4季目でまだこのレベルw…マゴチ釣り、目から鱗の新発見

4季目でまだこのレベルw…マゴチ釣り、目から鱗の新発見6打数4安打で56センチのまずまずサイズも出て2013年のマゴチは開幕した。2010年秋に羽田沖で始めたので、今年で4季目。そろそろ一通りの基本は理解してなきゃいけないはずなのだが…ちっとも上達してないし、知らないことが多い。いきなり目から鱗の新しい発見もあったのでメモ。

6打数4安打で三塁打×1、一塁打×3。今年もマゴチ好発進!マゴチ釣りに関しては、比較的魚信はよく出せる方である(その割には開幕戦2013で苦戦していたけどw)。魚信の出し方はマメなタナ取り(10秒に1回くらい)、タナを4、5回取り直したら大きく竿を持ち上げてマゴチに上から落ちてくるエビをアピール。この繰り返しだ。他の人に魚信があって、自分にないときはタナがずれていると考えて、タナを変えてみる。潮が速そうなときはタナを10センチ刻みで低く、潮が遅そうなときは逆に10センチ刻みで高くしていく。へた釣りの抱えている問題は魚信を出すではなく、いかに針掛かりに持ち込むかとバラシを減らすか。マゴチ釣りで打率(釣った数/魚信の数)にこだわっているのは上手な人に比べて打率が低いから。開幕戦でいくつか気付いたり、教えてもらったことがある。マゴチ釣りをやっていれば知ってて当たり前のことみたいだが…へた釣りには目から鱗だったりw

★魚信があったら竿先は海面近くまで下げて両手でアワセる準備を

6打数4安打で三塁打×1、一塁打×3。今年もマゴチ好発進!最初の魚信があったとき、背後から土田キャプテンの「両手で! 右手を添えて!!」という指示が聞こえた。ウィリーでもウキ釣りでも片手で竿を持ってアワセ、もう片方の手はリールのハンドルに軽く添えて臨戦態勢を整えておくという習慣が身に付いていたため、両手を使って強くアワセるという発想がなかった。両手を使うのは竿をのされそうになったときだけ。もう1つ竿先を海面に向けてアワセの動作で頭上まで竿を持ち上げないってのは、横でアワセ損なった人のラインの動きを見て納得した。竿水平から頭上まで竿を持ち上げてアワセを入れると、竿を持ち上げ切ったところで糸吹け(ラインのたわみ)が出てしまう。ラインが緩んだ瞬間に針が外れてしまうことが多いようだ。アワセは海面方向からせいぜい竿尻が目の高さくらいまででキメなきゃいけないものらしい。強く鋭くアワセるのに両手を使った方がいいってことなんだと思う。

★やる気のないマゴチは竿を持ち上げやる気スイッチをいれてやる

マゴチの魚信の正体を想像……空想?…妄想?してみたよ前魚信は出ているのに待っても待っても本魚信、ひどいときにはグッグッな中魚信にも発展しないときは、竿を持ち上げて(ハリスを張って)マゴチのやる気スイッチを入れてやる。実はこの方法、昨シーズンの途中から気付いてやっていたことだがすっかり忘れていた。ゆっくり持ち上げた竿にグッグッという手応えが伝わってきたら竿はそれ以上持ち上げない。リールを巻きながら竿を海面に向けて下げいきアワセる臨戦態勢に戻るとアワセ損ないが少なくなると教わる。へた釣りは教科書通りの魚信の出方がするマゴチとイレギュラーな魚信を出すマゴチがいると解釈していたが、ハリスの張りをコントロールすることで、魚信を教科書通りのパターンに正すことができるってことを知った。竿先に出る魚信の出方に間が空いたり小さいときは餌を食い逃げされる前に竿を少し持ち上げるように心がけよう。

★バラシの確率を減らすために竿は可能な限り立ててやり取りする

マゴチの魚信の正体を想像……空想?…妄想?してみたよ船での釣りって竿は水平に保ってやり取りするのが基本だと思っていたがどうやらこれは間違い。磯竿で魚とやり取りするのと一緒のように竿をなるべく立てて、竿の弾力で魚の抵抗をいなしながらやり取りする。この方が巻き上げ中のバラシの危険性を大幅に減らせるようである。竿が水平の状態って堤防での釣りでは竿をのされている状態なわけで、竿を立てられるものなら立てるのが正解ってこと? とすると、これってマゴチ釣りに限らず、ドラグが滑るような大物を相手にするときは、竿を立ててやり取りした方がいいってことなんかな? ヒラメやワラサのときも竿立てた方がいい? それとも先調子のマゴチ竿だから竿を立てる? よく分からないので今度行ったときに聞いてみよう。



Twitter

2013年05月13日 17:57

« 喉奥に針が刺さった魚のリリースはハリスから切るが正解? | メイン | 釣りガールというカテゴリーがどんどんどうでもよくなっていく »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り