珍しく二連続で釣れた♪から長ハリスコマセマダイの備忘録

珍しく二連続で釣れた♪から長ハリスコマセマダイの備忘録八景沖マダイは珍しく素直で3匹ワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹と、大の苦手の釣りである長ハリスを使うコマセマダイで珍しく二連続で本命を釣りあげている。何かを掴めたという手応えは全くないが、この釣りの手順くらいは理解できた気がする。忘れないように備忘録を。

●指示ダナより下にビシを放置しない&底までビシを落とさない

三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹コマセマダイでお世話になっている船長は、剣崎沖のイサキと同じ船長で、あまり口うるさく釣り方を指定してくる船長ではないが、マダイ釣りでは「タナを守る」「底までビシを落とさない」という2点だけは絶対守るように言われる。「タナを守る」は指示ダナより下にビシを放置しないでという意味。魚が入ってくる層にビシがあると魚が入ってこなくなる。指示ダナの下4~5メートルからコマセを振り出したら以降は指示ダナより下にビシを落とさない。底までビシを落とすのがNGなのは、ビシが底に当たった音でマダイが逃げてしまうからだそうだ。

●仕掛けの長さは船長指示が基本。渋い時は2メートル伸ばしてみる

八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中船長のタナの指示は、それぞれのポイントで想定している仕掛けの長さに応じて出されている。船長の指示した仕掛けの長さで指示された通りのタナにビシを合わせると仕掛けの先にあるオキアミがマダイの泳層に漂うようになるんだと思われる。活性が悪いときなどは仕掛けの長さを伸ばすと有効なことがある。仕掛けを2メートル伸ばしたら、タナを1メートル上げるとよいようだ。コマセマダイは魚信るタナを探る釣りなので、魚信が出ないときはタナを少しずつ上げてみる。

●誘いはラインを30センチくらい引き出してタナの上でふわりと

三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹マダイの誘いは指示ダナより上にビシを持ってきてラインを30センチくらいずつ引き出して誘い下げる。誘い下げたら20秒待ってみる。船長いわく魚信は誘った直後に出ることが多いので20秒もあれば十分と思われる。30センチずつ3回誘い下げたら3×20秒で約1分。これを3セットやってみて魚信がなければ仕掛けを回収して付け餌の状態をチェックし、コマセを詰め直す。3分に一度くらいの頻度で仕掛けを入れ直すのが理想らしい。1日中誘い続けるのが苦しいなら船長から「反応はいってきてますよ」というアナウンスがあったときだけでもコマセを詰め直し誘いを入れると魚が釣れる確率が上がると思う。

●仕掛け投入はビシから。ハリス用のバケツを借りると投入が楽に

八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中コマセマダイ最大の難関がときには10メートルにもなる長い仕掛けのハリスの扱いだ。ハリスを入れておく用のバケツを使うとトラブルなしで仕掛けを扱えるようになった。投入はまずはビシから海に入れてリールのクラッチを切る。ハリスを上下に広げた両手で持って、ビシの落下にブレーキをかけるようなイメージで落としていく。餌が近くなったら下の手でビシの落下を止めて上の手で針の近くを摘まみ、道糸などからなるべく離れた位置に針を投げ込む。回収時はハリスを手繰りながら足元に置いたバケツにハリスを入れていくようにすればトラブルが減る。魚がついていたときなど、ハリスが足元に出てしまったときは一度クッションからハリスを手繰ってバケツに入れ直せば安全。

●魚取り込み時にビシを一発で掴む方法…分からないで困っている

三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹魚の取り込みはハリスが長いだけでほかのコマセ釣りと同じ手順だ。ビシを手に取ってコマセのオケに入れてからハリスを手繰り寄せていく。ところがムーチングロッドでちょうどよい位置まで巻き上げてビシを手に取るのが意外と難しく、このせいでアジと思われる魚を何匹もバラしてしまった。コマセマダイ釣りで次に練習しなくてはいけないのが、取り込みだと思う。取り込みのときはロッドキーパーに竿を固定せず、ビシを一発で手に取ることを優先した方がいいのかな?


Twitter

2021年09月27日 16:39

« 【動画】ワラサとのファイトシーン撮れてないのがへた品質w | メイン | 八景・久里浜三種盛り。安定のマダイ、大きすぎるアジは… »

最近の釣りのお勉強記事

珍しく二連続で釣れた♪から長ハリスコマセマダイの備忘録
細ハリスクッションなしイサキはドラグにおまかせが正解?
群れが出入りする久里浜イサキはタナ決め打ちで粘り強く
女子のコマセ振りはちゃんと片手をリールの前に添えて2回
次こそツ抜けを! ヤリイカ釣行1回こっきりの人の備忘録
初めてのLTアジ(コマセ)釣りで覚えてから行くべき8つの事
クロムツ釣りは一度目の前にエサを通してから落として誘う
剣崎イサキが超低活性時にはシャクらない・教えない作戦
遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも
眉に唾少なめでOK。へた釣り印のカイワリ実績あり仕掛け
イシダイの聞き上げは本当に竿を持ち上げるだけでよいのか
きっとまた行く! 久里浜沖イシダイ五目の釣り方の備忘録
マダイ釣りでクロダイ釣れたらタナを1メートル上げるが定石
釣行後ほんの5分のひと手間でPEラインの寿命が半永久に
災害級の暑さでも元気に釣りできる猛暑対策グッズまとめ
糸の結び方は3つ覚えておけばマグロ釣らなければ大丈夫
潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す
カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?
仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える
動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す
考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法

著者: へた釣り