バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?

バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?標津沖の小突きカレイを1戦、釧路沖の北海道根魚五目を2戦楽しめた2017年の北海道遠征。小突きカレイは船がグラグラ&潮尻への対策が必要。根魚五目はアオゾイこそゲットできなかったが、大型のマタラやヤナギノマイが大漁だった。こちらも2、3気付いたことがあったのでメモしとく。

2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ年に数戦しかやらない釣りだからこそ、その都度メモを残しておかないと、翌年にはどんな釣りだっけ?というところから始めることになり、釣りの深化がない。年に数戦しかできなくても、少しずつは上達したい。北海道での釣りは魚影が濃いので、難しいことを考えなくても釣れるときは釣れるが、魚の機嫌が悪いときにはちょっとした技の差が釣果の差になることがあるように思う。

■小突きカレイは凪いでないと難しい。潮尻対応でキャストタックルも

釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで強風で船がグラグラすると、テンポよく小突くのが途端に難しくなった。思ったように小突くのが難しいときは無理して雑な小突きをするよりは仕掛けを長めにして小突きもスローにした方が魚信が多くなるように感じた。仕掛けの全長を変えるためにハリスの長さを変えた替え針を何種類か用意していくと、様々な状況に対処できるようになる。

釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまでカレイは底棲魚なのでどうしても潮先有利の釣りになる。これまでは釣り未経験者の人が船上に多かったので潮尻になってもなんとでもなったのだが、3年目になるとみんな上手くなってきており(特に今年は子供2号に根こそぎやられた気がする)、潮尻になったときに対策が必要だ。キャストができるタックルを持って行った方がいいかも。

■エサを付けるとアオゾイが食わない? 誘い過ぎるとマタラが来る

2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ北海道根魚五目は一昨年あたりからバルーンサビキにサバ短などの身餌を付ける人が増えてきた。個人的には身餌は重いのでサビキの動きが悪くなり、食いが悪くなるような気がして使わないようにしている。北海道の師匠もこれには同意見で「餌を付けるとアオゾイが食わない」と言っていた。船中で唯一人、それも3匹もアオゾイを釣った北海道の師匠の言うことなので説得力がある。その一方でサビキに臭いを付けるラバマックスは効果があった気がするので、サビキの動きに影響を与えない小さなイカ短などは試してみる価値はある?

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった活性が低いときは誘い過ぎないのが大事ではないかと思い始めた。というのも、魚信が欲しくなって仕掛けを動かしすぎると、食ってくるのはマタラばかりという傾向が明らかにあったと思う。ヤナギノマイを狙う(本当はアオゾイを狙うと書きたいけど…)なら動かしすぎないのが大事な気がする。低活性時はゼロテンションから少しタルマセ気味にすると一番下の針にヤナギノマイが食ってくるという作戦は今年もうまくいった。

■出船中止時の裏本命はシシャモだったのだが今年はまだ接岸せず

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す釧路の港は、沖に防波堤がたくさんあるので、よほどの強風が吹いてなれば堤防でなら釣りはできる。船が出船中止だったとき用に、シシャモを釣ろうと考えていたのだが、7月20日に釣り具店で釣果情報を確認したが、まだ接岸していないようだった。昨年は北海道遠征時に釣れていた記憶があるので、その差は?と考えてみると、なんてことはない昨年は7月29日から8月の頭にかけて遠征していた。毎年同じ日に接岸というわけはなうのだろうが、北海道遠征が遅ければ遅いほどシシャモ釣りができる可能性は高そう。盛期は10月や11月みたいだ。

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す「チカ・シシャモ」用のサビキ仕掛けが売っているのは確認済み。針のサイズはアジ針の7号から8号くらいがいいようだ。磯竿の2号から3号くらいでオモリは8号くらい。コマセカゴを付けて釣るというよくあるサビキタックルなので釣り方に迷うことはなさそう。北海道流でサビキ針にアオイソメを付けるなんて説明がされていることもあるが、普通のサビキでまずはやってみようと思う。



Twitter

2017年07月26日 17:11

« アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった | メイン | アオゾイに想う。優れた釣魚はほどよく釣れず遺恨を残す »

最近の釣りのお勉強記事

珍しく二連続で釣れた♪から長ハリスコマセマダイの備忘録
細ハリスクッションなしイサキはドラグにおまかせが正解?
群れが出入りする久里浜イサキはタナ決め打ちで粘り強く
女子のコマセ振りはちゃんと片手をリールの前に添えて2回
次こそツ抜けを! ヤリイカ釣行1回こっきりの人の備忘録
初めてのLTアジ(コマセ)釣りで覚えてから行くべき8つの事
クロムツ釣りは一度目の前にエサを通してから落として誘う
剣崎イサキが超低活性時にはシャクらない・教えない作戦
遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも
眉に唾少なめでOK。へた釣り印のカイワリ実績あり仕掛け
イシダイの聞き上げは本当に竿を持ち上げるだけでよいのか
きっとまた行く! 久里浜沖イシダイ五目の釣り方の備忘録
マダイ釣りでクロダイ釣れたらタナを1メートル上げるが定石
釣行後ほんの5分のひと手間でPEラインの寿命が半永久に
災害級の暑さでも元気に釣りできる猛暑対策グッズまとめ
糸の結び方は3つ覚えておけばマグロ釣らなければ大丈夫
潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す
カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?
仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える
動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す
考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法

著者: へた釣り