束なぞ望まぬがせめて人並みに釣りたいLTアジの反省メモ

束なぞ望まぬがせめて人並みに釣りたいLTアジの反省メモLTアジは最初の釣行で半日で64匹という入れ食い体験をしてしまったせいで、下手だってなんとかなる釣りと認識してしまう。その後、撃沈経験を何度もしているのに…反省したり研究したりせず、まぁこんな日もあるさと放置してきた。考えを改める。LTアジの反省文のようなメモを書き残す。

LTアジ短期集中夏期講習。偏差値がちょっぴり上がった?右の左も全く分からないうちに覚えたのがLTアジシロギス釣りだ。両魚種とも何も分かってなくてもそこそこは釣れるため、上手になりたいという欲を欠いていた。ここにきて「そこそこ釣れる」では満足できなくなっている。特にLTアジリアランサーLTアジなんていう分不相応な良竿を買ってしまったもんだから、もうちょっと釣れてもいいんじゃない?という欲が出てきてしまっている。

★コマセを振る(誘う)と待つとのメリハリを付け、待つ時は船と一体化!?

ゆっくり誘い上げたり、誘い下ろしたりという釣り方がハマることもあるが、レアケースだと考える。基本は、タナの下でコマセを撒き、タナを決めたらジッと待つ。船の揺れに合わせて、少しずつコマセが撒かれている状態が理想だと思われる。船べりに体を預けて、仕掛けが船の揺れに合わせて上下するようにする。タナの下で撒くコマセは少量でよく、タナまでビシが来たときにちゃんとコマセが残っていることを意識する。ビシッと撒くのではなく、フワッと撒くが正解だと思う。

★魚信があったら向こうアワセ。竿がグンッとなるまでジッと耐えるのだ

魚信があったら、竿を少し持ち上げて仕掛けを張るという癖がある。同じ片天秤+吹き流し仕掛けを使うウィリーではこの方法が有効だと信じているのだが、LTアジの場合は仕掛けを少し張るという10センチ程度の動きが針掛かりを邪魔している?と感じるようになった。魚信があってもじっと静止。一度食い損ねてもすぐにもう一度魚信が訪れるケースが多い。ここで仕掛けを不自然に動かしてしまうと二度目の魚信がなくなることが多い。また、向こうアワセで針掛かりさせた方が針の掛かり場所がよくバラシが少ないような気がする。

★タナは10センチ刻みで探る。指示タナの少し上、少し下をていねいに

船中、ほかの人はアジが釣れているのにというケースでは、タナを10センチ刻みで探り直してみるといいようだ。特に指示タナの上下を念入りに探ってみる。10センチだけリールを巻き上げフワリと誘って静止10秒。この繰り返しで、アジが食ってくるタナを厳密に割り出すのがいいらしい。タナが分かれば底から何メートルかをチェックし次からそのタナをピンポイントで攻めるようにする。

★コマセの出が悪い時はコマセに海水を混ぜてユルユルのミンチを作る

潮が緩くコマセの出が悪い時は、コマセの入ったバケツに海水を少し注いでコマセをユルユルにしちゃうのが手らしい。ビシの目詰まりも起きにくくなる。弱く振ってもコマセがちゃんと出、竿を静止して待っている最中にもコマセがポロポロとこぼれる粘度にミンチを自分で調整する。コマセバケツの傾きを利用して、海水を溜めておき適宜混ぜて使うが正解? 特にコマセが乾いて硬くなりやすい夏場には必須のテクニックみたいだ。

★少し大きめのビシを用意し仕掛けが海中にある時間を延ばすといい

錘とコマセカゴが一体になっているアンドンビシは40号なら40号でだいたい大きさは一緒なのだが、コマセカゴに錘をぶら下げるタイプならコマセ量を増やせる。「コマセカゴを大きくすれば」と何度か言われていたのだが、オマツリが増えそうで購入を見送ってきた。でも、タナで待ってコマセをポロポロと考えると、コマセ量多めで網目を少し大きくしたコマセカゴを使ってみるべきかも。

★ビシアジ用の長枝ス仕掛けとLTアジ用の短枝ス仕掛けは両方用意

八景沖では枝スが15センチと短いLTアジ用仕掛けが有利というより、この仕掛けでないと魚信を出せなかった。中の瀬や横浜沖などでも短枝スが有利なのかどうかは、これから試してみるしかないのだが、仕掛けのストックに両方常備しておこうと決める。目安として八景沖で頻発したプルルッというアジの魚信があったのに針掛かりしないというパターンがあったら短枝スを試してみるでいいのかな? 試行錯誤してみるしかない。



Twitter

2013年07月29日 18:06

« LTアジ短期集中夏期講習。偏差値がちょっぴり上がった? | メイン | 祝!! ハローキティロッドセット発売。女子供を釣る方法www »

最近の釣りのお勉強記事

ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する

著者: へた釣り