下手は下手なりにウキ釣りのコマセワークについて考えた

コマセワークウキ釣りの教科書を読んでいると、コマセはウキに被せるように撒くと書いてある。餌取り(コッパメジナ含む)が多い場所ではコマセをウキに被せると釣れてくるのは餌取りばかりということになりかねない。GW東伊豆釣り合宿中にへた釣りが実践しているコマセワークをメモしておく。

クロダイウキふかせ釣りのコマセワークの重要性を気づかせてくれたのは、師匠と行った秋の大島だった。目の前には巨大なウスバハギ、10センチくらいのカワハギ、そしてコッパメジナ。コマセを撒くとそいつらが群がり、仕掛けがなじむ前に付け餌はなくなっている。師匠から「コマセの煙幕が流れていく方向を見て、その方向の1メートル先に仕掛けを入れるだけでずいぶん違うよ」と教わる。たった1メートルだが、その1メートルで釣れてくる魚のサイズが変わるってことを思い知った。

メジナ磯などの複雑な潮流の場所や、魚が食ってくる場所が限られている釣り場ではもっといろいろと考えることが増える。実際に師匠に「ここにコマセを打ってここで仕留める」と説明されてもどうしてそうなるのかよく分からないこともある。難しいポイントでのコマセワークはへた釣りには良く分からない&修行中であるが、「コマセの煙幕が流れていく方向を見てその先に」ということを理解しておくだけでウキふかせ釣りがグッと楽しくなる。以下にテトラがらみのポイント(宇佐美で実践中)のコマセワークを図解してみる。

■テトラ越しの波にコマセを同調させる上げ潮編コマセワーク
1.まずCにコマセを打つ。写真では見えにくいかもしれないが、Cには藻がありコッパメジナの隠れ場所になっている。ここにコッパメジナを居つかせるために、釣り場に着いたらここにコマセを打つ。

2.仕掛け投入の準備ができたら、もう一度Cにコマセを1回、そしてBにコマセを1回打つ。コマセが効き始めると足元のCではテトラや藻からコッパメジナが飛び出して餌を咥えて反転していく様子が見えるようになる。

3.仕掛けをAに投入。Cは浅場なので大型のメジナは入ってこれない。Cでの捕食音を聞いた大型のメジナは焦れ始めるので、Bのコマセの効き始めは早いことが多い。その後も仕掛けを投入するたびCに1回、Bに1回コマセを打つ。

4.注意点はAにコマセを絶対に入れないこと。Bのコマセが効き始めると、大型のメジナがAのポイントまで突進してくるようになる。餌を咥えたらテトラに逃げ帰るので、ウキに魚信が明快に出やすい。試しにBに仕掛けを入れてみると分かるのだが、Bで釣れる魚よりコマセを打ってないAで釣れる魚の方がサイズが大きい。

5.Aで出ていた魚信が出なくなり付け餌が残るようになったら、クロダイなどの大きな魚が入ってきてメジナが警戒しているのか、時合が去ってメジナの活性が落ちたかのどちらか。Bに仕掛けを入れればメジナが食ってくるのにAだと食ってこないのなら、クロダイのチャンスタイムなので、じっくり集中しながらAから仕掛けを流す。Bでも食ってこない場合はCに仕掛けを入れてみる。Cなら食ってくるのならその日はコッパと戯れて過ごすw

■払い出す潮に仕掛けを乗せて魚信を待つ下げ潮編コマセワーク
1.基本的な考え方は上げ潮編と同じ。Bの藻際がコッパメジナの隠れ家なので、まずはBにコマセを打つ。

2.Bに打ったコマセはAの方向に払い出す潮に乗って流れていく。このままではAの本命ポイントにもコッパの大群が押し寄せかねないのでCにもコマセを打っていく。Cに打ったコマセは実はBの方向に流れる。

3.Bのコマセは本命ポイントのAにコマセを効かせる用。Cのコマセはコッパを足止めするBにコマセを効かせる用と考えればよい。Aは少し深くなっているため、コッパメジナが飛び出しやすい。このため、コマセを打つ回数は、仕掛けを1回投入するのに対してCに2回、Bに1回。Aにコマセを効かせながらも、Bでコッパメジナにはお腹いっぱいになってもらうという作戦だ。

4.Aで食ってくるのが比較的大型のメジナだけにできたらコマセワーク成功。Aで魚信が遠いと、クロダイのチャンスタイムになる。GW釣り合宿初日に釣ったクロダイはこのパターンで仕留めた。Aでもコッパが食ってくる場合は、Cのコマセを増やしてみる。それでも状況が変わらないようなら、メジナの活性が高すぎるので、コッパメジナと戯れて楽しむことにしよう。

釣り場ごとにコマセの打ち方は変わるのだろうが、考え方は同じだ。ここで食わせる!と決めた場所で本命だったり、大型だったりを仕留めることができたら、ウキふかせ釣りは格段に楽しくなってくるのである。



Twitter

2011年05月06日 12:11

« GW東伊豆釣り合宿7日目 こどもの日ファミリーフィッシング | メイン | GW東伊豆釣り合宿8日目 足裏メジナ連発でギュイーン »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り