≒な呼び名と標準和名が混乱してるライト深場の魚を整理

≒な呼び名と標準和名が混乱してるライト深場の魚を整理そんなのどうでもいいやんと言われるとその通りなのだが、わざわざ図鑑を開いて釣った魚を同定しないと気が済まない釣りヲタなのでやっぱり気になる。ライト深場で釣れた魚は釣り人の間で通用する呼び名と図鑑に載っている標準和名がほとんど一致しない。ちゃんと整理してみる。

★(≒クロムツ)はムツとクロムツ混在。体色で判断するしかなさそう

クロムツ炙り刺がうめぇ!! 深場五目で本命視されるわけだライト深場で本命とされ、船中でクロムツと呼ばれている魚からしてクロムツではないのである。東京湾口の水深200メートルくらいで釣れるムツ科の魚にはムツとクロムツがいるが、釣れている魚を見ているとそのほとんどがムツの方。正確な見分け方は側線上の鱗の数を数えるみたいだが、腹部の色が白っぽく見えるのはムツだと考えてよさそう。ムツとクロムツを並べてみるとクロムツの方が体色濃く、黒褐色。へた釣りが釣った2匹はムツだった。ムツとクロムツを呼び分ける場合、ムツは体色が紫っぽく見えるのでアカムツと呼ばれることもあるみたい。クロムツはライト深場ではなくもっと深いポイントの方が混じる確率が上がるみたいだ。味に大差ないという人もいるし、クロムツの方が美味しいという人もいる。クロムツを釣らなきゃ確かめようがない。

★(≒スミヤキ)はカゴカマスとクロシビカマス。背鰭の斑で見分けよう

カゴカマス(≒スミヤキ)が美味すぎて中深場ってすげぇ~♪一部の釣り人にはハリスを切っていくだけの厄介者。へた釣りを含むごく一部にはムツと並ぶ隠れ本命となっているのが通称スミヤキ。これも実は2種類の魚が混同されている。クロシビカマスはあまり美味しくはないようで、身に食い込むような骨が多くあり料理法が難しいようだ。一方のカゴカマスはほどよく脂が乗っており、口の中で蕩けるような白身はお刺身で絶品。クロシビカマスにある邪魔な骨もほとんどない。この2種は見分けられないと損をするし、見分け方は簡単なので覚えておいて損はない。背鰭前部に黒色の斑があれば美味しいカゴカマス。背鰭前部全体が黒ければ持って帰るか悩むクロシビカマス。スミヤキはもらえることもあるので、もらうかどうかを判断するのにもこの見分け方を知っているとハズさないwww

★(≒シロムツ)は見分ける必要ないけれどワキヤハタとオオメハタだ

好みの味で♪ シロムツは真っ白なキャンパスのような魚だ誘いすぎたせいでいっぱい釣ることになったシロムツだがこれも釣り人の呼称で標準和名はワキヤハタとオオメハタ。魚自体自分たちが別種だと認識しているのかどうか怪しいもんで、ワキヤハタとオオメハタが同時に釣れるなんてこともある。見分け方は尻鰭に注目する。尻鰭が大きくしっかりしているものがワキヤハタ、尻鰭が小さめなのがオオメハタ。ワキヤハタの方が少し深めに生息するようだがライト深場で狙う水深200メートル前後では混泳しているってことかな。ただしこの2種は見分ける必要はない。味の違いが分かりやすいように同じ鍋でマース煮にしてみたが味の差は全くない。



Twitter

2016年03月15日 14:57

« 来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ | メイン | FM3000MKをオーバーホールに出して深場への未練を断つ »

最近の気になる魚・物・話題の記事

オキアミ加工挑戦中。頭が黒変する条件って何なんだろう?
つま先防寒の決定版かも!! ウェイディングホットソックスII
時化神様は俺? 大荒れの日にわざわざ突撃しかけてたよ
1つのハリス止めから針2本出すのを「チェリー」と言うらしい
カワハギは大会ばかりになってしまっている理由は…釣り座
2017年のへた釣りの漢字は「時」。時化の出撃が多かったぁ
アマダイ、オニカサゴ、マゴチが上手く釣れない理由って…
アマダイの仕掛けはあれこれ3種類用意……釣れないけど
来年のTKBに向けてダイワ用のロングハンドルを買っちゃおう
5戦中4戦で賞品ゲット。今季も愚策が機能しているっぽいぞ
妻1号が黄色い尻尾型ライジャケをきれいに縫ってくれたよ
TKB賞品カワハギケースで道具を整理。もう針は忘れない
三行半を頂いたままのアマダイとそろそろよりを戻したいぞ
船べりトレイのスノコが飛んで行った。自作しようとしたが…
明日はTKB!! 焦らず気負わず出来ることをやりきるよ~ん
どうせ俺が行ったら終わるけど治久丸でカイワリ釣れてる!!
アロンアルファは水に弱いらしいのでエポキシ接着剤を買う
デカハギ用マイタモは「Ar.ランディングシャフト300」にする
使うのは1週間後。剥いたアサリは冷凍すべきなんだろうか
ぐっすり寝て宿題の太刀メタル仕掛けとFLビシの上窓調整
TKBの練習予定だったのに…明日は吹いたらあか~~ん!!
「誇高」で「刺牙」で「TAFFWIRE」なカワハギ針に釣られる
ハリス極短5ミリ!! 試してみたいオーナー「ツインカワハギ」
FLビシの上窓がユルユルで設定が変わるのだが直せる?
仕掛けを吸いこむイライラ穴への有効な対策ってないかな
かみやの無料乗船券が3枚。年内の釣行プランを考えないと
週末はマダイ、イシダイ、クロダイのダイ三元を狙ってみる
「月下美人ランディングポール」でデカハギ用のマイタモを!!
異次元O塚工房作カイメイ改タチウオSPが完成。匠の仕事♪
手で引っ張ればすぐ分かった太刀メタルに結びコブはダメ!!
太刀メタルに結び目NGかフグに負けたか検証方法ないかな
かみやカワハギ大会はまたも時化海。心以外の準備は万全
カワハギ用のハリスにチタンコートされたフロロ「TiNICKS」
感度も強度も期待できそう。太刀メタル仕掛け愚策入りかも
もしかして…日曜はカワハギ時化チョメフラグ立ってない!?
連日マダイ絶好調。アミ五目でイシダイ多数……悩ましいぞ
週末はTKBの次になんとかしたいかみやカワハギ大会だよ
アブのトートバッグが45%オフで1900円。買っちゃおうかな
針を忘れて反省。小型ランガンシステムBOXをカワハギに!?
毎年末の運試し。一之瀬丸感謝デー釣り大会が予約開始に
フグ対策に太刀メタルでカワハギの仕掛けを作れないかな
フィーリング船長とこに江戸前カワハギのおかわりに行くか
八景沖にも5キロとか3キロのマダイがいると知ってびっくり
TKBのエントリーカードが到着!! 今年もチーム・伝寿丸で
3連続で時化はさすがに…午前アミ五目でサクっとシマダイ
カワハギ釣りの小物は増える一方で減ることってないよねw
ライジャケが黄色い尻尾型から普通のベルト型になったよw
「マダイ船でイシダイ好調」を信じるべきか疑うべきかで悩む
異次元O塚工房にカイメイ改タチウオSPの製造を依頼したよ
覚悟を決めてアサリ剥き……もしかして……中止になるのぉ

著者: へた釣り