宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪

宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪状況に応じて仕掛けを使い分けるのがカワハギ攻略の糸口になりそうだと気づくと、仕掛けを作りたくて作りたくて我慢できなくなる。宙釣り用、砂地用、岩礁用、漁礁用の4つができた。この4種にカワハギの活性を掛け合わせるともっとたくさん必要になると思うがまずはこの4種で実験。

宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪カワハギ仕掛けの幹糸を作るのは実に簡単。時間で比較すれば、1組作るのにウィリー仕掛けの10分の1、アジの仕掛けの3分の1の時間があれば完成する。コスト的にも大幅に安くなる。ハリス止め3つ+ハリス、ビーズ、サルカンだけで作れるので、1組200円以下で作れる。もう二度と市販の仕掛けを買うことはないような気がする。難しいのはハリス止めを幹糸に隙間なくセットすることだけ。それにしても細い針を使って落ち着いてやればそう難しいものではない。

★宙釣り用は錘のすぐ上から下針。8センチ間隔でアサリを密集させる

宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪へた釣りが一番使うことになるのが宙釣り用の仕掛け。市販の仕掛けでは針間が開きすぎていて、餌を1個だけ食い逃げされやすいと感じていた。この仕掛けに関しては枝間6センチも試してみたのだが、魚が餌に触ったあとでハリス同士がからむことが何度かあったので2センチだけ枝間を広げてみた。ハリス止めの位置は、0センチ、8センチ、16センチ。宙でフワフワと誘いを入れて吸い込ませるのを狙う。良型がかかると、残りの針がカワハギの体のどこかにスレ掛かりし、バラシも大幅に軽減できるという効果も。

★砂地用はタルマセたときのアピール度でチューニングしていこう

宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪宙で魚信がでないときは底に錘をつけてのゼロテンション以下の釣りになる。タルマセ~ハワセの釣りが苦手であまりいい目に遭ったことがない(=経験値不測な)のだが、市販仕掛けを参照にしながら、枝スの位置を5センチ、20センチ、37センチに決めた。上針の30センチくらい上にサルカン。サルカンの周辺に中錘を打つか、中錘付きの集寄を取り付けて10センチくらいずつ3回に分けてタルマセてという釣り方を想定している。ハリスは6センチなので30センチタルマセれば上針の餌も着底しハワセた状態になるはず。

★岩礁用はゼロテンションで針が底に着かないように設計してみた

宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪漁礁ほどではないにせよ、「底がガリガリしてますよ~」という船長からのアナウンスがあったときに投入してみようと考えているのが、枝ス位置8センチ、23センチ、40センチの岩礁用仕掛け。下針の8センチという位置はゼロテンションで、底に餌が着いてない=根掛かりの可能性が低いはず。また、ベラなどの猛攻を少しでも避けるという効果も見込めると思う。ゼロテンションで待ってもだめなら少しだけタルマセてみる。岩礁には根掛かり注意の「ガリガリ」のときもあるし、「それほど根掛かりはしない」とアナウンスされることもある。

★漁礁用は仕掛けの逆付けに近い? 時化のときに浮いた魚も狙える?

宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪根掛かり必至の漁礁用の仕掛けは、枝ス位置、20センチ、30センチ、40センチにしてみた。底をトレースして、錘や餌が漁礁に擦れた感触があれば竿を持ち上げという釣りになる。根掛かりを避けるために仕切り直しになる頻度を少しでも減らすために上針の位置を思い切って上げてみた。漁礁では底近辺はゲストだらけ、カワハギは浮いていることが多いような気がするのでその対策でもある。作ってみて、これって波の上下で錘が安定せず、浮いたカワハギを狙えない時化時に宙を狙うのにも有効な仕掛けのような気がしてきたのだがどうだろう? 底を見失わずに済むような気がする。



Twitter

2014年10月13日 17:12

« 釣具屋へ行くより釣りに行ってほしいのが妻1号の本音かも | メイン | 極寒用の10mm厚のハイパーサーマル長靴を買おうかなぁ »

最近の釣りのお勉強記事

剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する
ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック
宙、砂、岩、漁礁用へた釣り印のカワハギ仕掛け第1号だ♪

著者: へた釣り