あと一目で真性五目釣り達成!? LTウィリーで釣れた魚図鑑

あと一目で真性五目釣り達成!? LTウィリーで釣れた魚図鑑釣れる魚がトロピカルすぎて本当にここは東京湾なの?というビックリな釣果になった金沢八景・一之瀬丸LTウィリー五目。釣った魚でそれなりの大きさのモノは持ち帰ったのだが、本当に食えるのかどうかちょっと不安だったので、魚種を特定した。あと一目で真性五目釣り達成だった!?

真冬なのになぜかトロピカルで南国気分?なLTウィリー五目生物の分類は目・科・属で行う。マダイだとスズキ目タイ科マダイ属のマダイ。「目」という大きなグループの中の「科」という中分類に含まれる「属」という小分類に属する「種」である。つまり違う魚を五種類以上釣る五目釣りは正しくは五種釣りということになる。日本で釣魚として狙われる魚の大半はスズキ目に属し、5つの目に分類される魚を同じ日に釣るなんて芸当はなかなかできないに違いないと思っていたのだが……真性五目釣りは達成できる?

スズキ目タイ科キダイ属キダイキダイ(スズキ目タイ科キダイ属)。キダイと呼ぶよりレンコダイという通称の方が有名で、お正月のお頭付きの小ぶりのタイの塩焼きはキダイであることが多い。全長は30センチ以下で、マダイやチダイにある青い小斑点がなく、代わりに黄色斑があるため体色が黄色く見える。当然、お頭付きの塩焼きにして食べた。

スズキ目ハタ科アカイサキ属アカイサキ(♂)スズキ目ハタ科アカイサキ属アカイサキ(♀)
アカイサキ(スズキ目ハタ科アカイサキ属)。体型はイサキに似ているがイサキ科にではなくハタ科に属する。淡白な白身の魚のようでオリーブオイル炒めやバター炒めにして油を補った調理法が向いているようだ。オスは顔に黄色い斑紋があり、メスは真っ赤。船長いわく「オスの方が美味しい」らしい。見た目だけならメスの方が美味しそうに見えるんだけど、気のせい?

スズキ目シキシマハナダイ科シキシマハナダイ属シキシマハナダイシキシマハナダイ(スズキ目シキシマハナダイ科シキシマハナダイ属)。背中と尾びれがショッキングピンクで体は黄色……なんかルアーのような配色で釣った瞬間、リリース?と思ったのだが、「食えますよ」という船長の言葉を信じてキープ。白身でクセのない身とあるので、煮付けにして極彩色を醤油色で打ち消して食べようと思う。

スズキ目ベラ科タキベラ属キツネダイキツネダイ(スズキ目ベラ科タキベラ属)。これまた釣りあげた瞬間、えらいもん釣ったなぁ~と思ったのだが、この魚は本当に美味しいらしい。「1日おいてからお刺身で」(船長)というわけで、取りあえず刺身で挑戦してみたい。どうせなら皮ごと霜皮造り焼霜造りでと考えているのだが、魚を見た子供1号&2号から「パパだけ食べてね」と拒絶されてしまった。気持ちは分かる。

カサゴ目フサカサゴ科メバル属トゴットメバルトゴットメバル(カサゴ目フサカサゴ科メバル属)。属まで普段釣ったり食べたりしているメバルと同じなので安心感がある。体の色が少し薄くその分体表の班がはっきり見えるが、外見上はメバルと変わらない。料理法もメバルと同じ。刺身にするとメバルより脂のノリが悪いかな?という感じはするが、煮付けてしまえば、味に大差はない。

ヒメ目ヒメ科ヒメ属ヒメヒメ(ヒメ目ヒメ科ヒメ属)。独立した目を形成している。ヒメ目にはエソが含まれるので、小骨が多くて練り物しか料理法はないかなぁ~と調べていると、干物にしても悪くない味らしい。でも、干物はうまく作れないので、叩いて揚げてさつま揚げみたいにして食べてみようと考えている。和歌山県にはヒメを叩いて甘辛く煮る「とんとん」という郷土料理があるらしい。

マトウダイ目ヒシダイ科ヒシダイ属ヒシダイヒシダイ(マトウダイ目ヒシダイ科ヒシダイ属)。残念ながら釣れたサイズが小さかったのでリリースしたのだが、唐揚げや塩焼きにすると美味しい魚らしい。船長も「もう少し大きければ美味しいよぉ」って言っていたので、次に釣れたらサイズを問わず持って帰って試食してやろうと思う。というのも、水面に叩きつけても蘇生せずにカモメの餌になったので、それならへた釣りが食べても一緒。(注:ヒシダイはスズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属に分類され直したようだが、原稿のタイトルと矛盾するため見なかったことにw)

フグ目カワハギ科ウマヅラハギ属ウマヅラハギヒシダイの分類がちょっと微妙だが、スズキ目、カサゴ目、ヒメ目、マトウダイ目と四目釣りは達成していたことにしておく。残る五目目、へた釣りは残念ながら1匹も釣れなかったが、船中ではウマヅラハギが釣れていた。ウマヅラハギはフグ目カワハギ科ウマヅラハギ属。真性五目釣りは十分達成できる射程圏にある……って、次に挑戦するときもトロピカルな色の魚を狙う気になっていたりw



Twitter

2012年02月27日 17:53

« もう一度イワシの頭も信心から? 錘のスプレー塗装に挑戦 | メイン | オキアミの身を締めないと水深100メートルはつらいんじゃ… »

最近の気になる魚・物・話題の記事

明日から大阪。紅葉鯛のシーズンにはなんとしても明石へ!!
白間津のシマアジリベンジ!! 小さくてもいいから今度こそ!
リールを巻くときは騒ぐ!? 動画撮影&編集のあれこれメモ
ブログ初投稿はカイワリだった。動画初配信もカイワリに!!
蒸し暑い!! 熱中症対策に極冷白黒クマさんスプレーを購入
夏休み直前の凪の三連休舐めてた。一之瀬丸イサキ満船
頭、腕などいろいろ試してGo Proは胸のやや右寄りに装着
梅雨時は農作物の育ちが悪いほど魚は元気になるのかも
アルファタックルの船竿・フィールドモニターに応募しよかな
愛機スティーレより軽い!! ダイワのADMIRAが気になるぞ
YouTuberになるならんはおいといて動画配信やる気すっよ
ヤリイカ&北海道五目のイタズラ竿にグラスラム135Hどう?
「釣りスギ四平」という釣りYouTuberにすっかりハマってるよ
平日、雨の日参考記録だが一之瀬丸でもイサキ束超え出た
年に数度の白米の日。アナゴ丼はやっぱり最高にうめぇえ!!
予報見て仰天。明日のタチアジ無理なので…本日夜アナゴ
この時期、マダイよりチダイの方が美味しいような気がする
治久丸サイトダウンで釣楽でポイントもらえることに気付く
タチウオ釣りは麻雀の何を切るに似てる? 定石と奇手
カイワリの開き…「ぬふふふふ」なお味にはならず。残念だ
今週末はタチウオ。あ行しか喋れないアホな子になってくる
釣行前日もカイワリ好調。「へたさん来たら釣れない」悪夢が
マゴチって産卵(釣れない時期)始まった? まだ大丈夫?
イサキもタチウオもマダコまで絶好調でカマスも始まったとさ
絶好調ではないが宇佐美沖のカイワリ五目は好調をキープ
父の日にTHE NORTH FACEのラッシュガードをもらえたよ
俺が行く前に終わってしまうのだろうがカイワリが絶好調だ
イサキ2戦でハリス切れ2回、針伸び1回。どう対処するの?
釣行日は他の船の釣果は見ないというルール破ってトホホ
イサキ、アナゴ、イワシ…「梅雨の水を飲む魚」というらしい
土曜は時化で×。日曜なら…イサキ? カイワリ? LTアジ?
ヘリソプスレインシューズはお店のツルツル床にとても弱い
宇佐美でカイワリに混じってヒメダイ。ウィリーに反応いい?
かみやメバル大会サイトにへた釣りの写真…でも、行けないの
潮澄んで剣崎沖イサキ初日は不調。洲の崎用に電動かな
一之瀬丸イサキは釣況次第で沖の瀬への遠征ありみたい
北海道遠征堤防編はクロソイに挑戦。何リグがいいのかな
もういくつ寝ると剣崎沖イサキ解禁!! 今年はどうかなぁっと
速潮対策に+20号の増しオモリ検討。PE1.5で大丈夫かな!?
夕方にカイワリ追加のアテは外れたが豪華食卓になりそう
「いい反応…」愚痴が聞こえたら細ハリスで。明日はカイワリ
シマノ神対応? ソリッド交換頼んだら#1丸々新品に交換
「最強!釣りバカ対決!!」リールの持ち方を何故指導しない
釣りというより梅雨時の散歩用? 防水靴下を即決で購入
今年一番の大雨を物ともせず。中国製防水シューズいいぞ
明石からアコウ(キジハタ)船出てる? しかも今がシーズン
茨城・平潟港に行けば干物最強魚のキチジが釣れると知る
妻のそろそろ付き合ってあげても…にアカクラゲいつまで!?
カイワリ竿頭で21匹、18匹…爆発してるのに…大阪行く週!!
ダイワ「穴釣り専科」ラインは船のリーダーや仕掛けにも?

著者: へた釣り