ノーピク妻リハビリに小川丸の遠征コマセ五目がいいかも

ノーピク妻リハビリに小川丸の遠征コマセ五目がいいかも妻ノーピクで闇墜ち&僕もカイワリ2匹だけでデート失敗釣行ですっかり釣りに懲りてしまった妻1号。無理に誘うと更に臍を曲げそうなので、しばらく様子見の予定だが…大津港・小川丸の遠征コマセ五目がいろんな魚が釣れていて楽しそう。これなら妻も機嫌を直してくれそうな気が…。

妻ノーピクで闇墜ち&僕もカイワリ2匹だけでデート失敗久里浜沖のイサキが脂ノリノリで超絶美味という噂を聞いて、久里浜沖でイサキを狙っている船をチェックしていたが、白間津シマアジイサキが釣れてしまい釣果の大半がイサキという釣りは行く気がなくなってしまう。イサキも釣れて、もっといいほかの魚も期待できそうな小川丸の遠征コマセ五目がなんだかすごく楽しそうに見える。イサキ以外にワラサ・イシダイ・ショゴ・カワハギなど多彩な魚が釣れている。さらに後半は深場のポイントでアマダイ狙いの時間もあるようだ。これなら妻だってノーピクということはないはずだし、コマセ釣りのステップアップにちょうどよさそう。久里浜沖でイサキが釣れているうちがチャンスだと思うが…どうやって誘うかな~。


Twitter

2022年12月16日 15:40

« 伊豆釣り納めかお雑煮の具確保か…雨の予報に決めかねる | メイン | 誘うとキダイもサバも食わない海にこてんぱんにされたよ »

最近の気になる魚・物・話題の記事

南房総富浦・日の出ボートのシロアマダイ出現率すごいかも
釣果撮影の魚の背景に!! 魚に優しいタオルメジャーほしい
シマアジ・カイワリ用にオーナー「味×ベイト」が気になる
オキアミの保管に便利な冷凍庫を子供1号の彼氏からもらう
当たり前だった毎週末の釣行を許さない体調に鬱になりそう
今度はかかとに痛風発作が!!と思ったら足底筋膜炎みたいだ
プリン体のこと考えるとアマダイは安心して釣れるし食える
365nmなら安いブラックライトでもアニサキスライトに?
1000円以下中国製釣り針結び器…信じていいもんだろうか
予期せぬ出船中止にやることないおじさんになってしまった
尿酸の不安が払拭できるまで冬用サンダルで釣行しようかな
マハタ&イシダイ狙いでいなの丸コマセ五目行ってみよかな
土曜は時化で日曜は山手線運休…今週おいで~とカイワリへ
アマダイは45で大満足、40で満足。それ以下は次こそは…
痛風サンダルの修理間に合った!! 発作悪化だけは回避かな
オキアミ加工に富山の「白えび万能塩」がバカによく見える
今週末は宮川港・二宮丸から紅白アマダイ仕立てに行く予定
えいあん丸の色付きアマダイステッカーをもらいに行きたい
1カ月前には尿酸8.0…なのに痛風発作は続くよいつまでも♪
痛風対策でちょっとずついろんなアジの料理を作ってもらう
痛風サンダルが…要修理に明日は久しぶりに防水シューズで
食べられないと美味しい魚が集まる? キチジ(メンメ)鍋
三連休だから行ってあげてもいいそうで…今週は釣りデート
カイワリ刺し&クロムツ炙り…このリレーってできないかな
スペクトロンセンサーの使い途がマジで分からんのだが……
スペクトロンセンサーのカイワリウィリー仕掛けデビュー戦
「釣り人万歳」放送前に最近好調なカイワリに行っておこう
半身ずつ食べると15匹は1月分!? ちょい早いが食べ始める
クロムツ熟成待ちながら絡みにくい仕掛けをあれこれ考える
楽しみすぎて寝られんかった。おかたずけバッカン持ってく
明日の半夜クロムツ後半は北風9m。着ていく服が悩ましい
オモリ200号程度なのにPE5号・6号指定なのって何故なの?
土曜夜凪予報に喜々として半夜クロムツの仕掛の準備を開始
清蒸は面倒と拒否られたのでアカハタの塩煮・煮付け・刺身
宇佐美のカイワリがへたさん来たらな気がして仕方がないぞ
アカハタの枝スは良く動く短め? スローに誘える長め?
足への負担が少なそうという理由でえいあん丸のアカハタへ
締め付けなしの痛風悪化対策済みのフットウェアできたかも
酒蒸し&兜焼きを食べると今年もアマダイ頑張ろうと決意が
釣行すると痛風が悪化するのは防水靴のせいかもと気づいた
ノーベル賞級? イグノーベル賞?な「丸呑みスピン48」
デカアマ(できれば白)狙いの特餌に鮭皮ってなしかなぁ?
今週は珍しくオキアミで釣る。大中小に分けグルタミン酸で
カゴカマスの塩焼きは釣魚焼き魚部門で結構上位だと思うぞ
今年こそ秋のシロギスXデーを当てたいのだが…まだかな?
「ハヤブサ プロバリュームツ金 10号」が売ってねぇ~~~~
ダイエット中の船上の昼食用に低糖質パンを注文してみたよ
天ぷら美味しかったから今週もえいあん丸からシロムツ釣り
またか~。これ互換の中国製の安いホイールってないかな?
メヒカリ&シロムツ天は天丼のたれで美味しくいただいたよ

著者: へた釣り