沖のウィリー五目のシャクリ方。魚別なんとなくこうかなメモ

沖のウィリー五目のシャクリ方。魚別なんとなくこうかなメモ洲の崎沖や沖の瀬で釣るウィリー五目はいろんな魚が釣れて楽しい。何でもかんでも釣るのも楽しいが、この釣りの本当の楽しみは何でもかんでもの中から自分が釣りたい魚を選んで釣ることじゃないかと思う。2014年初大漁♪釣行でちょっとだけ釣り分けが上達した気がするのでメモ。

一之瀬丸ウィリーシャクリの先生に教えてもらったことをメモまずはウィリーシャクリの基本。竿先を下げて水平になるまでシャクる。そのとき竿の動く幅をシャクリたい幅に合わせる。コマセが出るようにグッと力を入れてシャクリ始め、シャクり終えた(=竿が水平になった)ときに竿先が跳ねないように、力を抜いてシャクリ終える。穂先が水平の位置にピタリと止まると気持ちがいい。コマセはほとんど撒かない。2014年初大漁♪釣行でも、最初に配られたアミコマセが半分以上残った。魚を寄せるためにコマセを撒かなきゃと考える人が多いようだが、縦10メートルくらいを上下させて探る釣りなので、いろんなタナでたくさんコマセを撒くと魚を散らしてしまうだけだと思う。

■オキメバルが基本。キントキは待ち少し長め。アカイサキはフワフワ

沖のウィリー五目。なんとなくこうかななシャクリ方メモ沖のウィリー五目のメインターゲットはオキメバル。シャクって止めた瞬間にクンッと穂先を引きこんでくれて素直だし、針数狙いの追い食いも狙えるので、基本はオキメバルを狙ってシャクることになる。パターンは50センチ刻みで静止時間2秒。いつも3秒って書いているが、止めた瞬間から1、2と数えてリールを巻きつつ竿を下ろしていく時間を考えると同じ位置に仕掛けは3秒止まっているはず。オキメバルの魚信は、シャクリ終えかけて穂先が戻るまで~2秒の静止中に出る。少し竿を立てて針掛かりを確定させ、その位置で少し待つと追い食いしてくることが多い。追い食いが発生したら竿を立てたまま50センチくらいリールを巻いてもう一度待ってみる。針数分の魚信があるか、5秒待っても魚信がなければ巻き上げる。

沖のウィリー五目。なんとなくこうかななシャクリ方メモキントキは、オキメバルと同じ50センチ刻みのシャクリで狙う。静止時間はオキメバルより気持ち長めにとった方がいいように感じる。キントキの魚信はシャクリ終えたあとの静止中に出ることが多い。竿を水平に止めて1、2、3とゆっくり数えてから竿を下ろす。魚信ははっきり穂先を引きこんでくれる。竿は立てずに水平を保っていれば針掛かりする。追い食いは狙わない。2匹も付けば、ハリス切れのリスクが高まるので巻き上げる。オキメバルが竿をグングンと大きく引きこむのに対して、キントキはグングンに混じって竿先を小刻みに叩くような引きが混じる。掛けてから区別できる。

沖のウィリー五目。なんとなくこうかななシャクリ方メモアカイサキとシキシマハナダイを狙って釣りたいなら25センチ~30センチ刻みでフワフワと4、5回コマセを振り出し、しばらく待つというパターンが有効だ。同じ船上にいる人を見ているとシャクった後の待ち時間が長い人ほど、アカイサキやシキシマハナダイを釣る傾向があるように感じる。ほかの魚が釣れずに何でもいいから釣りたいってときに(ウィリーよ、お前もか!!釣行で)このパターンを試してみたら、シキシマハナダイだけはいくらでも釣れた。キープする人はあまりいないと思うがサクラダイにもこのパターンが有効。

■カイワリ、アマダイ、オニカサゴ、マトウダイなどレアな魚の狙い方

沖のウィリー五目。なんとなくこうかななシャクリ方メモこの釣りで自慢できることが1つだけある。船中でカイワリが上がっているのに自分はカイワリを手にできなかったという経験がない(船中ゼロのときは何度もあるけどw)。カイワリが釣れたと聞くと、ポイント移動するまで、とにかく30センチ刻みで制止時間ゼロ(竿を下げている間仕掛けは止まっているのでゼロではない)というルアーでいうところの××ジャークのように竿を動かし続ける。魚信は竿を動かしている最中にコッギュ~~ンと出る。口が膜状で柔らかいし抵抗が激しい魚なので、竿を45度に立てて、手巻きで巻いてくるようにしている。カイワリが船中で上がったという情報がないときはこのシャクリ方はしない。疲れるし、ほかの魚が食ってこない。

沖のウィリー五目。なんとなくこうかななシャクリ方メモ沖のウィリーでやっているいたずらがある。ビシが着底したら根掛かりを避けるために1.5メートル巻き上げて2秒だけ待つようにしている。狙っているのはアマダイオニカサゴ、マハタ、ウッカリカサゴ、アヤメカサゴなど底に潜んでいる美味しそうな魚。下針のオキアミが海底ギリギリを漂っている時間を2秒だけ作る。コマセは振らないようにする。2秒だけのドキドキ大物チャレンジを楽しむ。何かの間違いで釣れることもあるってだけのことなんだけど、楽しいからアリだと思う。

沖のウィリー五目。なんとなくこうかななシャクリ方メモ底付近の2秒静止であ~あとなるのが、ヒメが餌に飛びついてきたとき。竿先を引きこむような大型のヒメなら巻き上げるしかないが、小型のヒメを底で掛けたら、実はマトウダイのチャンスタイムになる。そのままオキメバルパターンの50センチ刻みでシャクリ上げてくると、竿先がゴンッと持って行かれる。重いだけであまり引きが面白い魚ではないが、食べると美味しい。これまで釣ったことのあるマトウダイは全部、ヒメを餌にして釣った。ウィリー五目のちょっとした余録狙いにアリじゃないかなぁと考えている。



Twitter

2014年04月14日 19:49

« 2014年初大漁♪ カイワリ、キントキ、オキメバル&ヤリイカ!! | メイン | カサゴ……どうやって釣ろうかと変な仕掛けを妄想してみる »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り