師匠がくれたウィリー自作のヒントをへたなりに咀嚼してみる

ウィリー自作自作ウィリーで臨んだ剣崎沖イサキ第6戦も玉砕し、週末アングラーにはイサキが釣れないなんて無茶な屁理屈までこね出して、今年はイサキ釣りやめとけばいいのにって状態になっているのだが……やめられない。師匠からウィリー自作のヒントをもらったので紹介する。

師匠の書いていることは分かることもあるし、分からないこともあるので、分かった部分だけ咀嚼してみると、以下の5つの法則が導き出される。

1.狙う魚ごとにシャクリ方の違いがあるので使い分ける
ウィリーピッチの短いシャクリと、制止時間の短い止めでシマダイ。ロングピッチのシャクリと、長めの止めでマダイ。イサキはマダイのシャクリ方と似ているそうなのだが、止めはマダイほど長くとる必要はなく、以前「30秒止めている」と話すと「あり得ない」と言われたので、長くても10秒以下何だと思う。

2.水中でのウィリーのシルエットの見え方を想像する
ウィリー水中では赤や茶(濃茶)は黒っぽく見え、白やピンクは淡く見えるものらしい。赤や茶(濃茶)は魚の目にシルエットがはっきり見え、白やピンクはシルエットがあいまいに見える。水深が深くなるほど、濁りや潮色が暗いほど、白やピンクが有利で、濁った水中で膨張して見える色なので、視認性が悪い環境の中では比較的認知しやすい。イサキには緑がいいというのは、緑のウィリーが中間色で特に際立った個性がないからだという。

3.針の地色はウイリーのコントラストで使い分ける
ウィリー師匠にもらったウィリー針には、針が金のもの、銀のもの、オキアミカラーのものが混ざっていた。金と銀は潮色と釣れる層で使い分けるものらしい。逆にオキアミやホワイト針は針の存在を目立たせたくないときに使う。地の色とウイリーのコントラストで、仕掛け自体のアピール度をコントロールできるというのだが……。

4.海の状況を把握するパイロットウィリーでまずは釣る
ウィリー海中の状況をいちはやく察知するためのウィリーのセットをまずが作るべきというのが師匠のアドバイス。淡い色がいいのか、濃い色がいいのか、潮色はどうか、魚の群れは縦に伸びているのか、一か所に固まっているのか、針を目立たせるべきか目立たせないほうがいいのか。当日のアタリウィリーを探すためにいろんな色を混ぜたウィリー仕掛けを用意する。アタリウィリーが絞り込めたら、同系のウイリーを中心に組んだ仕掛けで勝負。釣れなくなったら、再び色混在のパイロットウィリーで新しい条件を探るといいようだ。

5.アミエビの生物臭を利用してウィリーに食いつかせる
ウィリー師匠は徹底して、コマセの撒きすぎ厳禁派である。アミエビは生物臭を利用して、アミエビにウィリーの存在を気づかせるためにほんの少量撒くもの。あとはコマセの存在に気付いた魚をウィリーの不自然な動きで反射的に食わせるというのがこの釣りの醍醐味らしい。つまりコマセは魚を寄せるためのものではないってことみたいだ。魚が思わず食いつきたくなる色と動きで、コマセにではなくウィリーに飛びつかせるのが楽しいだという。



Twitter

2011年07月19日 14:46

« 自作ウィリー第2弾! 今度こそ30cm超イサキに効果あり? | メイン | リリースサイズに愛をこめて ~釣人ならではの小魚の呼称~ »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り