オニカサゴの負け惜しみ。臭いオレンジのヒラヒラで勝負?

オニカサゴの負け惜しみ。臭いオレンジのヒラヒラで勝負?今季終了を決断したのに…また、変なことを考え始めている。忘れないようにメモだけしておく。まず、タコベイトはオレンジに実績ありで、深くなればなるほどオレンジが強い。餌はヒラヒラ動いた方がいい。最後に深海の魚なので、視覚だけでなく嗅覚を刺激するのが大事なのではないかと…。

どうにもならないオニカサゴなんてどうにでもなれ♪ 今季終了カワハギ釣りカワハギの視覚・嗅覚・聴覚を刺激すると書いたことがあるが、これってすべての魚で大事なことなのではないかと思う。オニカサゴにも当てはめて考えてみる。すると、オニカサゴ釣りの仕掛けや餌をもう一工夫できるのではないかと思えてきた。ただし、最終戦と宣言したので、今季はやらない。来季以降、試してみようかなぁと考えていることを忘れないようにメモしておく。これなら来季は釣れるかもという気分でスタートできる。深場のポイントでうまくいかなかった今季のオニカサゴの負け惜しみメモとも言うwww

★餌のヒラヒラ力強化のためにエコスカート ネクタイタイプはどう?

神田つり具の櫻井に行きエコスカートの使い方を聞いてきた餌は大きくて海中の潮の流れを受けてヒラヒラする適度な大きさのものを考える。大きさは10~15センチくらいのものがよい。サーモンのハラスを使おうとすると、身は全部削ぎ取って皮だけにした方がいいと言われたことからも、水中でヒラヒラする適度な軽さと形状の餌を使うのが大事なんだと推測している。似たような動きをする物…心当たりがある。櫻井釣漁具のエコスカートだ。これの大きいバージョンである「エコスカート ネクタイタイプ(エコネクタイ)」という製品が大きさ的にちょうどいいかもという気がしてきた。餌は船宿支給のサバの切り身を使い、ヒラヒラが足りないと感じたらエコネクタイを針に付けてヒラヒラ感をプラスする。オニカサゴの視覚を刺激できそうな気がしてきた。

★深場はオレンジのタコベイトに実績!? 半分に切って後付けもありだ

どうにもならないオニカサゴなんてどうにでもなれ♪ 今季終了視覚の刺激は動きとともに色も重要だ。深場での釣りになればなるほど、オレンジ系のタコベイトやパイプにオニカサゴが反応しているのでは…と思われることが何度かあった。タコベイトを装着するならオレンジの物で勝負してみるべき? 「東京湾の根魚ならオレンジと白に実績がある」と櫻井釣漁具の人も言っていた。沖のウィリー釣りでもオレンジと白の実績がよかった記憶があるので、東京湾の深場の潮の色はオレンジと白が美味しそうに見えるってことだろうか? オレンジ色のタコベイトはオニカサゴ・リベンジに向けて仕掛け入れの中に加えておこうと決める。ハリスに通すのではなく半分に切って餌を付けた後に付けるという方法もあるみたいだ。

★臭覚をさらに刺激する異臭騒ぎな身餌の作り方を研究してみようかな

ウダウダ、ムラムラした末にやっぱり明日はオニカサゴだぁ!臭覚への刺激不足が、身を削ぎ落したサーモンのハラスの欠点だったかもと考えている。ヒラヒラと動く視覚的な効果はサバの切り身より上だが、臭いではサバの方が強いのではないかと……。堤防でオキアミやイソメを餌にして釣りをすると、魚の嗅覚の鋭さは実感できる。200メートルの海の底に住むオニカサゴならば、嗅覚を頼りに餌を認識するという傾向がさらに強いのではないかと思い始めてきた。エコスカート OR タコベイト+サバの切り身と考えたのは視覚効果をエコスカートで、サバの切り身で臭覚を刺激と考えたから。オニカサゴを狙っている人の中には切り身餌を臭い汁につけて嗅覚刺激度をアップしている人もいた。アナゴの肝漬けと書いてあったのだが…どうやって作ってるのかな?



Twitter

2013年02月18日 18:04

« 水深200mともなればいろんな未知の生物が釣れるもんだな | メイン | 小学校の算数でリールの下巻き量って計算できちゃうんだよ »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り