ウキふかせのウキの選び&ガン玉の打ち方を考えてみた

釣研・ウキコレクションコマセワークの原稿を書いたら師匠から「この考え方にプラスして、ガン玉ワーク(ウキチョイスワーク)とハリ号数ワークも覚えるといいですよ」というアドバイスが……ハリスを張りながらいかにコマセと同調させて付け餌(針)を沈めるかを意識するともっといいよってことらしい。

釣り具屋に行くと、ウキがたくさん売られていて、どれにしようかなぁ~っと悩むことになる。Bや3Bなどと書かれているのがウキの浮力で、当然重いガン玉をつけられる高浮力のウキの方が仕掛けを早く沈めることができる。そこまでは分かるのだが、じゃあ、自分がやる釣りに適正なのはBのウキ? 3Bのウキ?と聞かれるとよく分からない。師匠によれば、針の重さも意識して餌の沈みをイメージできると完璧ってことらしいのだが……。

■高活性なら高浮力のウキ、低活性なら低浮力のウキが基本
釣研・浦島円錐 極へた釣りは、釣研ファンなので、ウキは釣研オンリーでそろえている。特に「浦島円錐 極」というシリーズが、人生初の60超クロダイ、35超メジナを釣らせてくれたウキなので、G2B2B3Bと4種類持っている。釣り場についたらまずはこのウキで釣り始める。どの浮力のウキを使うかというとまずはBで始める。そのあとはメジナの活性が高そうだったら早く沈むように2B3Bのウキと仕掛けに。どうも活性が渋そうだったらG2に仕掛けを変える。「少し沈下速度が早い方がアピール力が強くなって高活性のメジナには好結果をもたらすことが多く、逆に活性が低ければ、沈下速度を遅くしてゆっくり長い時間漂わせるとよい」と師匠に教わったからだ。000という超低浮力のウキもあるが、よく分からないので持っていない。

釣研・LF電輝円錐夜釣り用のウキはLF電輝円錐を愛用している。夜釣りで棒ウキだと使い慣れていない上にキャストが下手なので、ウキに道糸が絡んでというトラブルが多発する。LF電輝円錐なら使い慣れた円錐ウキと扱い方が同じなのでトラブルが少なくなる。使い方のコツとして、LF電輝円錐は余浮力が大きすぎるような気がするので、3BのLF電輝円錐なら(G4+3B)という風に表示浮力よりもガン玉を少し足して使うと感度がアップするような気がする。

釣研・キャッチセンサーほかにもゴロタ場などの浅い場所を攻めるとき用にとばしナナメキャッチセンサー。メバルの餌釣り用にLFミクロセンサーという小型棒ウキを使った二段ウキ仕掛けにすることがあるが小さな棒ウキが水面からシュッと消えていく様子はなかなか楽しい。メバルの場合はシュッと消えてからしばらく待たなければ針掛かりしないんだけどね……。メジナがコマセに浮いているのにウキに魚信がなかなかでないときにも二段ウキ仕掛けは有効なのだが……個人的にはあまり釣果が上向いたことがないので、浅場専用に使っている。

■段打ちでさらに細かく餌の沈む軌跡をコントロールしよう
魚の活性に合わせて付け餌の沈降速度を変えるという考え方を一歩進めたのが、ウキ下に2か所以上ガン玉を打つ、段(しず)打ち。ハリスを張って(張らなきゃ魚信がウキに出ない)、思い通りの速度とハリスの軌跡で餌を沈めるテクニックだ。
G2ならG5×2
BならG2+G3
2BならB+G4
3BならB+G1
という風にガン玉を2か所に分けて打つ。

釣研・浦島円錐 極師匠は、ハリスの張り優先派なので、ウキ寄りに軽めのガン玉(2BならG4)、針寄りに重めのガン玉(2BならB)を打つ。これなら、針に近いガン玉が先行して沈むので、ハリスに張りを作りやすいということである。一方で、ウキ寄りの道糸部分に重い方のガン玉を打って、比重が軽く浮き上がりやすいナイロン糸部分を早く沈めちゃおうという意見もある。へた釣りの使い分けとしては、ハリスが4メートルとして、狙うタナが7メートルより深い(道糸を3メートル以上水面下に沈めたい)場合はウキ寄りを重く、狙うタナが7メートル以浅の場合は針寄りを重くという風に使い分けている。



Twitter

2011年05月13日 16:58

« 週末はみうらボートで師匠が船長のシロギス五目に挑戦 | メイン | 25cm超混じり良形多い走水沖シロギスでフォースを磨く? »

最近の釣りのお勉強記事

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策
澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?
LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く
オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事
アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ
アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法
エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?
洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」
来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ
上手くいったら調子に乗ってアマダイ釣りの下手な考えメモ
ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?
オニカサゴが釣れない理由がどうしても分からず休学宣言
タチウオで横の人のPEを切り怨まれないために注意する事
自己批判することが多すぎ。2015年のカワハギを総括する
はじめから全開でぇは間違い。TKB44決勝大惨敗の大反省
再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録
大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解
タチウオの魚信を出す誘い&針掛かりパターンをチャート化
イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け
どうかな?がうまくいきウシシ♪とほくそ笑む北海道備忘録
剣崎沖イサキでボウズを回避するためのこうじゃないかな
完成することはない湾フグのこーかなあーかなメモ帳1枚目
忘れないうちにイシモチの釣り方メモを残しておくことにする
曇り、凪、水温、潮…メバル爆釣条件を真剣に考えてみた
NW伊豆合宿まとめ 宇佐美を100%楽しむためのあれこれ
貧して鈍して悩んで沈む。TKB52決勝は反省点だらけだ!!

著者: へた釣り