マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪

マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪船長いわく「いつまで続くか分からない」とのことで、シーズンは極めて短いようだが毎年、11月上旬のこの時期に久里浜沖でイシダイが釣れるタイミングがある。イシダイに愛されているへた釣りとしてはできれば毎年出撃してコリコリなお刺身をゲットしたい。釣り方を忘れないようにメモ。

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る船自体はマダイ狙いなので、当然だがマダイも釣れるし、ワラサ(イナダ)やカンパチの子供であるショゴも釣れていた。これに個人的な本命であるイシダイを加えると、超を何個かつけてよさそうな高級魚五目になる。しかもどの魚も引きが強烈なので掛けてからのやり取りはムーチングロッドが海面に突き刺さるほどにしなり、ドラグが滑って面白い。加えて、家に帰ると、クーラーの中を見た妻と子供たちに「パパ、すご~い」と言ってもらえるのだから、来年も絶対に釣らなきゃって気分になる。難しい釣りではないが、忘れてはいけないことや工夫の余地がいくつかあったので備忘録を作る。

★仕掛け 針はマダイ7号で全長6メートルで3本針がイシダイにはよい

明日は勝手にイシダイ本命の一之瀬丸マダイ&イナダ五目船に着くとすぐに瀧本船長から「仕掛けは自作ですか?」と聞かれた。仕掛けを見せると指摘されたのが「針はもう少し小さい方が」ということであった。マダイ針9号と10号を使った仕掛けだったが、9号でも活性によっては苦戦するそうだ。次回からはマダイ針の7号と8号で仕掛けを作ろうと思う。仕掛けは全長6メートルで枝スを4.5メートルの位置から30センチで1本出していたが、「イシダイ本命なら3本針もあり」らしい。イシダイを6匹釣って竿頭だった人は3本針でコショウダイ、イシダイ、イシダイなんてミラクルな一荷をしていた。ハリスは3号でよさそう。2.5号も使ってみたが魚信が多くなるとは実感できなかった。マダイ用の長すぎる仕掛けはイシダイ本命ならあまりよくないとのこと。

★コマセ ビシは下全閉で上全開。キビキビ撒いてタナでピタリと

マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪コマセはオキアミを撒く。FLビシの下は完全に閉じ、上は全開にする。潮が緩んでコマセの出が悪いと感じたら、下をほんの少し開けて海水が入るようにする。一気に撒くのではなく、2回シャクって詰めたコマセが半分くらい出て、あとはタナで待っている間にポロポロとこぼれるようなイメージだと思う。コマセを撒くときはラインのマークでシャクリ幅が2メートルになるのを確認しながら竿を持ち上げる。すぐにラインを2メートル巻き取りながら竿先を下ろしもう一度同じように振る。このときラインにたわみが出ないように気を付けてキビキビと動かすと振っている最中にイシダイからの魚信が2度あった。

★タナ 基本は底からハリス分+2メートルでオモリを底に着けない

マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪この釣りに不慣れだと舳にいたベテランさんに告げると「絶対にオモリを底にゴンッと着けないように」と注意された。船長からはポイントの水深がアナウンスされる。例えば水深36メートルで仕掛け長が6メートルだと、仕掛け長+0~2メートルが魚信が出やすいタナになる。水深28メートルで勝負したければ、ビシを32メートルまで落として、2メートル刻みに2回コマセを撒いて28メートルの位置に合わせる。仕掛け長+?メートルがいいかは、潮や魚の活性によって変わってくる。前日の様子を船長に確認すれば教えてもらえる。

★アワセ 置き竿の方がいい? 竿先が海面に突き刺さるまで放置だ

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る置き竿が嫌いなので、最初置き竿にしないで釣ってみたけれど置き竿の方が魚信がでやすいような気がした。船の揺れに合わせてビシが多少上下するのが適度な誘いになるのかな? また、アワセるということに関しても置き竿の方がよさそう。竿先が海面に突き刺さるくらいまでしなってから竿を持つくらいのつもりでいい。置き竿にする前に魚信があり、十分食い込んだろうと思って竿を持ち上げるとすっぽ抜けが1回、チモトでのハリス切れが1回あった。完全向こうアワセで魚が針掛かりして逃げようと反転してから竿を持つで十分だ。

★エサ 餌取りがいっぱい。イカタンの抱き合わせと穂先の注視で

ウィリーだけどオキアミ勝負の日はイカ短でエサ持ちアップオキアミ餌なので針には掛からない小魚だって餌を突いてくる。さらにカワハギやウマヅラハギといったホバリング上手の餌取りまで混じるのだからかなりやっかいである。置き竿にして待つといっても穂先から目を離すのは禁止。波の上下とは違うイレギュラーな穂先の動きは餌取りに餌をかすめ取られた証だ。まだ大丈夫とは考えずに仕掛けを回収して入れ直す。無駄に仕掛けを回収しているくらいの方がコマセの詰め替え頻度が上がって魚信が増える。カワハギやウマヅラ対策はイカタンをオキアミに抱き合わせると餌を取られた小さな魚信が出やすくなった。

★やり取り ドラグを効かせてじっくり。取り込み時は巻きすぎ注意

マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪ハリスは2.5号~3号なのであまり乱暴なやり取りをするとハリス切れの可能性がある。竿を送っていなさないといけないような状態になったらドラグが滑るように調整しておく。竿のしなりを利用して魚を弱らせるつもりで巻き取り時の竿の角度は45度をキープ。それでも竿先は目の高さよりも低い。取り込みには大苦戦した。竿が大きくしなっているもんだからビシが手に取りやすい位置まで巻いてしまうとロッドキーパーに固定した竿が曲がりすぎてビシがバケツから飛び出して大慌てすることに。タモ持って来てくれた船長からも「巻きすぎ!!」と注意された。ビシを掴みにくくてもここまでしか巻かないと決めるべき。イシダイもマダイもがっちり掛かればまず海面でばれない魚なので落ちついて取りこむ。



Twitter

2016年11月14日 17:00

« イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る | メイン | 嫌われてるのは承知してるがパニックベイトオニカサゴ買う »

最近の釣りのお勉強記事

女子のコマセ振りはちゃんと片手をリールの前に添えて2回
次こそツ抜けを! ヤリイカ釣行1回こっきりの人の備忘録
初めてのLTアジ(コマセ)釣りで覚えてから行くべき8つの事
クロムツ釣りは一度目の前にエサを通してから落として誘う
剣崎イサキが超低活性時にはシャクらない・教えない作戦
遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも
眉に唾少なめでOK。へた釣り印のカイワリ実績あり仕掛け
イシダイの聞き上げは本当に竿を持ち上げるだけでよいのか
きっとまた行く! 久里浜沖イシダイ五目の釣り方の備忘録
マダイ釣りでクロダイ釣れたらタナを1メートル上げるが定石
釣行後ほんの5分のひと手間でPEラインの寿命が半永久に
災害級の暑さでも元気に釣りできる猛暑対策グッズまとめ
糸の結び方は3つ覚えておけばマグロ釣らなければ大丈夫
潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す
カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?
仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える
動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す
考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ

著者: へた釣り