誰も知りたくないのを承知でへた釣り印のウィリーの作り方

誰も知りたくないのを承知の上でへた釣り印ウィリーの作り方やることがない。一日雨の音を聞きながら部屋でぼんやり。一人でGWの暇つぶしスポットに出かける根性はない。仕方がないので宇佐美沖ウィリー五目で減ったウィリー仕掛けを補充。ほかにやることがないので誰も知りたくないのを承知の上でへた釣り印ウィリーの作り方を説明w

うきまろ針山は妻に作ってもらった。針を刺すのがちょっと躊躇われるwww妻&子供たちが合宿に合流するのは5月2日の夜から。釣りかサーフィン以外に娯楽らしい娯楽がない宇佐美では海が荒れたら部屋に閉じこもっているしかない。せっかくの釣り合宿なのにぃぃぃいいいいいいいいいいと、荒れた海に向かって叫んでみたところで、風は明後日まで止まない予報。まぁ、明日は子供をどこかに連れて行ってやろう。子供がいれば暇つぶしには事欠かない。で、本日の暇つぶしはへた釣り印のウィリー仕掛けの製作。針山がうきまろなのは気にしないでねw

■工作が「もっとがんばりましょう」な人でもウィリーは作れるぞ!!

この原稿を書いたのはうきまろ針山を見せびらかしたかったからかも……ウィリーは針にウィリー化繊を巻いて、吹流し仕掛けにすれば完成なわけで、説明することあるの?って思った人はこの先読まなくていい。手先が恐ろしく不器用でウィリー仕掛けを作れるようになるまで悪戦苦闘したへた釣りによる、小学校の工作が「もっとがんばりましょう」だった人のためのウィリー仕掛け自作法なのだ。

キラキラは針を結ぶときに一緒に巻いちゃえばあとの作業が楽だと思うまず最初に針を外掛け結びで結んでしまう。先にウィリーを巻くとウィリーで巻いた部分とチモトの間に針が露出してしまって気持ち悪い。先に針を結んでからチモトぎりぎりまでウィリーを巻いた方が出来上がりがきれいで気持ちがいい。市販の仕掛けに付いているキラキラを付けたい場合は針を結ぶときに一緒に巻いてしまう。針の結束強度が落ちない?と心配になるが、30センチのカイワリまでは大丈夫だってことが確認されている。あとでキラキラを付けるよりこの方が楽だ。

ペンチに押し付けるようにして巻き始めると密にきっちり巻きやすい針を結び終わったら先曲がりペンチに針を挟む。グリップ部に輪ゴムを巻いて手を離しても針がずれないようにしておく。このときウィリーを巻き始め巻き終わりたい場所を挟むようにする。ペンチに押し付けるようにウィリーを巻いていくと密に巻けるし、巻いている途中にずれて失敗することもない。チモトまで密に巻き上げもう一度巻き戻す。ウィリーは2本まとめて巻ける状態で売られていることもあるが、1本でしっかり巻いた方がきれいに仕上がる。アミエビに模すウィリーの場合は1本で巻いた方がサイズ的にもマッチしているように感じる。末端は固結びでOK。不安なら接着剤をたらしておく。マチ針などでウィリーの末端をほぐして好みの長さに切る。あまり大きくない方がいいように思う。

■目玉付き夜光キャップや赤いエサダマを付けて釣れる気倍増!?

邪道かもしれないが赤いエサダマをチモトに付けると浅場での釣果がよくなる気がするあとは吹流し仕掛けにしていくだけ。へた釣りは枝ス15センチで全長3メートルの4本針仕掛けを作る。1本目の枝スは110センチの位置から、170センチから2本目、230センチから3本目、4本目の針は幹糸の300センチの場所に結ぶ。枝ス、幹糸のそれぞれの場所に赤マジックなどで印を付けてから作業すると、枝スの長さがバラバラだったり、針の間隔が不ぞろいだったりはしないはずだ。枝スは5センチ、幹糸は20センチくらい余裕を持って切っておくと作業しやすい。

深場には目玉付き夜光キャップ。目玉があるだけでアミエビっぽく見える気がするビーズ類はお好みで付けるのだが、へた釣りのお気に入りは目玉付きの夜光チモトキャップと赤色のエサダマ。夜光チモトキャップは水深が50メートル以深のポイントで釣果がいいような気がする。なんとなくだがちゃんと目玉もあってアミエビや小魚っぽい外観になるので、これを付けただけで疑似餌としての完成度がグンッと上がったような気がする。実際に魚にどう見えているかは分からないけど……。

写真で見ると真ん中を通ってないことに気づいてちょっと残念だエサダマはチモトを赤く塗ると釣果がよいと聞いて付けてみたのだが、浅場で効果があるような気がする。よく考えればアジ釣りで餌のかわりに針に装餌するものなので、これが付いているだけで魚が食ってきてもおかしくないわけだ。それってウィリー?って気もするが、釣れる可能性が上がればいいと割り切っている。エサダマは湾曲している針に沿って刺すとうまく真ん中に刺さらないことがあるので裁縫用のまっすぐの針を使ってハリス側から通すのがお勧め。へた釣りはチモトまでこきあげて装着している。



Twitter

2012年05月02日 20:45

« GW伊豆合宿2012 台風なみの大時化にさすがに釣り断念 | メイン | GW伊豆合宿2012 マダイ鍋に舌鼓を打ち午後は家族釣り♪ »

最近の釣りのお勉強記事

潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す
カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?
仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える
動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す
考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目

著者: へた釣り