカナガシラによく似た魚はカナドという別種 | メイン | 俺には夢がありすぎて? あれも欲しいこれも欲しいで散財!? »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り