伊豆・治久丸の船長&名人に聞いたオニカサゴの釣り方メモ

釣り物に困る1月がやってきた…今年はオニカサゴかなぁ~♪吹き流し仕掛けでの根魚釣りを実はやったことがなかった。根魚だから近くに餌を見つければ飛びついてくるだろと甘く見ていたせいで、ろくに釣り方を調べても行かなかった。治久丸オニカサゴ名人の釣り方を見、その魚信の多さに驚く。船長から教わったことも忘れないようにメモしておく。

★荒い根の上なのでタナはマメに取る。まずは底から50センチ切って

オニカサゴ:釣魚別インデックスヒラメ本命でオニカサゴはゲストという釣りであったため、海底が岩礁だったり、砂泥だったりしたが、荒い根のポイントでオニカサゴの魚信は出ていたように思う。マメに底を取り直さないとタナが狂ってしまうようなポイントにオニカサゴは潜んでいる。タナは潮の速さ、仕掛けの長さによって変わってくるのだろうが、船長に聞くと「底を50センチ切って」が基本らしい。根掛かりが頻発するようならタナを少しずつ上げていく。根掛かりしないなら錘が底をトントン叩くとこまでタナを下げていく。

★餌が海底付近で跳ねているような誘いを繰り返し、魚信を出していく

年末年始伊豆合宿 魚信なしで大迷走した末エソ1匹で終了餌は身餌をちょん掛けして針先を皮側に抜く。餌に食いついてきたらがっぷり食ってくれることが多いので、餌の付け方にさほど神経を尖らせる必要はないようだ。海中での餌のアピール度を上げるためにタコベイトを付けた方がと書かれているが、誘って魚信を出す名人流の方が面白そうなので、取りあえずなしで。名人流の誘い方の極意は、船長の説明によると、「餌が海底付近で跳ねているような動き」らしい。小さく鋭く竿を複数回シャクってしばし制止。魚信がなかったら大きく竿を持ち上げてタナを取り直す。ほとんど竿を止めず、ずっとこの動きを繰り返していたと思う。

★向こうアワセだが竿先が少し沈む前魚信が取れれば釣果アップ!?

釣り物に困る1月がやってきた…今年はオニカサゴかなぁ~♪ 誘いの上手さ=魚信の多さであるようで、名人の仕掛けは全長1.5メートルだった。竿の動きに追随して身餌を跳ねさせるにはこれくらいの長さの方がいいらしい。市販の仕掛けより短いので、詰めて使う。オニカサゴの前魚信は、「竿先が小さく曲がる」(船長)ように出るらしい。前魚信があったら誘いを止めて向こうアワセで十分に食い込むのを待つ。早アワセは厳禁で竿がグンッと持って行かれるまで竿位置キープ。針掛かりしたらオニカサゴが根から離れるまで5メートルほど手巻きで巻いてから中速で電動巻き上げオン。水圧の変化に強いので最後まで暴れるし、水面バラシもあるそうなので、大型はタモで取ってもらった方がいいらしい。

★しっかり口で持って尾ビレ以外のヒレの先端と頬周辺の突起を切る

年末年始伊豆合宿 魚信なしで大迷走した末エソ1匹で終了オニカサゴといえば、ヒレの毒に注意。尾びれ以外のヒレや突起には全部毒があると考えて対処した方がよさそうだ。口の中に指を入れてしっかりとカサゴ持ち。キッチンバサミを必ず持って行き、背ビレ、胸ビレ、尻ビレなど、尾ビレ以外のヒレの先端部は全部切り落とす。特に尻ビレは3枚におろそうとしたときに指に当たる可能性が高いので忘れずに切り落とす。顔周辺頬部にある小さな棘にも毒があるので、全部切り落としておく。お刺身で食べることを考えると本当は締めた方がいいのだろうが、あまり触りたい魚ではないので、そのまま海水氷に入れて氷締めかな? 生命力が強く低水温にも強いので、海水氷に入れても生き続けていてビックリ。



Twitter

2013年01月11日 19:04

« 釣り物に困る1月がやってきた…今年はオニカサゴかなぁ~♪ | メイン | 「リアランサーLTアジ」キタ━(゚∀゚)━!  そして旧竿はD.I.Y.修理 »

最近の釣りのお勉強記事

本線に結びコブを作らないで強度保つ枝ス三方編み込み改
良型率100%(今のところ)の土佐カブラのカイワリング
目標尺超え!! イワシメバル初体験に向け釣り方を調べる
目指せ半束…エビメバル手返し向上作戦を真剣に考えよう
ビギナー多数の激混みアジ攻略は短仕掛けと声かけかな
珍しく二連続で釣れた♪から長ハリスコマセマダイの備忘録
細ハリスクッションなしイサキはドラグにおまかせが正解?
群れが出入りする久里浜イサキはタナ決め打ちで粘り強く
女子のコマセ振りはちゃんと片手をリールの前に添えて2回
次こそツ抜けを! ヤリイカ釣行1回こっきりの人の備忘録
初めてのLTアジ(コマセ)釣りで覚えてから行くべき8つの事
クロムツ釣りは一度目の前にエサを通してから落として誘う
剣崎イサキが超低活性時にはシャクらない・教えない作戦
遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも
眉に唾少なめでOK。へた釣り印のカイワリ実績あり仕掛け
イシダイの聞き上げは本当に竿を持ち上げるだけでよいのか
きっとまた行く! 久里浜沖イシダイ五目の釣り方の備忘録
マダイ釣りでクロダイ釣れたらタナを1メートル上げるが定石
釣行後ほんの5分のひと手間でPEラインの寿命が半永久に
災害級の暑さでも元気に釣りできる猛暑対策グッズまとめ
糸の結び方は3つ覚えておけばマグロ釣らなければ大丈夫
潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す
カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?
仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える
動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す
考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解
ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録
潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018
剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け
コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○
初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ
クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?
もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ
やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる
束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ
剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事
イサキの追い食いは仕掛けの張りを意識してゆっくりと巻く
バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸?
今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ
深場のは買うのにウィリーは意地でも自作。へたのこだわり
「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ
なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ
2016年のカワハギ釣りはデカハギ天国にまた一歩近づけた
マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪
デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~
'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード
眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方
昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ
タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも
ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策

著者: へた釣り