マゴチの魚信の正体を想像……空想?…妄想?してみたよ

マゴチの魚信の正体を想像……空想?…妄想?してみた釣れな~~い。数少ない魚信を物にするのがマゴチ釣りの醍醐味なのに、3打数1安打では釣果を伸ばせるわけがな~~い。というわけで、1匹だけと貧果に終わった2012年のエビマゴチ2戦目を反省してみる。竿頭の人は5匹釣っていたのだから、せめてあと1本はものにしとかなきゃね。

マゴチ:釣魚別インデックス想像してみたけど、ただの空想かもしれないし、妄想の類の可能性もある。海中に潜って見てきたわけではないので、間違えていたらごめんである。でも、うまくアワセが決まったとき、スッポ抜けたり、早アワセになってかすりもしなかったときの手応え、もどってきた餌や針(マゴチの歯に針が当たったかどうか確認するために細くやわらかい糸錘を使っている)の状態から、だいたいこんな感じなんじゃないかなぁ~と感じたことを書いてみる。見えもしない海中の状況を想像……空想?…妄想?するのが釣りの楽しみの1つだと、へた釣りは思う。

■始めコッコッ、中クンックンッ、グゥーンとなってもすぐアワセるな?

エビマゴチ開幕!! 魚信遠くて辛かったけど終盤追い込み4匹教科書通りに餌に食いついたマゴチの魚信には、コッコッという前魚信、クンックンッという中魚信、グゥーンという本魚信の3つのフェーズがある。コッは餌にマゴチが噛みついたという手応え。マゴチは餌を後ろから襲うことが多いので、エビにしてもハゼにしても針のある頭まではまだ口に入っていない。クンックンッという中魚信は、マゴチが口の奥まで餌を飲み込もうとしている手応えと思う。マゴチはその歯の形状や戻ってきた餌の状態(ハゼ餌だと確認しやすい)から想像するに、餌をすり潰すようにしながら飲みこんでいく。餌をすり潰し終わって針ごと飲み込み、その場を立ち去ろうとしているのがグゥーンという本魚信。

エビマゴチ2戦目で今年の目標60upマゴチを早々とクリア!!本魚信中、口の中にある針は、エラや口の中に立っている状態。マゴチの口の中は硬いので、口の中に針掛かりすることはない。エラ付近の身に掛かるか、口中を滑って唇に針掛かりする。理想は唇への針掛かり。エラに掛かるとマゴチの歯でハリスを切断される。何匹かエラ付近に針掛かりさせたことがあるが、獲れたのは小さなサイズばかり。大型は唇に掛けてハリスが歯に触れない状態でないと釣りあげられないと思う。本魚信に変わってからの大きな引き込みを1度~2度くらい見逃した方がいい(この回数がその日の活性によって違うのが悩みどころ。2回目にアワセるのがハズレが少ない気がする)とされるのは、エラに針掛かりさせないためだと思っている。

■なかなか本魚信に発展しないときはハリスを張る。速攻型の正体は?

大物予告に偽りなし!! 深川・吉野屋エビマゴチ開幕戦教科書通りに魚信がでないこともある。潮が流れてなかったり、マゴチの活性が低いときは教科書通りにいかない方が多い。一番悩ましいのは前魚信から中魚信になってからいつまでたってもアワセの目印である本魚信に発展しないケース。これは2パターンあると思われる。1つめは、潮が流れずハリスが張っていないというケース。ハリスが張っていないと当然だが、マゴチの口の中で針先が立たず、本魚信にならない。対処法は竿を少し聞き上げてハリスを張ること。ハリスを張ると本魚信の最中でグゥーンと引き込まれることがある。潮が流れてない時は、聞き上げ、送り込みを短いスパンで繰り返して本魚信を感知するのが大事みたいだ。

ツ抜け達成でワハハな東京湾マゴチ・チャレンジ最終戦もう1つのパターンは餌を食べているマゴチが小さすぎるとき。メゴチサイズのマゴチ、30センチくらいのマゴチだと餌のエビやハゼがなかなか口の中に入っていかないということがある。釣ってもうれしくないので、ハリスを何度張っても本魚信にならないときは諦める。一度粘りに粘って針掛かりさせたことがあるが、餌を噛みつぶせていなかった。アワセたときに餌(このときはハゼ)がハリス方向にずれて偶然、口に針掛かりしたという状態だった。釣ってもうれしいサイズではないので、「大きくなれよ」と餌をくれてやるのがいいかも。

マゴチ:釣魚別インデックスと、ここまで考えて、どうしても説明できないのが、速攻型のマゴチ。前魚信のあと、ほとんど間をおかず本魚信になる。口の中で餌をすり潰して飲み込むというマゴチの捕食の一過程がごく短い時間で済んでしまう。針に巻いてある糸錘の状態をみると、すり潰すという過程を速攻型マゴチが省略しているわけではなさそう。ちゃんとすり潰した歯型が残っている。速攻型マゴチはアワセを決めやすいので実害はないんだけど、人間にも早食いの人がいるみたいに、メチャクチャ咀嚼が早いマゴチもいるってこと? 速効型はギャル曽根マゴチ?



Twitter

2012年04月16日 17:23

« ぬいぐるみを改造した「うきまろリュック」で目指せ、釣りドル!? | メイン | ホゴ錘を買い足して今期のメバル用錘のつや消し塗装完了 »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り