来年こそ北海道の漁師に! タラジグ、アオゾイ五目覚え書き

来年こそ北海道の漁師に! タラジグ、アオゾイ五目覚え書き難しい釣りだとは思わない。なのに釣れないで苦しんでいるのが北海道の根魚五目。へた釣りが乗ると途端に不漁になるので「へた釣り病原菌」呼ばわりされた上に来年はもう来るな!と言われる始末。そこまで言われたら来年は別の船に乗るwとして、釣り方だけは忘れないようにメモ。

■500グラムのロングジグを使った超スロージギングで大型マダラを

500グラムのロングジグを使った超スロージギングで大型マダラをマダラのジギングは今回が初挑戦。マダラより断然アオゾイが釣りたいのでタラジグで大型のマダラが釣れていてもじっと我慢し、胴突き仕掛けで頑張り続けてきたのだが、2日連続でアオゾイが食ってくる気配がないと、タラジグにとうとう浮気してしまった。500グラムのロングシジグにタコベイト付きのフックを付けて、底から2~3メートルをリフト&フォールする超スロージギング。魚信はフォール中に出る。落とそうとしたら糸がふけたり、上げようとしたら根掛かり?という感触になったらタラが針掛かりしている。数メートル手巻きでフッキングを確実にしてから電動リールで巻き上げる。

500グラムのロングジグを使った超スロージギングで大型マダラを使うジグは赤金のカムイというジグが定番。黄色+ホロが大型によいとか、青+ホロがよいとかいろんな情報があるが、赤金とホロの2種類あればなんとかなりそう。船長の合図とともにジグを海中に投げ入れ、着底前の5メートルくらいで一度止める。1メートルくらいずつフォールさせていくと、活性が良ければ着底前に魚信があることも。着底したら竿を大きく持ち上げる(竿の長さにもよるが2~3メートルくらい)。持ち上げたら数秒制止しタラにジグの存在をアピールしてから、ゆっくりと竿を下ろしていく。フォール中にフリーフォールにしてジグをイレギュラーに動かそうと考える必要ななく、テンションフォールでスッーと落としていくだけでよい。あとはこれの繰り返し。

500グラムのロングジグを使った超スロージギングで大型マダラをジギングというよりはタラシャクリ棒(1キロくらいの和製ルアー)のライト版と考えた方がよい気もするが、最近流行のスロージギングをもっとスローにしたと説明した方が格好いいような気がする。最近ルアー売り場でスロージギング用の500グラムのジグを見るようになったので、ジグを跳ね上げて誘ってフォールで食わすというスロージギングっぽい釣り方でもタラが釣れないか一度試してみたい。シャクリ棒サイズのロングジグじゃないとダメなのかなぁ?

■バルーンサビキをフワフワさせつつタナを広く探るとアオゾイ!?

バルーンサビキをフワフワさせつつタナを広く探るとアオゾイ!?お次はへた釣りにとっては本命のアオゾイ。8本針のバルーンサビキの胴突き仕掛けに250号の錘をつけて狙う。大事なのは船長の合図と同時に錘を投入すること。根がある場所に錘が入るように投入ポイントを決めているのだと思われるので出遅れは致命的。仕掛けを全部船から外に出し、錘だけを手に持ってすぐに投入できる体勢で合図を待つのがすごく大事なようだ。投入後はなるべく速く落とす。ただし、周りの道糸の角度をチェックしてオマツリしそうならブレーキをかけて調整する。

500グラムのロングジグを使った超スロージギングで大型マダラを錘が着底したらすぐに2メートルくらい底を切る。根が荒いポイントな上に錘が重いので素早く。あとはフワフワと竿を動かして魚信を待つ。アオゾイは竿を動かし続けるのが大事らしい。問題は250号の錘を背追った竿を動かし続ける体力。これを腕の力だけに頼るとかなり辛いことになる。ロッドキーパーに竿を置いたままシャクっている人もいる(子供1号も手持ちは無理だ)が、それだと釣りっぽくないので、船べりに体を預けずに体全体(上半身を少し反らせたり、膝の屈伸)を使ってフワフワさせ続けるのが一番楽なのではないかと思う。

北海道釣行記-前編 釧路の沖アオソイ爆釣 これは漁だ!最後にタナ。アオゾイは根べったりのこともあれば、結構浮いていることもある。底だけでなく少しずつタナを上げていってアオゾイの魚信タナを広く探った方がいいらしい。周りでアオゾイは釣れたら何本目(多くの人は8本針)の針にアオゾイが付いているかを盗み見て、上針ならタナを思い切って上げていくとよいようだ。1匹アオゾイらしき魚信があったら、少しずつタナを下げていくのが針数狙いのコツだと聞いたのだが、ハリス分巻き上げるのではなく、根掛かりが怖いのに落としていく方がなぜいいのかは不明。



Twitter

2012年08月01日 17:37

« 北海道遠征最終日。ヤマメ、オショロ、ニジマスに癒されて♪ | メイン | カラフトマスのバイトがないときの禁じられた技?を教わった »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り