アマダイに混じるカナガシラによく似た魚はカナドという別種

アマダイに混じるカナガシラによく似た魚はカナドという別種アマダイ釣りのゲストで釣ったカナガシラと思い込んでいた魚。いざ、料理してみようとして、よく観察すると……なんか違う。ヒレに紫色の模様があり、カナガシラのそれとはなんだか違う。区別する必要はないんだろうけど、カナガシラでないならなんて魚? 調べてみるとカナドという魚だった。

アマダイに混じるカナガシラによく似た魚はカナドという別種カサゴ目ホウボウ科の特徴は、王蟲のような脚。正確には胸鰭の軟条らしいのだが、左右の胸ビレの付け根辺りから3本ずつ昆虫の脚のように生えている。実際に脚のように動かして海底を歩き、軟条の先端の感覚器で餌を探して食べる。代表魚は、もちろんホウボウ。団扇状の大きなヒレの外縁がコバルトブルーで内側は黄緑色をした非常にきれいな魚だ。生かしたままバケツに放すと、南方系のきれいな蝶の羽のようなヒレを広げてくれるのでなんだかいいもん釣ったなぁ~という気分になる。これが食べても美味しい。刺身にすると歯応えのよい薄くピンクがかった白身。ホウボウを狙う船はないが、底付近を狙う釣りだと水深を問わず結構混じる、釣れると抜群にうれしいゲストの1つである。

アマダイに混じるカナガシラによく似た魚はカナドという別種ホウボウ科に属するカナガシラ属も3対の軟条を脚のように使うという特徴を持つ。ホウボウとカナガシラの見分け方は胸ビレの色と吻棘の有無。カナガシラの胸ビレは外縁部に少し青っぽい色が付いているだけの赤一色できれいではない。顔前面に吻棘が2本突き出しているため、顔付きがエイリアンっぽい。サイズはホウボウより小さく、30センチを超えることはないように思う。「金頭」という呼び名がお金が貯まるに通じると食用に流通している地方もあるようだが、ホウボウと食べ比べると旨味という点では物足りない。へた釣り家ではお鍋に入れたり、さつま揚げにしたりすることが多い。

アマダイに混じるカナガシラによく似た魚はカナドという別種で、1月19日のアマダイ釣行で釣ったカナガシラだと思っていた魚。胸ビレが黒っぽい青色をしており意外ときれいだし、形状もカナガシラとは少し違う。尻ビレにいたってはホウボウに負けてないきれいなコバルトブルーをしていた。脚が生えてて吻棘があるので、カナガシラ属に違いないのだが…と思って調べてみると、カナドという別種だった。カナガシラよりさらに小型で20センチくらいまでにしか大きくならない。トラギスやヒメと一緒にすり身にしてさつま揚げにしちゃったので、お味の方は不明。1切れだけでもお刺身で食べとけばよかったなぁ~と後悔するも、時すでに遅しだった。



Twitter

2013年01月22日 14:52

« オニカサゴに行くべきかアマダイに行くべきかそれが問題だ | メイン | アマダイ釣りでひょっとしたらと思うことをまとめてメモしとく »

最近の気になる魚・物・話題の記事

明日から大阪。紅葉鯛のシーズンにはなんとしても明石へ!!
白間津のシマアジリベンジ!! 小さくてもいいから今度こそ!
リールを巻くときは騒ぐ!? 動画撮影&編集のあれこれメモ
ブログ初投稿はカイワリだった。動画初配信もカイワリに!!
蒸し暑い!! 熱中症対策に極冷白黒クマさんスプレーを購入
夏休み直前の凪の三連休舐めてた。一之瀬丸イサキ満船
頭、腕などいろいろ試してGo Proは胸のやや右寄りに装着
梅雨時は農作物の育ちが悪いほど魚は元気になるのかも
アルファタックルの船竿・フィールドモニターに応募しよかな
愛機スティーレより軽い!! ダイワのADMIRAが気になるぞ
YouTuberになるならんはおいといて動画配信やる気すっよ
ヤリイカ&北海道五目のイタズラ竿にグラスラム135Hどう?
「釣りスギ四平」という釣りYouTuberにすっかりハマってるよ
平日、雨の日参考記録だが一之瀬丸でもイサキ束超え出た
年に数度の白米の日。アナゴ丼はやっぱり最高にうめぇえ!!
予報見て仰天。明日のタチアジ無理なので…本日夜アナゴ
この時期、マダイよりチダイの方が美味しいような気がする
治久丸サイトダウンで釣楽でポイントもらえることに気付く
タチウオ釣りは麻雀の何を切るに似てる? 定石と奇手
カイワリの開き…「ぬふふふふ」なお味にはならず。残念だ
今週末はタチウオ。あ行しか喋れないアホな子になってくる
釣行前日もカイワリ好調。「へたさん来たら釣れない」悪夢が
マゴチって産卵(釣れない時期)始まった? まだ大丈夫?
イサキもタチウオもマダコまで絶好調でカマスも始まったとさ
絶好調ではないが宇佐美沖のカイワリ五目は好調をキープ
父の日にTHE NORTH FACEのラッシュガードをもらえたよ
俺が行く前に終わってしまうのだろうがカイワリが絶好調だ
イサキ2戦でハリス切れ2回、針伸び1回。どう対処するの?
釣行日は他の船の釣果は見ないというルール破ってトホホ
イサキ、アナゴ、イワシ…「梅雨の水を飲む魚」というらしい
土曜は時化で×。日曜なら…イサキ? カイワリ? LTアジ?
ヘリソプスレインシューズはお店のツルツル床にとても弱い
宇佐美でカイワリに混じってヒメダイ。ウィリーに反応いい?
かみやメバル大会サイトにへた釣りの写真…でも、行けないの
潮澄んで剣崎沖イサキ初日は不調。洲の崎用に電動かな
一之瀬丸イサキは釣況次第で沖の瀬への遠征ありみたい
北海道遠征堤防編はクロソイに挑戦。何リグがいいのかな
もういくつ寝ると剣崎沖イサキ解禁!! 今年はどうかなぁっと
速潮対策に+20号の増しオモリ検討。PE1.5で大丈夫かな!?
夕方にカイワリ追加のアテは外れたが豪華食卓になりそう
「いい反応…」愚痴が聞こえたら細ハリスで。明日はカイワリ
シマノ神対応? ソリッド交換頼んだら#1丸々新品に交換
「最強!釣りバカ対決!!」リールの持ち方を何故指導しない
釣りというより梅雨時の散歩用? 防水靴下を即決で購入
今年一番の大雨を物ともせず。中国製防水シューズいいぞ
明石からアコウ(キジハタ)船出てる? しかも今がシーズン
茨城・平潟港に行けば干物最強魚のキチジが釣れると知る
妻のそろそろ付き合ってあげても…にアカクラゲいつまで!?
カイワリ竿頭で21匹、18匹…爆発してるのに…大阪行く週!!
ダイワ「穴釣り専科」ラインは船のリーダーや仕掛けにも?

著者: へた釣り