UVレジンのチモト工作が楽しくってイサキ釣れそうな気が…

UVレジンのチモト工作が楽しくってイサキ釣れそうな気が…無駄な抵抗をなくすをテーマにへた釣り印のウィリー仕掛けを改良している。何も付けなくていいんじゃないという意見はごもっともだが、「イワシの頭も信心から」が仕掛け自作の基本方針なので、何か付ける! 「UVレジン」を使ってのチモト工作は楽しいしイサキが釣れそうな気が…。

ウィリー仕掛けのチモトの彩色&補強は「ユーブイ・レジン」実は購入して使ってみるまでUVレジンが何物なのか、「紫外線で固まる樹脂」というだけしか分かっていなかった。なのに、「ピンク」「夜光グリーン」「ケイムラ」と3色もまとめて買っちゃうのだから、イサキが釣れるなら数千円の出費なんて気にならないという意気込みだけは我ながらすごいと思う。でも、このUVレジンは、久々に買って正解だったかも。釣れるかどうかは来週になってみないと分からないけど、仕掛け作りの作業がなんだかとっても楽しくなる。でもって、楽しく作れた仕掛けだから釣れそうな気になるw

■UVライトで照らすまで固まらないからゆっくりじっくり作業できる

UVレジンのチモト工作が楽しくってイサキ釣れそうな気が…相変わらずウィリーなのに、先にウィリーを巻かずに針を結んじゃうという変な手順。針を結んだら、UVレジンを少しだけ絞り出し、爪楊枝ですくってチモトの部分に盛っていく。紫外線を当てなければ急速に固まらないので、自分の思う分量をきれいにチモトに盛れるまで何度でもやり直し可能なのが、図工が「もっとがんばりましょう」だったへた釣り向きでよい。昼間に作業をするならカーテンを閉めるだけでUVレジンが固くなってしまうまでの時間を大幅に伸ばせるぞ。

UVレジンのチモト工作が楽しくってイサキ釣れそうな気が…で、お気に入りの量のUVレジンをチモトに盛れたらUVライトを20秒ほど照射すれば、樹脂が固まる。色によりアピールの向上というだけでなく、チモトを魚の歯(釣りたくないけどベラとか)から守れるという効果もありそうだ。ハリスに通すビーズに比べると水の抵抗が少なそうだし、軽いので海中で不自然な動きを誘発するということもなさそうな気がする。チモトを赤く塗ったウィリーは釣果がよいと信じているので、ピンクを使ったものを量産してみた。
UVレジンのチモト工作が楽しくってイサキ釣れそうな気が…UVレジンのチモト工作が楽しくってイサキ釣れそうな気が…

■仕掛け作りが楽しいといろんなパターンで実験したくなっちゃうかも

UVレジンのチモト工作が楽しくってイサキ釣れそうな気が…仕掛け作りが楽しくなってきたところでいくつか実験をしてみようと思う。まずは針の色。同じメーカー、同じサイズの金と銀の針を買ってきて、大三元カラー(ピンク、白、グリーン)の仕掛けを作ってみた。針の色は一般に白系だけは金がよく、ほかの色は銀がよいとされているが、全く同じ配色で針の色の違いによる釣果の差、喰ってくるウィリーカラーの差が出るかをチェックしてみようと思う。さらに、大三元カラーでチモトの色が夜光のものとピンクのものを作ってみた。濁り潮なら夜光、澄み潮ならピンクがいいかなという予想はあるのだが、これも両方試してみて釣果に差が出るのを期待していたり。
UVレジンのチモト工作が楽しくってイサキ釣れそうな気が…UVレジンのチモト工作が楽しくってイサキ釣れそうな気が…

UVレジンのチモト工作が楽しくってイサキ釣れそうな気が…濁り潮用、澄み潮用のウィリーの配色もいくつか作ってみた。濁り潮は[オレンジ、白、グリーン]、[ピンク、ブラウン、ライトグリーン]という組み合わせを。前者は深場のウィリーの応用で濁り潮にもオレンジ、白が効くのではないかと想像して、後者は濁り潮用として売られている市販仕掛けの色を踏襲してみた。澄み潮用は[イエロー、ライトグリーン、ブルー]。澄み潮時にはブルーがよいという情報は得ているのだが、ほかに澄み潮に効く色が分かってないので取りあえず1パターンだけ。ケイムラのUVレジンを使ってみたかったのでチモトはケイムラを盛っておいた。来週はこの仕掛けを持ってイサキの大漁祈願なのである。



Twitter

2012年06月18日 19:17

« ウィリー釣りに適した竿のスペックを下手なりに調べてみたぞ | メイン | こだわるとキリがない偏光グラスは「Zoff Fishing」で解決? »

最近の釣りのお勉強記事

釣行後ほんの5分のひと手間でPEラインの寿命が半永久に
災害級の暑さでも元気に釣りできる猛暑対策グッズまとめ
糸の結び方は3つ覚えておけばマグロ釣らなければ大丈夫
潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す
カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?
仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える
動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す
考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け

著者: へた釣り