エビマゴチは手持ちの1本竿積極的に誘った方がいいと思う

エビマゴチは手持ちの1本竿積極的に誘った方がいいと思うマゴチ釣りというと複数本の竿を出し、たまに底立ちを取り直して魚信を待つ釣りだと思われがちだが、1本竿で積極的に誘った方が実は魚信が多いのではないだろうか?と思っている。マゴチが高活性なら複数竿で、マゴチの魚信が遠いときほど一本竿で誘い続けた方がいいと思う。

エビマゴチ開幕!! 魚信遠くて辛かったけど終盤追い込み4匹マゴチは2010年秋のハゼマゴチから初めて4回、2011年春のエビマゴチに3回、2011年秋のハゼマゴチシーズンは同時期にカワハギが開幕してしまったので釣行ゼロ、そして2012年春のエビマゴチで1回。都合8回しか釣行してないので、「エビマゴチは手持ちの1本竿積極的に誘った方がいい」という仮説は間違えている可能性もあるのだが……全戦1本竿で臨んでいるエビマゴチで、置き竿にしている人に比べて釣果も魚信の数も悪くないどころかよいことが多いと感じる。へた釣りがマゴチ釣りでやっている誘いを紹介する。

■30秒に一度底を取り直しエビが元気に動けるタイミングを作る

マゴチマゴチという魚、極端に扁平し海底に潜んで餌を待っている。ヒラメほど遊泳力がないと言われており、海底から1メートルもジャンプして餌にくらいつくことはない。注目すべきはマゴチの目の位置。上方を見ていると考えて間違いないと思う。マゴチ釣りは錘が着底したらハリスの半分くらい(ハリス2メートルなら1メートル)錘を底から切って魚信を待つ。餌は底に這っているかギリギリ浮いているような状態になっているはずである。へた釣りはその状態で待つのは30秒以下と決めている。底が上下してタナが狂っていることがあるので、30秒して魚信がなければ底を取り直す。

エビマゴチ開幕!! 魚信遠くて辛かったけど終盤追い込み4匹底を取り直しても餌のエビの位置は変わらないから誘いになってないじゃないか? って気になるが、錘が着底すると餌のエビにかかっているテンションがゼロになるわけで、エビはその間自由に動ける。マゴチ釣りは船を流しながら釣るので、エビの位置だけなら船の移動に合わせて変わっている。錘からぶら下がった状態で漂っているより、仕掛けのテンションから解放されて動ける状態を作ってあげた方がマゴチへのアピール度は高くなると思う。ヒラメ釣りでもイワシを元気に泳がせるために時々錘を底に付けるのは有効な誘いと教わったので同じことだと思う。

■底を取り直した直後の魚信に集中。大きく誘って広域アピール

エビマゴチ2戦目で今年の目標60upマゴチを早々とクリア!!マゴチの魚信は底を取り直してもう一度錘を底から1メートル切った直後に出ることが多い。実際は、テンションから解放されて自由になったエビの動きにマゴチが反応して飛びつき、錘を持ち上げてハリスが張った瞬間から竿先にコツッコツッな前魚信を感じられるようになっていると思うのだが、どうだろう? この方法なら前魚信が出る瞬間に集中できるので、アワセ損ないも減るような気がする(LT竿で釣っていたときはそれでもアワセが決まらないことがあったが……)。一撃でグンッと竿を持っていく速攻型のマゴチにも対応しやすい。

エビマゴチ開幕!! 魚信遠くて辛かったけど終盤追い込み4匹底を何度か取り直しているときにかけ上がったりかけ下がったりして大きく水深が変わったなと感じたときはチャンスタイムなので、底を一度大きく切って上を向いて餌を待っているマゴチにアピールしてみる。竿を頭の上まで大きく2メートル持ち上げて、ゆっくりと錘が底から1メートル切る高さまで下ろす。下ろした瞬間、コツッコツッとなることが多い。大きく竿を上げている最中に魚信があることも。その場合は魚信を感じた瞬間に竿を止める。2012年エビマゴチ開幕戦の2匹はこの大きな誘い上げで釣った。大きな誘いには1つ欠点がある。スミイカが元気すぎるときはマゴチより先にスミイカにエビを襲われることも……。



Twitter

2012年03月29日 19:23

« フィッシングショーも終わり2012年の「ほしい物リスト」が完成 | メイン | 子供とはじめて船釣り行くんですけど何釣ればいいですか? »

最近の釣りのお勉強記事

カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?
仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える
動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す
考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする

著者: へた釣り