イソメは長く、サビかない…シロギス釣りは進化している?

イソメは長く、サビかない…シロギス釣りは進化している?子供たちからのキス天食べ放題リクエストに応えるために8年ぶりにシロギス釣りを再開させてみたが、その昔に教わったり練習したりした釣り方と最近の釣り方が全く違って戸惑っている。イソメは長く1匹付け、オモリを引きずって(サビいて)釣ってはいけないなど勝手が違いすぎる。

やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹船からのシロギス釣りは投げ釣りの遠投が不要なものと定義していた。百メートルも先の仕掛けを操作するわけでなないので、投げ釣りよりも細かい誘いはできるが基本は同じと考えていたがどうやら全く違う釣りと考えた方がよさそうだ。今回、指摘されて一番驚いたのは餌の付け方。一口でシロギスの口に吸い込んでもらえるようにタラシは長くても3センチくらいまでと覚えていたのだが、「イソメは1匹まるつけ」とアドバイスをいただく。最低でも5センチはタラシを取った方がよいそうで、場合によっては2匹付けることもあるそうだ。その方が大きいシロギスが釣れるらしい。

雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪投げ釣りからシロギス釣りを覚えたもので、最初のうちは竿を扇型に動かして常時オモリで底を引きずって釣っていたが、アンダーハンドでのキャストなのですぐに船下にオモリが来てしまうし、ラインが投げ釣りに比べて立っているので誘い方を変えた。海底で天秤が小刻みに揺れているのをイメージして、竿をチョンチョンと動し、魚信を待つ。魚信がなければオモリを引きずって位置を変えて再びチョンチョン。オモリを引きずったときに立つ砂煙がシロギスを寄せると考えていたが、「引きずったら釣れません」と最近指摘された。オモリの位置を変えるときは持ち上げて落し直すのが正しいようだ。再着底するまでの間海底付近を漂っているイソメが強烈にシロギスにアピールするんだそうだ。


Twitter

2021年07月12日 16:10

« 【動画】誘って誘って魚いる?と疑うと釣れる地味すぎ展開 | メイン | 釣魚がさらに美味しくなりそうな「津本式計測マルチハサミ」 »

最近の気になる魚・物・話題の記事

TALEX断念し三代目釣り偏光グラスはJ!NSエアフレーム
土佐カブラの結びコブは二重ライン8の字5回ヒネリで
そろそろツ抜けくらいは…今週はカイワリプチ遠征に行く
次回シロギス釣りは根岸丸の船長室の下でやってみようかな
越冬シロギス大きいのはあれ? 小さいのは確かに!!なお味
第一精工の新製品が神がかってるレベルでいい気がするぞ
進化したタッチドライブ!! 新フォースマスター600欲しい
キャストしない越冬ギス狙いはベイトリールでよくない?
越冬ギスは胴突きで足元をじっくり。餌は長めでアピール
新谷丸のオニカサゴが良型出現率が高くアヤメカサゴ多数
キジハタってイワシメバルの細仕掛けで獲れるもんなの?
行けたかな?とは考えず温かくって幸せと今日一日過ごす
水深20mで釣れる越冬シロギスが好調と聞き気になりだす
ギンメダイ美味しいですよと急に言われた…美味しいの?
弓形テンビンは丸めて収納してはいけない…知らなかった
東京湾奥マコガレイは水温8度を切ると釣れ始めるらしい
冬の週末は寒すぎずがよい。暖かいと高確率で時化なのだ
釣りフェスティバル…これ見に行かなきゃって情報がない?
テーパービシだけすごくお高いのだがすごく軽く振れるの?
帽子を買ってあげたら初釣り連れて行けと妻に言われた話
イワシメバルの準備は大阪の釣具屋さんだと品揃えがよい
へた釣り家のお正月は紅白アマダイ入り白味噌のお雑煮で
世の中に何の影響もない2022年のへた釣り10大ニュースw
禁煙8年生のご褒美はタレックスの偏光グラスを狙っている
アマダイは酒蒸しが最高。冬のホウボウはお刺身で絶品
アマダイに天然貝ビーズが効いた気がするが…気のせい?
アマダイ3m3本針の仕掛けなら誘いすぎても大丈夫かな?
かみやで500円↑…乗船料も値上げの波がきちゃいそうだ
2022年の釣り納めはアマダイ再戦? 手堅くコマセ五目?
2022年の新防寒具はエクストリームハンドウォーマーにする
シロアマダイ2キロで約10万円。釣りたい…まじ釣りたい
アマダイ・オニカサゴで連敗…潮流れないときどうする?
ノーピク妻リハビリに小川丸の遠征コマセ五目がいいかも
伊豆釣り納めかお雑煮の具確保か…雨の予報に決めかねる
愛媛で養殖された「媛スマ」ってはどこで買えるんだろう
2022年のへた釣りの漢字は「伴」。いろんな人のお世話に
スマのぶつ&シマアジ刺しで来年こそは1キロと再戦を誓う
最近ラインのマークが見えにくいと思ってたら…眼鏡新調
連日の6キロ超えの大型シマアジにハリス10号にしようか
今週は1年ぶり5回目の白間津シマアジ。目標1キロ超え!
LTアジ→カイワリの間にコマセ五目を挟むべきだったか?
富戸&宇佐美の海の幸で宴。カイワリ刺しはやっぱり最高
オニカサゴにやっとありつけた。身が足らずメダイも鍋に
今週末は妻のカイワリまずは1匹チャレンジに行ってくる
内臓脂肪たっぷり久里浜沖メタボイサキがすごく気になる
ヤンマガ編集部にカメラもらう。しばらく静止画用に使う
時化で船べり低いと筋肉痛が…マイ手すりってありかな?
萬栄丸の早くキャビンへ対策に空の船バッグを持って行く
クロムツは何日目まで旨くなる? そもそも何日日持ちする?
2022年は高級魚三昧。今週末は富戸にオニカサゴ釣りへ

著者: へた釣り