ウィリーイサキ前後半戦の仕掛け&シャクリ方 傾向と対策

ウィリーイサキ前後半戦の仕掛け&シャクリ方 傾向と対策ウィリーなのに動かさない方が釣れるの?なんて、魚相手に通じるはずもない不満を口にしていたへた釣りもやっとここまできた。剣崎沖のウィリーイサキは6月1日から8月31日までの3カ月間の釣りだが、前半と後半で攻め方が全く違う。仕掛けもシャクリ方も違うってことにようやく気付く。

一之瀬丸イサキ船長の英断!! 開幕戦は17匹、最大29.5cmヒントはいっぱいもらっていたように思う。剣崎沖のイサキに初挑戦したときに教わった釣り方は、50センチ竿をさげて力を入れずに水平の位置までしゃくってピタリと止めるだった。待ち時間は3秒。次に大型の狙い方として教わったのはフワフワと30センチ刻みで6、7回コマセを振って狙ったタナで20秒待つ。いずれもシーズン初期のまだコマセへのイサキの反応が鈍いときに教わった釣り方だ。シーズン後半はビュンビュン竿を振って、コマセに突っ込んでくるイサキを掛けていく。こちらは割と得意だ。これで釣れたという印象が強かったので、シーズン通してビュンビュンシャクリまくっていた。間違いだったと、4シーズン目を終えてやっと気付いた。シーズン初期に全く釣れない理由も分かった。時期ごとのイサキの状態を見極めて、戦略を練らないとダメなのだ。今、分かっていることをメモに残しておく。

■前半戦はコマセをこぼしてじっくり待つ。仕掛けは3メートルで

もしかしてだけど♪ 剣崎のイサキって絶滅したんじゃないのシーズン初期は、こんなイメージなんじゃないかと。コマセを振ってイサキに餌の存在を気付かせる。ただし、コマセに突っ込んではこない。じっと見極めてから食ってくる。ビシは下全閉で、上窓は1/3開けておくくらいかな? 仕掛けを止めたあとも潮流などでコマセがポロポロとこぼれるのが理想。ビシの窓が開き気味なのであまり強くシャクらないで、待ち時間は3秒~10秒くらい。タナを決め打ちできているなら魚信があるまで待つのもありみたい。ビシをあまり強く振るとイサキがビビって食いが悪くなるという人もいる。ソフトにシャクってじっくり勝負がシーズン初期のパターンみたいだ。

不漁を呼ぶ男……そのうち船宿出禁になるんじゃないかと…仕掛けの全長もシャクってシャクって魚信を出すというスタイルではないので、3メートルくらいの物がいいみたい。この時期に限れば、下針にオキアミやイカなどの餌を付けた方が釣果がいい日もある。下針が空針になっている仕掛けも1個2個持って行った方が釣果をまとめやすい。ただし、ウィリー針にアジ釣りで使うような小粒のイカ短を付けると全く食ってこなくなった経験があるので餌を付けるのは下針だけにしといた方がよさそう。また「群れから離れて様子を見ている大型を狙うのに4メートルの仕掛けが有用」(一之瀬丸・瀧本船長)とも教わったので、空針仕掛けの1つは全長4メートルで作ってみるのも面白いかも。

■後半戦はコマセを絞ってビュンビュン。仕掛けは短い方がいい

誰よりも多く魚信をだし誰よりもバラシまくってイサキ62匹だっイサキがコマセに慣れてビュンビュン上下するビシにビビらなくなってきたら数釣りシーズンの開幕。7月中旬以降からこうなる可能性がある。1シャクリごとに少量ずつ撒かれるコマセにイサキの群れが突っ込んでくる。本当に活性のいいときはスレ掛かりも結構発生するので、かなりの数のイサキウィリーの周りに集まっていると思う。1シャクリあたりに撒くコマセの量はかなり絞る。ビシの下は全閉で上窓は2ミリくらい空いていればよい。強くシャクってやっとコマセがこぼれるくらいが適正だ。イサキの群れはビシにではなくコマセに反応するわけで、撒いたコマセが一瞬でイサキのお腹に収まるのをイメージする。これなら流れて行くコマセを追いかけ群れが散ることはないし、ウィリーに食いついてくる確率も上がる。

束なんてどの口が言うた!? 剣崎沖は厳しくイサキ40匹どまりシャクリの速度は50センチ刻みで待ち時間ほぼゼロから試してみる。魚信がなければ待ち時間を1秒にしてみる。コマセはシャクった瞬間にしか出ないように調整してあるのでそれ以上待ってもあまり意味はない。待ち時間ゼロ~1秒で魚信が出るまでシャクリまくるのが正解だと思う。このとき仕掛けの全長は短い方がよい。全長3メートルの仕掛けを使うと1番上の針か2番目の針でしかイサキが釣れなかった。待ち時間が短いので長い仕掛けの下の方の針が潮に馴染む前に次のシャクリが始まっている、おそらく下の方の針にもイサキは食いついているのだろうが、仕掛けが張ってないので魚信がでないし針掛かりもしにくいんだろう。潮の速さにもよるんだろうけど全長2.2~2.4メートルの仕掛けが適当なのではないか考えている。さらば剣崎沖イサキ!釣行で、今季唯一のトリプルを達成したのは全長3メートルの仕掛けを詰めて作った2.3メートルの仕掛けでだった。

さらば剣崎沖イサキ! また来年も一緒に遊んでなぁ~~♪どこまで正解なのかは、2015年6月の剣崎沖イサキの開幕を待つしかないわけだが、へた釣りの妄想脳の中では理にかなっているような気がしているので試してみる価値は十分ある。イサキの釣り方&仕掛けに一家言も二家言もある一之瀬丸・瀧本船長の助言も得ているので、全くの見当違いではないとは思う。



Twitter

2014年09月01日 19:27

« さらば剣崎沖イサキ! また来年も一緒に遊んでなぁ~~♪ | メイン | 頼むから吹き流し仕掛けのときは先にビシを掴んで欲しい »

最近の釣りのお勉強記事

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する
ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック

著者: へた釣り