止別のアキアジ攻略(というか反省)を2013年用にメモしとく

止別のアキアジ攻略(というか反省?)2012年版をメモしとく1日目2日目にボウズを食らって、大いに焦ったアキアジ遠征2012。3日目になんとか2本釣り上げ、強烈な引きを楽しめた上にイクラにありつけた。同じ釣行で北海道の師匠は13本。仕掛けなどは同じなわけで、腕の差ということになる。飛距離に差はない……ポイント選びと誘い方の差?

止別のアキアジ攻略(というか反省?)2012年版をメモしとく止別に来る釣り人の中でも北海道の師匠は飛びぬけて釣果がよいので、一足飛びに師匠に肩を並べようなどという大それたことは考えていない。1日やってボウズなんて日さえなくなればアキアジ釣りはもっと楽しくなるのになぁ~というささやかな希望を抱いているだけだったりする。大雑把に書くと、投げて巻いてくるを我慢強く繰り返すのがアキアジのウキルアー釣り。何が釣果に6倍もの差を付けているのか、師匠に教えを請うたり、周りの釣れている人(師匠以外にあと数人、釣れるペースが群を抜いている人がいた)を観察したりして、こうかな?と思われるものをメモとして残しておく。

■釣り人の密集を恐れず、オマツリによるPEラインの痛みは恐れよう

止別のアキアジ攻略(というか反省?)2012年版をメモしとくまずはポイント選び。河口の形状をよく見て、川に流れ込む本流を探す。次に本流へとつながる海水の流れに沿って、タマリと呼ばれる水深が深くなっているポイントを探す。海流を読んでポイントを絞り込む…磯や堤防などでは当たり前の行為なのに、止別海岸の場合は、釣り人の密度が高い場所を避けて釣りやすい場所にエントリーしてしまう。どう考えてもこれが間違い。アキアジの群れが薄いところほど釣り人も薄いと考えてよい。自分なりにその日のポイントを読んだら、横の人と肩がぶつかってもいいやっ!と特攻するのが大事。面白いことによく釣っている人は、いつのまにか釣れているポイントにいる。

止別のアキアジ攻略(というか反省?)2012年版をメモしとく激戦区での釣りにオマツリはつきもの。仕掛け同士が絡んだくらいならラッキーで、PEラインが相手の金属部などに擦れたときは、思い切ってラインの先を切り捨てていくのが大事。ラインシステムを手早く、海に立ちこんだ状態で結び直せるようにならないと、どうしても釣りに参加できない時間が増えてしまうと気付く。また、へた釣りはPE2号を使っていたのだが、激戦区で遠投が必要ないとき用の竿(PE3号)を用意しておいて使い分けるのが、無用なトラブルを避けるために有効な手段かもしれない。師匠はノンノットと呼ばれる簡易的な接続具で急場を凌いで、喰いが落ちついたらラインシステムを組み直していた。でも…このノンノットと呼ばれる接続具がどれだけ探しても売ってないのである。

■餌の身は半分爪でこそげ落とす。メスは少し深いところで釣れる?

止別のアキアジ攻略(というか反省?)2012年版をメモしとく餌の付け方もアキアジのやる気がないときには大事。北海道の師匠のオススメの装餌法は、普通に針に餌を付けた後でソウダガツオの身を半分くらい爪などでそぎ落とすという方法。薄くなりほぼ皮だけが残った餌がヒラヒラと動くことでアピールになるし、ルアーの動きも損ねないんだという。へた釣りが釣った2本は、いずれもこの餌の付け方を教わってからなので、効果はありそうな気がしている。ルアーの動きといえば、使うルアーのよって適切な引く速度が変わる。アキアジのウキルアーに適したルアーの決定版はこの3種かなで紹介した3種類を全部使ってみたが、スローに巻いても一番よく動くのはぐるぐるサーモンだった。いろんなルアーを使うよりまずはぐるぐるサーモンだけで引く速度や誘い方を学んだ方が正解かもしれない。

止別のアキアジ攻略(というか反省?)2012年版をメモしとくどうしても別のルアーを使いたいという局面もある。向かい風でアキアジの群れの位置は分かっているのにキャストが届かないときだ。飛距離という点で一番出るのがサケ専用スーパーブラー。小さいので風の影響を受けにくいうえに、60グラムのものも売られている。逆風で波の向こうへの大遠投が必要なとき用に持って行くといいかも。あとはウキ下。ウキ下が長めの方がメスが釣れる可能性が高いと言われている。これは極端な浅場にはメスが入ってこないということのように思う。メスを狙うなら、ある程度水深のあるポイントに絞った方が釣果に恵まれそうな気がする。引きはオスの方が面白いのだが、釣ってうれしいのはメスなのだ。



Twitter

2012年09月24日 16:37

« アキアジ遠征2012 釣れてうれしかった道東のお魚ランキング | メイン | フォースマスター1000MKにPE3号を400m巻こうと思うのだが »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り