低活性時の沖のウィリー五目にはアマダイ仕掛けが必須かも

低活性時の沖のウィリー五目にはアマダイ仕掛けが必須かも惨敗→対策の試行錯誤の繰り返しが釣りの楽しみ。沖のウィリー五目で初の敗戦を経験し、来週のリベンジに向けて作戦の練り直し。ウィリー五目だけど、アマダイ仕掛けを携行しポイントによって使い分ける。アマダイ仕掛けでも小魚が多いようならオニカサゴ仕掛け。三兎を諦めない!!

三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗ウィリー釣りの基本は根の周辺にいる魚の群れを少しずつアミコマセを撒きながら誘い上げることで根から浮かせて釣るであっていると思う。指示ダナはハリス分+群れの活性を予測して誘い上げられそうな分で出ることが多い。例えば「ハリス分+5メートルやってください」なんて風。5メートルなら50センチ刻み(ハンドル3/4回転くらい)を10回ウィリーシャクリで攻められるわけだ。このハリス分+○メートルの○の数字が大きいほど釣果がよいという傾向がある。三兎追うと宣言してたのにこの体たらくな釣行でとうとう「ハリス分あげてやってみてください」という指示を受ける。これはウィリー釣りではない。「ウィリー針にもオキアミ付けてください」とも…う~~む。低活性時対策を考えないと。

■アマダイ狙いに仕掛けと錘を持っていった方が絶対に有利に釣れる

アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目いい反応(誘い上げられるほどの活性が見込める群れ)に出会えないときは船長も苦労している。散々、群れを捜索した末に諦めて「アマダイ狙いでやってみます」と言っていた。沖のウィリーの仕掛けは先針だけ空針でオキアミを装餌してある。枝スにウィリー針(へた釣りの場合は枝間60センチ、枝長10センチで3本)。ウィリー針は動かしてないと魚が喰ってこないので、事実上、1本針のオキアミ仕掛けでアマダイを狙うことになる。これではそれほど魚信が多くないアマダイ釣りをさらに悪条件でやっているのに等しい。少しでも釣れる可能性を上げるためにアマダイ仕掛けは常備しておくことにしよう。

アマダイ:釣魚別インデックスさらにFLビシを付けてアマダイを狙うのもよくない。コマセを詰めて投入するとどうしてもコマセにヒメなどの小魚が寄ってしまう。アマダイを狙うためにオキアミが海中で跳ねるような誘いをするとコマセが出てしまい。1つしかないオキアミにヒメやサクラダイなどが飛びついてきてしまう。思い切ってコマセを詰めずに投入するのも手だが、それでも高価なFLビシをロストしたくないという心理が働き、高めのタナを攻めざるを得ない。底を小突いてアマダイにアピールするという誘いができない。「ハリス分あげて」という指示がでたときはウィリー釣りではなく、アマダイ1本勝負で仕掛けも錘もアマダイ用にチェンジするのが正解ではないかと思う。

■船長の好意を無にした? カサゴも混じるは身餌でどうぞな暗示かな?

東京湾初釣り2013は鬼退治。40センチ×2匹でドヤ顔全開だ!!実は出船前に船長に「身餌で底やってみたもいいですか?」と聞いていた。「何釣りたいの?」と返されて「オニカサゴ♪」。やはり大流し気味に「ハリス分あげて」という指示が出たポイントで、「根の縁なのでカサゴも混じります」とのアナウンスがあった。このとき既に船酔いが酷かったので、ボンヤリ聞き流してしまったのだが、今思い返すとカサゴオニカサゴで「身餌で攻めてみたらどうですか?」という暗示だったのではないかとすごく後悔していたりする。オニカサゴ仕掛けと錘はやっぱり持っていくことにしよう。次は「カサゴも」って言われたら迷わず身餌にチェンジする。

オニカサゴ:釣魚別インデックスへた釣りの場合、オキアミを付けていてもウィリー針の方に魚が喰ってくるという傾向がある。メダイもアジもオキメバルもシロムツも大きな魚はウィリーで釣れた。オキアミ餌で釣れた魚は小さく、ウィリーで釣れた魚は大きいという傾向が昨シーズンからあるような気がするのだが、気のせいだろうか? ただ、昨日のように海が荒れている日はウィリーに触れているよう魚信はあっても針掛かりしないことがあるので、オキアミ餌の3本針吹き流し仕掛けも持っていくべきだろうか? なんだか沖のウィリーなのにウィリーじゃないことばかり考えてしまう。



Twitter

2013年03月17日 13:23

« 三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗 | メイン | へたさんの仕掛け作り教室…仕掛けは妄想シミュレーターだ♪ »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り