所変われば魚の名も。ハゲ、ババタレ、チンチン、ガッチョ

ベラ_ヒブダイ和歌山の堤防で釣りをしていると、後から来た釣り人に「釣れとるか?」と聞かれクーラーを開けると、「お、ええガシラとマルハゲやないか、このベラも美味しいんやで」。クーラーの中にいたのは、カサゴとカワハギ、ヒブダイ。「カサゴは入れ食いですよ」と言うと、「カサゴってガシラのことか?」

淡水魚の名前は琵琶湖周辺で呼ばれている名前で、海水魚は神奈川辺りで呼ばれている名前を標準和名として採用したという話を読んだことがある。元々、生のまま長距離移送する手段のなかった頃には魚の名前なんて、地元の人の間でそれと分かる名前が付けられていればよかったわけだ。釣りをする人には、一緒に釣りをする人の間で分かる呼称があればいいという考えが残っているようで、遠征先の釣り具屋で釣果を聞くと、聞き慣れない名前を当たり前のように聞くことになる。

クロダイ_チヌ_チン有名なことろではクロダイ。関西ではチヌ。九州ではチン。ここまでは覚えているとしてもこれに幼魚時代の名前が加わると、カイズになったり、チンチンになったり、メイタになったり。これに釣り人独特の呼称であるトシナシ、オオスケなんて呼び方が加わると、メイタってカレイ? オオスケって大型のスケトウダラ?とよく分からないことになる。

メジナ_グレ_クロメジナも関西ではグレ、九州ではクロと呼ばれるのだが、こちらはサイズによって名前が変わらないのでいくらか覚えやすい。サイズの違いは全国的にコッパ、手のひら、足裏、特大のものをチャ(茶)で通じるような気がする。サイズの呼び名+地方名でおおよそ通じる。コッパメジナ、足裏クロ、チャグレって感じ。尾長と口太は両種が混ざるポイントでは尾長グレ、口太メジナという具合に使い分ける。

フッコ_ハネ出世魚のせいで覚えにくいのが、全国的にシーバスで通じるようになったスズキやブリ。スズキは、関東ではセイゴ→フッコ→スズキ。関西だと. セイゴ→ハネ→スズキとなるのだが、生きエビを半殺しにして撒いて釣るハネ釣りが関西の堤防では盛んなので、ハネ釣りという名前をよく聞くことになる。ハネ釣りって名前だけを聞くとトビウオ釣りを想像したのはへた釣りだけ? ブリは関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ。関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリ。東京の寿司屋でもハマチの握りは注文できるが……東京の人はブリの若魚だって認識してない? ハマチはブリの養殖物という誤解もあるような……。

■釣り人独特な呼称が入ると……もう何が何やら分からない
メバル_ハチメ釣り人だけで通用する魚の呼称が加わると、さらに何が何だか分からなくなる。メゴチは関西ではガッチョだ。関東ではこの魚を天ぷらにするのだが、関西ではヌルヌルするので嫌われており、リリースすらしてもらえず天日干しにされて干からびているのをよく見かける。逆に関東では嫌われもののキュウセンベラは関西ではギザミと呼ばれてキープされることが多い。アイゴはバリだし、ブダイはイガミ、キジハタはアコウ。北陸遠征すると、メバルはハチメと呼ばれていた。つい最近も伊豆で大きなカサゴを釣ったと思ったら船長から「カンコ」と説明される。沖にいるカサゴに似た魚のことを伊豆ではカンコと呼ぶらしい。

シロギス_ヒジタタキさらにはなかなか30センチを超えるサイズには出会えない魚の30センチ超級のことをヒジタタキと呼んだりする。大型のシロギスをそう呼ぶことが多いようだが、渓流で大きなイワナを釣ったときにもビジタタキと言われたので、シロギス限定の呼び名ではなさそう。ほかにもポン級は30センチを超えるアイナメがビール瓶に見えることから付けられた呼称だし、ザブトンは40センチを超えるカレイを、その上に座れそうなってことでそう呼ぶ。大きなシイラのことはファイトの強烈さからマンビキ(万引)なんて呼ぶことも。

ザブトン_カレイこの名前やだなという代表がババタレ。メジナ釣りのお邪魔虫、イスズミのことをそう呼んでいるのを聞いたことがあるのだが、これは釣りあげたあと、針を外そうとするとウンコを漏らすから付いた名前。同じような理由で名前がついた魚にはテカミハゼがいる。この魚は針を外そうとすると手に噛みついてくる。歯はないので痛くはないが、ちょっとびっくりさせられる。標準和名はイトヒキハゼ。釣り人が呼ぶ名前が分かっていても、標準和名が分からないこともある。北海道でガンズと呼ばれるギンポを凶悪にしたような魚……あれは一体なんて魚?



Twitter

2011年05月23日 15:36

« 本牧海釣り施設で目指せ! イワシフライ1年分ゲットだぜ!! | メイン | 電車釣行派の悩み…バス異臭事件だけは大いに反省した »

最近の気になる魚・物・話題の記事

尺メバル用のサビキはこれでいい? 東京湾とは違うなぁ~
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
仕舞寸50cmで東京湾のほぼ全釣り物に対応「モバイル X」
美味しい魚はより美味しく。それなりの魚も…ゴマ漬け刺身
かみやのヤリイカがまた大阪に行く日…本当についてない
ヒレ酒美味しくするのって難しい。伊豆の緑茶割りは滅茶旨
カイワリを釣りながらムツ針ウィリーはあり? なし?と夢想
明日は宇佐美にてマダイ、カイワリ、アマダイ三兎追う釣行
「尺メバルを探す旅」テスト便が出たようだが帰りの足が…
オニカサゴ鍋…これ食っちゃうとボウズ連続でも止められん
週末は子供2号の成人式だからマダイを釣って食べさせたい
超スロー巻きでエサを吹きあがらせない。底棲魚にはこれ!?
初釣りはオニカサゴおみくじ。一度でいいから大吉引きたい
伊東・楽味家まるげんの海鮮みぞれ丼が超絶美味だったよ
世の中に何の影響もない2018年のへた釣り10大ニュースw
釣っても食えんでは気合入らず釣り納めは中止してぬくぬく
釣り禁止と言われると…仕舞寸31cmの「テトルドX」気になる
釣れすぎてはいけない釣り納め選びなんて身の程知らずだ
カワハギ道具のおかたずけ。ピカイチくんは除湿クーラーに
時化の日のカワハギの掛け方に何かいい方法ってあるの?
大会が中止になってないことを確認してファイナルハギポン
24日は北風爆風予報だが一之瀬大会決行されるのかな?
年が明けたらサドンデス鬼退治。専用天秤を買ってみたよ
究極のヒラソウダ料理、うずわ飯&うずわまご茶が楽しみだ
大阪北港のうみづり家で「尺メバルを探す旅」乗合を発見!!
あれ? あれれ? 明石ダイは年内までで年明けはメバル!?
ヤリイカデビュー「悔しいから年内にもう一度」でになるかな
瀬戸内海用マダイサビキ竿は1万円くらいなので買っちゃう
2018年のへた釣りの漢字は「欠」。風邪、怪我で釣行が…
明石鯛を狙う鯛サビキ…本当にそれで釣れるの?と不安に
ダイ三元で高級刺し盛りの野望は果たされた。イシダイ別格
血まみれリールの惨事を繰り返さない仕掛け投入法を学ぶ
カイワリ、アマダイにマダイ針を検討。どれがいいのかな?
アジ釣りはアミコマセとイワシミンチどっちが釣れるんだろう
一之瀬丸マダイ五目船で「イシダイもぽちぽち」信じて行くか
五島より竹岡ハギに負けるなというエールとともにSP炸裂!!
松笠揚げってお願いしたのにウロコ取っちゃった、てへぺろ
痛恨のが2回あり!! 丸海津針はチヌ針よりもバレやすい?
イシダイ釣りてぇ!!と調べていたら松輪出船の船で釣れてる
OH甘鯛が買えたので今週末にアマダイシーズン開幕させる
穴釣り専用のエッグショット&エッグアームめっちゃ楽しそう
オーナーのオキアミが外れない針を買えたらアマダイに行く
宇佐美でヒラメのゲストにオニオコゼ? めっちゃ釣りたい
クロダイ、金アジ、〆トロサバの三種盛り。クロダイは皮まで
クロダイが釣れた日のお楽しみは頭肉が絶品の潮汁だよね
妻1号用アミ五目タックルを急あつらえに見えないレベルで
三連休初日の一之瀬丸アミ五目午前3隻、午後は2隻って…
ヤマシタの「甘鯛」用クッションがカイワリ五目にもいい気が
今季もカワハギ釣りの締めくくりは一之瀬丸感謝デー大会
乗船4人で5~10って…今週末はカワハギ魔の2日間の予感

著者: へた釣り