ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録

ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録秋になると東京湾内にも様々な魚が回遊してくる。アジに混じって、マダイやイナダ、イシダイなどが釣れるようになったら始まるのが金沢八景・一之瀬丸のアミ五目。半日船の釣り物ではLTアジより高級魚への期待が高まるのがうれしい。ヒラメに味を占めてきっと来季もやるので備忘録を。

★LTアジ用と五目用の仕掛けを準備。五目仕掛けは編み付けで

マダイOK!? 枝ス編み付けの方法をせっかく覚えたからメモアミ五目船は基本的にアジの群れを探し、その上に船を付けて釣る。船長からも「最初はオキアミ付けずにイカ短で」という指示が出る。ハリス1.5号全長2メートル3本針のアジ仕掛けで釣り始めるのが正解。ハリス3号の五目仕掛けよりも効率よくアジを釣ることができる。アジで十分にお土産を確保したら、仕掛けを五目仕掛けの物に切り替える。全長3メートルで3本針。140センチ、220センチから18センチの枝スを出す。針はチヌ針3号。1組だけイタズラで一番下の針以外をアジ用のムツ針10号を結んだ物を試したがこれが正解。ムツ針にはイカ短を付ける。オキアミの餌付けが下針だけになるので手返しが圧倒的によくなるし、下針で高級魚を狙いながら、アジの釣果も伸ばしやすい。枝スは不意の大物に備えて編み付けで補強しておく。

★シャクリは50センチ刻みのキビキビでイシダイの可能性が上がる?

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るタナの指示は仕掛けの長さ+1メートルで出ることが多い。3メートルのアミ五目用仕掛けならタナは4メートル。イワシミンチのコマセとは違い、アミコマセは少量ずつ仕掛けと同期させることを狙って撒く。FLビシの調整は下は全閉、上窓はイサキよりやや開け気味で1/3くらい開ける。2メートルで一振りしたらあとはスピーディーに(ウィリーでいうところのステイ0で)50センチ刻みでシャクる。2.5、3、3.5メートルでコマセを撒き、最後に50センチスーッと持ち上げてタナで待つ。イサキのようなシャクリがイシダイ向きということなので、この釣り方ならイシダイの可能性が上がるはず。タナではイナダやアジを意識して30秒待つ。

★オキアミは持参。強くしゃくるので下針はオキアミ+ミニイカ短

ウィリーだけどオキアミ勝負の日はイカ短でエサ持ちアップアミ五目船で船宿から配られるオキアミは正直に書くと付け餌としてあまり具合がよろしくない。身が柔らかいためにシャクっているとオキアミが取れてしまう。水深が深いときのウィリーでの釣りでもやる手だが、オキアミを装餌してから小さく切ったイカ短を刺してオキアミが取れにくくするのがいい。こうすれば魚信はなかったのにオキアミがなくなっていたということはほとんどなくなる。できればオキアミは付け餌用の物を持って行くのがベター。船宿でもらったオキアミはここぞというときに撒き餌にする。オキアミを撒くときのFLビシの設定は下は全閉で上は全開。

★アジのサイズが小さく、魚信の間が空くときは落とし込みヒラメで

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!マゴチ釣りでも頻繁に混じるようになった。東京湾ヒラメの生息数が増えていると感じる。掛かったアジの大きさは穂先を見ていればだいたい想像がつく。南蛮漬けサイズのアジが付いたらヒラメチャンスだ。といってもやることはない。小アジが付いても巻き上げないで我慢するだけ。アジの追い食いが発生するか、ヒラメが食いついてくるまで我慢する。ヒラメアジがバンバン魚信ってくるときはあまり釣れないような気がする。船中何匹がヒラメが上がったがいずれもアジの魚信に間が空くときに釣れた。海底のフィッシュイーターの気配を感じてアジの群れが散る…のかな?

★盛期は11月。ワラサだって釣れてもおかしくないのがアミ五目

イナダ、イナワラ、ワラサ。呼び分けの基準ってどうなってる?アミ五目は9月くらいからスタートするが、回遊魚が湾内まで入ってくるようになる11月が盛期のようだ。ドラグが出っぱなしになって止められずにラインブレイクしたというシーンを何度か見ている。ワラサではないかと思われる。ハリス3号でワラサが獲れるかというとかなり難しい気はするが、想定外の大物に悔しい思いをするのも釣りの楽しみの1つだ。来季も10月下旬から11月に何戦かしてみようと思う。八景沖で高級お刺身5点盛りを狙ってみたい。



Twitter

2018年11月12日 17:00

« 良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!! | メイン | 誘わず寄せる「SP炸裂」着弾!! TKBに死角なし(※腕以外) »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り