アマダイに天然貝ビーズが効いた気がするが…気のせい?

アマダイに天然貝ビーズが効いた気がするが…気のせい?アマダイの仕掛けを全長や針数も含めて見直し中だ。アマダイのやる気感じず…なんとか雑煮の具&ステッカー釣行では、何をやっても魚信を出せないのでイタズラで付けてみた天然貝ビーズが効いたような気がするのだが、気のせいだろうか? 釣れる気がするので次もきっと使う。

アマダイに天然貝ビーズが効いた気がするが…気のせい?全長3メートルの3本針仕掛けは何種類か用意してあったが、枝スを35センチと少し長めにし、各針に天然貝ビーズと真鯛フロートを付けた物に仕掛けを変えると魚信が出るようになった。この手の装飾系パーツは「なんとなく釣れる気がする」のが大事だと思っており、絶対的な物ではなく、自分だけの流行り廃りが繰り返されるものだと思う。アマダイに関しては最近、小さなルミックダンサーを使うことが多かったが、深場の勇者様から「こういうのを付けていると掛かり所が悪いよ」と指摘され、実際に抜き上げバラシをしたせいで一気に廃れてしまった。代わりに付けてみたのが天然貝ビーズ。たまたまかも知れないが、渋い中で4匹釣れたのでアマダイ釣りには天然貝ビーズと刷り込まれた。いい確率で気のせいだろうけど…今の流行りは天然貝ビーズ


Twitter

2022年12月27日 18:10

« 【動画】演技しろと言われてもあんな嬉しそうな声出ないよ | メイン | アマダイは酒蒸しが最高。冬のホウボウはお刺身で絶品 »

最近の気になる魚・物・話題の記事

TALEX断念し三代目釣り偏光グラスはJ!NSエアフレーム
土佐カブラの結びコブは二重ライン8の字5回ヒネリで
そろそろツ抜けくらいは…今週はカイワリプチ遠征に行く
次回シロギス釣りは根岸丸の船長室の下でやってみようかな
越冬シロギス大きいのはあれ? 小さいのは確かに!!なお味
第一精工の新製品が神がかってるレベルでいい気がするぞ
進化したタッチドライブ!! 新フォースマスター600欲しい
キャストしない越冬ギス狙いはベイトリールでよくない?
越冬ギスは胴突きで足元をじっくり。餌は長めでアピール
新谷丸のオニカサゴが良型出現率が高くアヤメカサゴ多数
キジハタってイワシメバルの細仕掛けで獲れるもんなの?
行けたかな?とは考えず温かくって幸せと今日一日過ごす
水深20mで釣れる越冬シロギスが好調と聞き気になりだす
ギンメダイ美味しいですよと急に言われた…美味しいの?
弓形テンビンは丸めて収納してはいけない…知らなかった
東京湾奥マコガレイは水温8度を切ると釣れ始めるらしい
冬の週末は寒すぎずがよい。暖かいと高確率で時化なのだ
釣りフェスティバル…これ見に行かなきゃって情報がない?
テーパービシだけすごくお高いのだがすごく軽く振れるの?
帽子を買ってあげたら初釣り連れて行けと妻に言われた話
イワシメバルの準備は大阪の釣具屋さんだと品揃えがよい
へた釣り家のお正月は紅白アマダイ入り白味噌のお雑煮で
世の中に何の影響もない2022年のへた釣り10大ニュースw
禁煙8年生のご褒美はタレックスの偏光グラスを狙っている
アマダイは酒蒸しが最高。冬のホウボウはお刺身で絶品
アマダイに天然貝ビーズが効いた気がするが…気のせい?
アマダイ3m3本針の仕掛けなら誘いすぎても大丈夫かな?
かみやで500円↑…乗船料も値上げの波がきちゃいそうだ
2022年の釣り納めはアマダイ再戦? 手堅くコマセ五目?
2022年の新防寒具はエクストリームハンドウォーマーにする
シロアマダイ2キロで約10万円。釣りたい…まじ釣りたい
アマダイ・オニカサゴで連敗…潮流れないときどうする?
ノーピク妻リハビリに小川丸の遠征コマセ五目がいいかも
伊豆釣り納めかお雑煮の具確保か…雨の予報に決めかねる
愛媛で養殖された「媛スマ」ってはどこで買えるんだろう
2022年のへた釣りの漢字は「伴」。いろんな人のお世話に
スマのぶつ&シマアジ刺しで来年こそは1キロと再戦を誓う
最近ラインのマークが見えにくいと思ってたら…眼鏡新調
連日の6キロ超えの大型シマアジにハリス10号にしようか
今週は1年ぶり5回目の白間津シマアジ。目標1キロ超え!
LTアジ→カイワリの間にコマセ五目を挟むべきだったか?
富戸&宇佐美の海の幸で宴。カイワリ刺しはやっぱり最高
オニカサゴにやっとありつけた。身が足らずメダイも鍋に
今週末は妻のカイワリまずは1匹チャレンジに行ってくる
内臓脂肪たっぷり久里浜沖メタボイサキがすごく気になる
ヤンマガ編集部にカメラもらう。しばらく静止画用に使う
時化で船べり低いと筋肉痛が…マイ手すりってありかな?
萬栄丸の早くキャビンへ対策に空の船バッグを持って行く
クロムツは何日目まで旨くなる? そもそも何日日持ちする?
2022年は高級魚三昧。今週末は富戸にオニカサゴ釣りへ

著者: へた釣り