完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目

完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目釣りに関してこれで完成となることはへた釣りに限れば未来永劫ないような気がするが、三歩進んで二歩下がるじゃないとね。次回釣行時に二歩下がることになるとしても、三歩進んだとこからスタートしたい。湾フグはあれこれ試行錯誤できることが多い。忘れないように三歩分のメモ。

噂に違わぬ難敵湾フグだったが終了間際に白子ゲットで7匹たったこれだけで三歩?と言われそうだが、まぁ歩幅は人それぞれなので、生温かい目で読んでほしい。あるいは冷眼を向けて無視してほしい。カワハギ師匠というお手本の横で釣ることができた湾フグのデビュー戦。序盤はフグからの魚信を全く感知できずに何も起こらず。ホバリング上手なエサ取り名人のフグの魚信を出す方法を考えることに。カワハギ釣りの応用問題だと考えれば、なんとかなった。

■宙層フワフワ&フグの歯が針に当たる確率を上げれば魚信は出せる

噂に違わぬ難敵湾フグだったが終了間際に白子ゲットで7匹ヒントは師匠からもらっていた。「30センチ聞き上げて1秒に1センチのつもりでゆっくり落としていく」。30センチを1秒1センチだから30秒。クワセの間ともいえるオモリが着底している時間は3~5秒と言われたので、実際に針掛かりに持ち込める時間は10%~15%くらい。なんとも効率が悪いと思ったが、残りの85%~90%の時間で魚信を出し、仕上げに集中してフグを掛けていくのが湾フグ釣りのキモなんだと気付くまで随分時間がかかってしまった。

※この稿を読んだカワハギ師匠から「錘を下げていく途中で当たりを感じたら、そのまま下げて行って錘が底に着いたら即合わせです。下げていく過程で当たりがなければ、錘が底に着いたら3~5秒程度ゼロテンで当たりを見る。その間に当たりが有ったら即合わせ、当たりが無ければ聴き合せ。」との修正が入る。

噂に違わぬ難敵湾フグだったが終了間際に白子ゲットで7匹オモリが底を切っている状態でフグからの魚信を出す方法。目感度だ手感度だを鍛えようとは思わない。修行は嫌いだ。まずはエサのアルゼンチン赤エビを針のサイズに短くして付ける。柔らかいエビの身をフグについばまれても魚信を察知できない。でも、オモリを宙に浮かした状態で針にフグの歯が触れればちゃんと魚信として伝わってくることが多い。チラシ針仕掛けは3本の針でフグの魚信をキャッチしやすくした仕掛けだ。装餌したエビのどこをついばんでも針に歯が触れやすい状態にしておけば1本針の仕掛けでもなんとかなる。実際エサのタラシ(針からはみ出している部分)をほとんどなくすと感知できる魚信が飛躍的に増えた。

噂に違わぬ難敵湾フグだったが終了間際に白子ゲットで7匹それでもまだ、察知できていない魚信があることは回収したエサの齧られ具合から想像できる。試してみたのが、宙層フワフワ。カワハギ釣りでの誘い下げのやり方をそのまま流用してみた。オモリやエサがフワフワと海中で動いているのをイメージして竿を優しく上下させながら誘い下げて行く。これだけの操作でフグの歯が針に触れる確率が上がるようで宙で察知できる魚信の数を随分と増やすことができた。フワフワと動かすことでフグへのアピール度が上がった可能性もある。

■掛けにはいかずスゥーズシッ! 追いアワセはリーリングで!?

噂に違わぬ難敵湾フグだったが終了間際に白子ゲットで7匹宙で魚信が出せるようになったら、次がいよいよ湾フグ釣りの醍醐味である、カットウ針にフグを引っかけるというステップである。フグの魚信を感じながら、オモリを着底させ、ゆっくり目に「い~ち、に~~ぃ」と数えて竿を50センチくらい持ち上げる。このとき引っかけてやろうと考えるのはよくない。加減をうまく表現しにくいのだが、スゥーと竿を持ち上げるよりも気持ち速めくらい。フグが掛かると手元にズシッと重みが伝わってきて気持ちがよい。

噂に違わぬ難敵湾フグだったが終了間際に白子ゲットで7匹ズシッと来てから巻き上げ中にフグがいなくなることが何度かあった。師匠からは「追いアワセを入れた方がいいですよ」との指導が入ったが、フグの重みを感じるのは竿が水平よりやや上になっていることが多いので、追いアワセを意識するとかえって竿先が降りてテンションが抜けてしまいそうで怖い。竿を持ち上げられるとこまで持ち上げて、竿位置はそのままですぐにリーリングで追いアワセが一番ミスが少ないような気がする。

噂に違わぬ難敵湾フグだったが終了間際に白子ゲットで7匹事前に調べた情報ではエサの下端とカットウ針との距離が針掛かりするしないを大きく左右すると思っていたが、あまり神経質に考えることはなさそう。エサと針が10センチ以上も空いてるなんて極端な状態になってなければあまり針掛かり率に影響はなさそうだった。カットウ針は「Saqsasフグカットウ針」がよく掛かった。3本針に比べて4本針のカットウは掛かりが悪いというのは本当かもしれないと思い始めている。



Twitter

2015年06月08日 17:09

« 噂に違わぬ難敵湾フグだったが終了間際に白子ゲットで7匹 | メイン | 梅雨時の干物作りに32枚入りでお得な業務用ピチット購入 »

最近の釣りのお勉強記事

もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する
ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック
宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪
カワハギ2014のテーマは自分に合う仕掛け探しになりそうだ
ウィリーイサキ前後半戦の仕掛け&シャクリ方 傾向と対策
イサキ束狙い最終戦に向けて仕掛けの全長・枝間を見直す
来年こそは大漁。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014

著者: へた釣り