大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解

大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解2匹合計長28センチで魂が抜け落ちたけど、うまくいかない理由を学ぼうとはしていたのである。すぐ横は大会で優勝した名人だった。何をやっているのかを観察した。大会終了後、見て覚えたことが合っているかの確認をさせてもらえたので、来年のこの大会に向けて忘れないようにメモ。

2匹合計長28センチって…江戸前LTアジ大会で魂が抜けるアジ釣りに型狙いの方法は存在しないと考えた方がよさそうだ。たくさん針掛かりさせて大型が混じる確率を上がるというのが正解。大きいのを選んで釣ってやろうという発想自体は間違いだったように、大会が終わってみれば感じる。タナは普通に底から2メートルで正解だったみたいだし、餌は赤タンとアオイソメで十分だったようだ。優勝されたO川名人はタナの取り方、餌の付け方にちょっとだけ工夫をしていた。そのちょっとの工夫が数でも型でも効果的だったと考えるしかない。

■底1メートルでしつこくコマセを捲いて静かに1メートルあげて待つ

脱・LTアジ落ちこぼれ大作戦。コマセワークをお勉強したぞコマセの振り出し方を見ていると底立ちを取ったらすぐに1メートル巻きあげて、そこで5、6回するどくビシッっとコマセを振り出す。そんなに何度も振り出す必要があるのだろうか?と思っていたが、ほかの人のコマセの煙幕よりも濃い煙幕を作りだすという作戦だったように思う。コマセを振り出し終えたら、1メートル分リールで糸を巻き取り、しばらく待つ。タナを合わせて仕掛けが張ったらすぐに竿先にアジの魚信が出るので驚いた。竿の動きはするどくシャープで竿先を大きく待ち上げる感じではない。底から1メートルのわずかな帯域に集中的にコマセを撒く。それより上でも下でも決してコマセを撒かない。自分のコマセを潮下には流さないためかな?

2匹合計長28センチって…江戸前LTアジ大会で魂が抜けるタナは東京湾でのLTアジ釣りでごく一般的な2メートルだった。型狙いでタナを変えるという発想は不要のようだ。他の釣り人よりも濃いコマセの煙幕を自分の下に作って、その煙幕に突っ込んできたアジを獲る。低めのタナでコマセをポロリポロリとこぼして勝負なんて悠長なことを考えていては、勝てないってこと。アジは狭い範囲に濃密に振り出されたコマセの煙幕に群がって行ってしまう。魚信の数が全然違ったし、一荷の発生率も全く違った。やっぱりアジはコマセをたくさん撒いて勝負! たくさん撒いたコマセを無駄にせず自分のためだけに使う方法が名人の釣り方でちょっとわかりかけたような気がする。

■赤タンは想像以上に小さく。イソメは活性に合わせて大きさを変える

LTアジでのアオイソメと赤タンの使い分け方を教えてもらった支給餌は赤タンとアオイソメだった。名人は赤タンをハサミで切って使っていた。支給されたままの大きさでは大きすぎるってことらしい。半分くらいにしてたんですか?と聞いたら、半分でもまだ大きいらしく、1/4くらいにしていたとのこと。イカタンは米粒ほどの大きさがあれば十分でそれ以上大きいとかえって釣れないとイサキ釣りで言われたことがあるが、まさに米粒サイズにカットして使っていたようだ。大アジには大きな餌という発想がそもそもの間違い?

2匹合計長28センチって…江戸前LTアジ大会で魂が抜けるアオイソメに関してはM野名人が教えてくれた。アジの活性に合わせてタラシの長さを変えるみたいだ。活性が低いときはタラシを長めに、活性が高いときはタラシを短くする。この場合も餌を大きくしたからといって大アジが釣れやすいってことはないみたい。持ち込んだ餌の中ではオキアミは効果があったが、これもサイズを選んで釣るための餌にはならなかった。大粒のオキアミを付けても小アジが食ってきた。



Twitter

2015年10月19日 16:58

« 2匹合計長28センチって…江戸前LTアジ大会で魂が抜ける | メイン | 冨士灯器に感謝!! FP-1000は活けエビキープに重宝しそう »

最近の釣りのお勉強記事

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する
ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック

著者: へた釣り