来年こそは大漁。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014

来年こそは大漁だ。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014もう少し上手く釣れるのでは?と毎年思っている。まめに通って考えたことを検証するというわけにはいかないので、来年の今頃には、またどんな釣りだったっけ?となってしまうのだが……。北海道釣行2014で考えたことの備忘録を残しておく。来年こそは大漁とこれまた毎年思っている。

■標津沖カレイは仕掛けとその日の小突きパターンの把握が大事

小突きカレイ超楽しいぞ!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!小突きの基本は、
1.錘をカレイに見せるために20センチくらいの幅を10回くらいゆっくり上下させる。
2.着底させた錘が底から離れるか離れないかのギリギリを意識して可能な限り速くリズミカルに小突く。
3.少しずつスピードダウン。1秒に1回くらいまで速度を落としてみる。
4.もう一度1からやり直し。
で、いいような気がする。カレイの魚信の多くは3のスピードダウン中に発生した。2の小突きが可能な限り速くというのは速ければ速いほどカジカに餌を食べられる確率を抑えられる気がした。標津沖の底にはカレイとカジカが魚影濃く混在している。船は少しずつ流れているので、速く小突いているうちに遊泳力に劣るカジカは振るい落とされ、カレイだけが餌を追っているという状況を作れるのではないかと。来年こそは大漁だ。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014そして、3で小突く速度を落としているうちにカレイが餌をくわえられる程度に仕掛けが動かなくなったら焦れたカレイが餌に飛びついてくる。小突きカレイの経験1回の人が考えていることなので妄想の域をでないが、2ではあまり魚信がでず、3の後半ではカジカが餌に食いついてくることもあったことから推測するとこうなる。

来年こそは大漁だ。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014アワセ方はよく分からずに前半大苦戦した。魚信があったらゆっくり仕掛けの長さ分錘を持ち上げて、竿先がグンと沈むのを待つと予習していたのだが、魚の活性が低かったせいもあるのだろうが、この方法では竿を持ち上げている最中に魚信が消滅した。いきなり竿を煽って掛けにいく、錘を底に着けたまま食い込むまで待つなどいろいろ試してみたが、どれもうまくいかない。一番うまくいったのは魚信があったら、錘を5~10センチだけ持ち上げてそこで食い込むのを待つという方法だった。この方法でもカレイに針を飲まれるということはほとんどなかったので、小突きカレイ再戦の機会があったら、まずはこの方法を試してみようと思う。

来年こそは大漁だ。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014仕掛けは「快適カレイパーフェクト仕掛けSS」を使ったカレイの多くは一番錘に近い上針に食ってきた(カジカは下針が多かった)。この仕掛けは天秤から一番上の針までの長さは20センチと長めだったので、10センチくらいと短い仕掛けの方がいいかも。また標津沖は海草がよく仕掛けにからむので海草のからみを減らすためにも天秤以下が短い2本針にした方が釣りやすい気がする。来年こそは大漁だ。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014根掛かりはほとんどないので仕掛けは1日1組あれば十分で、針交換できるタイプを準備しよう。替え針は、丸せいごを基本に、流線(カレイ)針、スズキ針などいろんなタイプが売られており、シンプルな物からエッグボールやフェザーで装飾された物まで売られていたのを確認している。バリエーション豊富で選ぶのが面白そうだ。

■釧路沖の北海五目はメバル属釣り。仕掛けと錘は余裕を持って

ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ「反応はすごいのに…食ってこないんじゃ、どうしようもない」。船長もお手上げのパターンにハマってしまったのが2014年の釧路の沖の五目釣りだった。いつもなら錘を底から1メートルくらい切ったタナで釣ることが多いのだが、今年は錘を底に着けて、まめに底を取り直してという釣りに。アオゾイやヤナギノマイって根魚だったんだなぁと北海道五目8戦目にしてようやく気づいた。錘が20号→250号、ハリスが1号→10号ととことんスケールアップしているが、サビキでやるメバル釣りと釣りの考え方は同じ。アオゾイにしてもヤナギノマイにしてもメバル属の魚だ。

来年こそは大漁だ。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014根掛かりを恐れずに根際をタイトに攻める。10秒に一度はタナを取り直し、大きく誘って上から落ちてくる餌(サビキ)を見せる。違うところはメバルは錘着底時に仕掛けを動かさないのがコツなのに対し、北海道五目ではフワフワとスローに誘うってことかな。で、こういう釣りをすると、錘や仕掛けのロストは覚悟し、余裕を持って船に持参する方がいい。来年こそは大漁だ。小突きカレイ&北海道五目の備忘録2014メバル釣りでも錘や仕掛けが惜しいと感じて根際を攻めるリスクを回避すると途端に釣果が悪くなる。北海道五目の場合、仕掛けにしても錘にしても安くない。少しでも安く買うのがアオゾイ攻略の糸口ではないかと考え始めた。探してみるとロットロットという通販店が安かった。「北海五目 D-611 18号」が5枚セットで6172円。釧路の釣具店で買うより1枚あたり200円以上安い。錘も平型胴突おもりというスリムタイプで根掛かりしにくそうなのが5本セットで3012円



Twitter

2014年08月02日 12:57

« おかたづけ~♪ おかたづけ~♪ 北海道のおかたづけ~♪ | メイン | 誰よりも多く魚信をだし誰よりもバラシまくってイサキ62匹だっ »

最近の釣りのお勉強記事

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!
良型ばかりなぜバレる? カワハギをバラす理由を考察する
ホタテ、ほうき星、ラトル音錘など新戦力の手応えをチェック

著者: へた釣り