キャスト後誘いやすいチョイ長めのキス竿ってありかな?

キャスト後誘いやすいチョイ長めのキス竿ってありかな?散歩中や入浴中に、ぼんやりと釣りの攻略法を考えるのが好きだったりする。9月末から11月前半にXデーがやってくると信じて、重点攻略対象になっているのがシロギス。船下の釣りはなんとか様になってきた気がするので、次はキャストして探る釣りを覚えたい。チョイ長めキス竿ってあり?

キャスト後誘いやすいチョイ長めのキス竿ってありかな?キャストといっても思いっきり投げると仕掛け絡みが増えるので7割くらいの力で軽く投げて着水前から軽くサミングすることで、飛距離よりも絡まないことを重視している。遠くに飛ばしているわけではないが、それでもラインは斜めになる。投げ釣りと同じ要領で底をゆっくり引いてくることで魚信が出るなら問題ないが、それでは魚信が出せないときにオモリを海底から浮かして餌を持ち上げて落すことでシロギスにアピールしたい。これがなかなか上手くできない。竿を下ろしてラインを張ってから少し速めに竿を持ち上げてオモリを跳ね上げようとしているのだが……。竿がもう少し長ければ大きく誘いやすいかもと調べてみると、「極仙船キス 210ML」という竿を見つける。30センチ長くなれば仕掛けを動かしやすくなると思うが…キャストしにくくなるだけ?


Twitter

2022年09月01日 16:39

« 台風があっち行ったのでカイワリ&カンパチプチ遠征行く | メイン | メインポイントはほかの人がカイワリ釣るまでカブラでやる »

最近の気になる魚・物・話題の記事

偏光グラスなしで釣りする人…目は大丈夫なんだろうか?
バイトを弾いてズレないなら「リアルオキアミワーム タフ」
40cm超えるとアマダイの身の甘みは跳ね上がる気がする
お雑煮味噌が残っているから今週はかみやからアマダイへ
カイワリ刺し・チダイ鍋・カゴカマス開きで宇佐美を味わう
2023年のメバルは2/18の長井沖イワシメバルで開幕予定
TALEX断念し三代目釣り偏光グラスはJ!NSエアフレーム
土佐カブラの結びコブは二重ライン8の字5回ヒネリで
そろそろツ抜けくらいは…今週はカイワリプチ遠征に行く
次回シロギス釣りは根岸丸の船長室の下でやってみようかな
越冬シロギス大きいのはあれ? 小さいのは確かに!!なお味
第一精工の新製品が神がかってるレベルでいい気がするぞ
進化したタッチドライブ!! 新フォースマスター600欲しい
キャストしない越冬ギス狙いはベイトリールでよくない?
越冬ギスは胴突きで足元をじっくり。餌は長めでアピール
新谷丸のオニカサゴが良型出現率が高くアヤメカサゴ多数
キジハタってイワシメバルの細仕掛けで獲れるもんなの?
行けたかな?とは考えず温かくって幸せと今日一日過ごす
水深20mで釣れる越冬シロギスが好調と聞き気になりだす
ギンメダイ美味しいですよと急に言われた…美味しいの?
弓形テンビンは丸めて収納してはいけない…知らなかった
東京湾奥マコガレイは水温8度を切ると釣れ始めるらしい
冬の週末は寒すぎずがよい。暖かいと高確率で時化なのだ
釣りフェスティバル…これ見に行かなきゃって情報がない?
テーパービシだけすごくお高いのだがすごく軽く振れるの?
帽子を買ってあげたら初釣り連れて行けと妻に言われた話
イワシメバルの準備は大阪の釣具屋さんだと品揃えがよい
へた釣り家のお正月は紅白アマダイ入り白味噌のお雑煮で
世の中に何の影響もない2022年のへた釣り10大ニュースw
禁煙8年生のご褒美はタレックスの偏光グラスを狙っている
アマダイは酒蒸しが最高。冬のホウボウはお刺身で絶品
アマダイに天然貝ビーズが効いた気がするが…気のせい?
アマダイ3m3本針の仕掛けなら誘いすぎても大丈夫かな?
かみやで500円↑…乗船料も値上げの波がきちゃいそうだ
2022年の釣り納めはアマダイ再戦? 手堅くコマセ五目?
2022年の新防寒具はエクストリームハンドウォーマーにする
シロアマダイ2キロで約10万円。釣りたい…まじ釣りたい
アマダイ・オニカサゴで連敗…潮流れないときどうする?
ノーピク妻リハビリに小川丸の遠征コマセ五目がいいかも
伊豆釣り納めかお雑煮の具確保か…雨の予報に決めかねる
愛媛で養殖された「媛スマ」ってはどこで買えるんだろう
2022年のへた釣りの漢字は「伴」。いろんな人のお世話に
スマのぶつ&シマアジ刺しで来年こそは1キロと再戦を誓う
最近ラインのマークが見えにくいと思ってたら…眼鏡新調
連日の6キロ超えの大型シマアジにハリス10号にしようか
今週は1年ぶり5回目の白間津シマアジ。目標1キロ超え!
LTアジ→カイワリの間にコマセ五目を挟むべきだったか?
富戸&宇佐美の海の幸で宴。カイワリ刺しはやっぱり最高
オニカサゴにやっとありつけた。身が足らずメダイも鍋に
今週末は妻のカイワリまずは1匹チャレンジに行ってくる

著者: へた釣り