来年こそ40Upを釣りたい。萬栄丸・半夜クロムツ備忘録

来年こそ40Upを釣りたい。萬栄丸・半夜クロムツ備忘録昼に東京湾口で釣ろうとするとツ抜けできれば御の字なクロムツがバンバン釣れるのだから、内房勝山港・萬栄丸の半夜クロムツは楽しすぎる。来年もお誘いされれば喜んでいく。まだ2戦しかしていないので、次行ったときは全然状況が違うという可能性もあるが覚えておきたいことをメモ。


10月2日に行ったデビュー戦は、夜ムツだからと18メートルまでタナを上げて出だしは好調だったがサバラッシュが始まると高いタナはサバばかりになってしまい失速。低めのタナを探ると今後はアジがずっと餌を触り続けて集中力を削られて16匹。


11月20日の第2戦はタナを上げなくても食い気のあるクロムツはいると気づいて8メートルで勝負する。タナを低めにしたことでサバより先にクロムツが食ってきてくれる確率があがり、サバラッシュの最中でもポツポツと本命を拾えるようになって27匹。

●仕掛けは3本針で針はサバガチャに強い無垢の針がいい気がする

脅威の刺さりに釣られはりよしのホタ針15号1年分オカワリ仕掛けは幹糸を14号(フロロ/ナイロンどちらがいいかは不明)で枝間は140センチで作る。3本針なら上針と下針は船の外に垂らして船べりには真ん中の針1本しか置かなくてよいので投入トラブルが減る。また、5本針などに比べて落下中にサバに捕まりにくいのに加えて、上針から下針まで280センチなのでサバよりクロムツが優勢なタナを探りやすい。サバラッシュが酷いときは2本針にする人が多かったが、仕掛けを落とせるだけでなく、サバに邪魔されにくいタナを探すのに針数を減らすのは有効と思う。

●スミヤキによる高切れ対策は黒色PE20メートルとフロロ5メートル

ナイロン14号なんて売ってねぇのでフロロで先糸&仕掛けを夜クロムツの厄介者といえばクロシビカマス(≒スミヤキ)によるPEラインへのアタック。何の前触れもなく鋭い歯でPEラインをスパッと切っていく。仕掛けもオモリも全部失うので精神的なダメージが大きい。太いフロロを先糸として20メートルほど結ぶだけで対策できるそうだが、太いフロロはバックラッシュが怖いので、黒色のPEを20メートルほど結んだ先にフロロ14号を5メートルだけ巻くことにした。2戦して一度もスミヤキにラインを切られることはなかったので、この組み合わせでスミヤキ対策できている気がする。

●誘いは枝ス長落としで問題なさそう。待ち時間は10秒で十分かな

萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへんクロムツの誘いは親子サルカンを要にして枝スを扇状にふわりと漂わせるのをイメージする。オモリが着底したら探りたい上限まで巻き上げて、そこから枝ス長刻みにストンストンと落としていく。落とすと枝スは親子サルカンより上に上がり止めるとゆっくり沈んでいく。餌のサバ短が海底に水平に近づくとクロムツが下から食ってくる気がする。夜のクロムツは食いが立っているため勝負が早いと感じた。誘うとすぐに魚信が出ることが多く、食わせの間は10秒もあれば十分だと思う。食ってこないかなと待つよりも何度もタナを往復させた方が魚信は多い気がする。

●タナは8メートル~3メートルが本命でサバ次第で上へ広げてみる

萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチに夜クロムツでは食い気のある魚は高めのタナにいると思い込んでデビュー戦では20メートルくらいまでやってみたがサバが襲いかかってきたら高いタナはほぼ100%サバになってしまう。上は8メートルくらいまで探れば十分かな? サバが食ってこないタナはないのでサバよりクロムツの方が先に食ってきてくれるタナを探す。サバと並んでお邪魔なのがアジ。餌を取ってはいかないがサバ短にまとわりついてきてコンコンと魚信を出し続ける。アジの魚信が続いている間はクロムツの魚信が減る。アジの魚信が続かない高さまでタナはあげる。

●クロムツが掛かったらサバが食うまで追い食い狙いで数を稼ぐ

萬萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチにクロムツは群れでいる魚なので1匹かかれば同じタナで2匹目、3匹目の可能性がある。クロムツの魚信があったらしばらく同じタナで追い食いを狙う。食いあげてきたら少しずつ巻き上げていく。針数ついた手応えがあるかサバが食ってくるまで粘ってみる。クロムツとサバの魚信を完全に見分けることはできないが、サバが掛かって放置するとオマツリの原因になるのでサバっぽいと感じたら巻き上げる。枝スをフロロ8号で作っておけばクロムツの歯に触れても簡単には切れない。

●ドラグの設定は要検証。フルドラグでなくてもいいらしい

萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチにドラグはガチガチに締めておくのだと思い込んでいたが船長からの指示は「サルカンを巻き込んでも穂先が折れない程度に設定」だったのでもう少し緩めてもよさそうだ。ドラグを締めて高速で巻くのはサメにクロムツを食われるのを避けるのと、オマツリを避けるためと思われる。サメがいるときいないとき、潮が速い時それほどでもないときで許容されるドラグ設定や巻き上げ速度は違うと思われる。実際、周りから聞こえてきたモーター音は最高速のそれではなかった…気がする。


Twitter

2022年11月22日 16:30

« 【動画】サバガチャで当たればクロムツ相手にズーピク!! | メイン | 2022年は高級魚三昧。今週末は富戸にオニカサゴ釣りへ »

最近の釣りのお勉強記事

来年こそ40Upを釣りたい。萬栄丸・半夜クロムツ備忘録
ウィリー+土佐カブラのハイブリッドでカイワリング2.0に
本線に結びコブを作らないで強度保つ枝ス三方編み込み改
良型率100%(今のところ)の土佐カブラのカイワリング
目標尺超え!! イワシメバル初体験に向け釣り方を調べる
目指せ半束…エビメバル手返し向上作戦を真剣に考えよう
ビギナー多数の激混みアジ攻略は短仕掛けと声かけかな
珍しく二連続で釣れた♪から長ハリスコマセマダイの備忘録
細ハリスクッションなしイサキはドラグにおまかせが正解?
群れが出入りする久里浜イサキはタナ決め打ちで粘り強く
女子のコマセ振りはちゃんと片手をリールの前に添えて2回
次こそツ抜けを! ヤリイカ釣行1回こっきりの人の備忘録
初めてのLTアジ(コマセ)釣りで覚えてから行くべき8つの事
クロムツ釣りは一度目の前にエサを通してから落として誘う
剣崎イサキが超低活性時にはシャクらない・教えない作戦
遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも
眉に唾少なめでOK。へた釣り印のカイワリ実績あり仕掛け
イシダイの聞き上げは本当に竿を持ち上げるだけでよいのか
きっとまた行く! 久里浜沖イシダイ五目の釣り方の備忘録
マダイ釣りでクロダイ釣れたらタナを1メートル上げるが定石
釣行後ほんの5分のひと手間でPEラインの寿命が半永久に
災害級の暑さでも元気に釣りできる猛暑対策グッズまとめ
糸の結び方は3つ覚えておけばマグロ釣らなければ大丈夫
潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す
カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?
仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える
動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す
考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ

著者: へた釣り