脱・LTアジ落ちこぼれ大作戦。コマセワークをお勉強したぞ

脱・LTアジ落ちこぼれ大作戦。コマセワークをお勉強したぞ適当にやってても釣れるときは釣れるからいいやと放置してあったLTアジだが、「リアランサーLTアジ」という竿を買ってから楽しくって仕方がない。釣れるときは釣れるから人並みに釣れる人になりたいという欲が出てきていたりする。どうやら大事なのはコマセワークらしい。お勉強してみた。

注意すべきことは以下の3点だと思われる。
1.タナの上でコマセを撒かない
タナの上でコマセを撒かないというのは、ウィリーとは逆だ。タナの上で撒くと自分の潮下の人のところに群れが行ってしまうってことだろうか? 船長さんのアナウンスで「高いとこでコマセ撒くと群れが散っちゃう」と言われた記憶がある。
2.ビシを激しく動かしすぎない
ビシをあまり激しく動かすとアジがビビって食いついてこないらしい。さらにLTアジ用のビシはコマセを詰められる量が少ないので、ビュンビュン振っているとすぐにコマセが空になってしまう。フワフワと振るくらいでいいようだ。
3.食いダナの30センチ以内に入れる
アジが口を使ってくれる食いダナは意外と狭いようで、その範囲でコマセと仕掛けを同調させるのが大切だ。3本針なら真ん中の針で上顎にしっかり針掛かりするタナを割り出し、そのタナをキープする。

■アジ釣りの上手な人が教えてくれたコマセワークの5つのパターン

束なぞ望まぬがせめて人並みに釣りたいLTアジの反省メモ以上3点に注意するとして、実際に勧められるコマセの振り出し方はいろいろ。このやり方でバッチリと自信を持っていろんな人が教えてくれるのだが……教えてくれる人によってコマセの振り方が違うのが、混乱の元になっている。これまで教わったいろいろなコマセの振り出し方を列記してみる。どれがいいのか……よく分かってないけど、教えてくれた人はみなさんアジ釣りが上手な方なので、どのやり方も間違ってはいないと思う。

パターン1:底から1メートルで1回振り出し。1メートル巻いてもう1回
へた釣りが最初に教わったコマセの振り方がコレだった。タナが底に近いときは2回目の巻き上げの長さで調整する。タナが1.5メートルなら底から1メートルでコマセを振り出し、50センチ巻いてもう1回撒く。アジの活性がいいときはこのやり方でOKなんだけど、ダメなときは全くアジに相手にされないってことが多い気がする。

パターン2:タナの下50センチでフワフワ3回。竿をスゥと持ち上げる
仕掛けを同調させたいタナに少し多めにコマセを撒くことを意識するとこうなるんだと思う。この振り出し方で竿を持ち上げている最中に魚信が出ると非常に気持ちがいいので好みだったりする。50センチあげて20秒待って魚信がないときは竿先を50センチ下げてもう一度フワフワと2~3回振ってスゥと持ち上げる。最近はこのコマセの振り出し方がへた釣りのLTアジの主力になっている。

パターン3:底から30センチ刻みでフワ、フワと6回くらい誘い上げる
ウィリーっぽいという理由で好きなコマセの振り出し方。タナが分からないときにうっすらと底から2メートルくらいまでコマセを撒いているイメージだったりする。誘い上げ終わったら30秒くらい待つ。魚信が出なかったら、フワフワの回数を1回減らしたり、1回増やしたりして魚信が出るまで試してみる。この釣り方だと、シロギスカサゴがよく釣れる気がするのでアジ以外にもう1品狙える。

パターン4:底から1.5メートルビュンと振り上げたらじっと待つ
ある人によれば、これが一番らしい。ビシがアジの群れを横切るのは1回切りなので、群れを散らさないこと優先ってことかな? 1回コマセを振りだしたら、置き竿にしてド~~ンと構えて魚信を待つのが男のアジ釣りのあるべき姿なんだそうだ。へた釣りは男らしくないので、真似できないかも。

パターン5:タナでフワフワ。ひたすらフワフワ。魚信るまでフワフワ
某船長の指導に従うとこうなる。タナを探る意味で、50センチくらい竿先を下げてフワフワして20秒待ち。今度は50センチ竿を上げてフワフワして20秒待ち。誘い続けるのがLTアジの美学であるそうだ。言われた通りにやってみると、竿をゆっくり下げている最中に魚信がよく出る気がする。アジの群れは船下にいるけどなかなか口を使ってくれないってときにいいのかな?



Twitter

2013年09月04日 13:45

« 電車釣行可能な範囲でなかなかカワハギ始まらないなぁorz | メイン | 時計と傘と喫煙具に凝らないという禁を破って防水ライター »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り