横須賀メバル好調そうなので北風・曇天の日にもう1戦したい

横須賀メバル好調そうなので北風・曇天の日にもう1戦しよストラクチャーに寄せて釣るのではなく沖で群れを直撃して一荷を狙う猿島沖のメバル釣りが面白かった。釣果を追っていると天候や潮色によって凸凹はあるが条件が整えば力強い引きが楽しく煮付けにして最高なメバルばかりを狙って釣れている。北風・曇天の日にもう1戦したい。

春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪潮が澄むとメバルはハリスを見切ってしまうので釣果が悪くなる。東京湾の潮色は北風が吹けば濁り、南風が吹くと澄むという傾向があるので、何日か北風が続いて釣行当日は凪というのが理想。濁りと同時にもともと夜行性のメバルは海の中が暗いほど底から離れて積極的にエサを追う。曇天から小雨くらいの日の方がよく釣れる。爆釣フラグにこだわると考えすぎて行けなくなってしまうが、なるべく条件のよい日を選んで、25センチアップの煮付けサイズのメバルを家族分(4匹)釣るのを目標に今季はもう1戦したい。前回はストラクチャー際を釣るときの癖で、捨て糸部分を詰めて下針を底に近づけたが、次回は浮いているメバルに狙いを絞って釣ってみたい。


Twitter

2021年04月14日 15:09

« 同じサイズならキンメよりチカメキントキの方が美味いかも♪ | メイン | 小網代・新谷丸のオキメバルの釣果がなんだかすさまじい »

最近の気になる魚・物・話題の記事

妻のアジ釣り新ミッション。北海道の師匠に干物をお届け!
頸動脈を冷やす「ネッククーラー&ヒーター」気になるかも
妻のLTアジ手返し向上のために第一精工マルチスタンド130
攻める水深は100m前後で残量は130m…巻き替えるべきかな
今週は日曜湾奥限定…アジ? シロギス? メバル?の三択
イワシメバル用にG-HARD V2メバル10号。尺でも折れない?
今月末からイワシメバル・新島キンメ・剣崎イサキと大忙し
キス天食べ放題…ピンギス混じりだと40匹は釣らないとダメ
〇金オキアミ…値上げ。まだまだ上げるって1000円超えも?
キス天食べ放題リクエストに応えGW3戦目はシロギスに行く
ランダム枝ス長ウィリーで多彩な魚を攻略できるか実験する
ボウズ・オデコは卦もないから…ホゲるって何が語源なの?
イワシのついでに夜メバルも初体験済ませておくかと画策
GWは遠征ウィリー、LT深場、アジ・シロギスで3戦したいが…
宇佐美ウィリー五目の極上お刺身五種盛りと蒼空で舌鼓を打つ
GWは電車が混むので今週の釣り物は一択でカイワリプチ遠征
DIY修理案件。アジ竿はできた気が…アジビシは無~理~
お好み焼き粉で作るメバルのフリット風が激ウマでとまらん
ビビリすぎてシロギス船決められず今週はエビメバルに行く
ネットで在庫なしだから釣具屋行くがアジ竿売ってない
台風1号のウネリで今週は日曜に湾奥限定になりそうな……
ライトゲームBBのダメ元修理。グラスソリッドで継いで固定
妻&子供用アジ新竿はどれかな…微妙に値上がりしてる?
網が破れてコマセ出すぎる。針金買えば修理できるかな?
「釣りまか」でキジハタ釣ってたけどポイントどこなんだろう?
妻に釣り方を教えてもらいながら半日アジツ抜けチャレンジ
メバル用替え針のストック法をストロー2本で改良してみたぞ
イワシメバルなら7匹中5匹が煮付けサイズと知り心動くが…
メバルの煮付けお皿に2匹ずつ乗っていて…ぐっすんとなる
お気に入りのStreamTrailのトートが廃番に…次はどれを?
金曜は雨&時化で横須賀メバルは土曜が実質解禁日に?
猿・ベイブリ・下根…走水以外にもブランドアジがあるの?
大アジ狙いには枝ス30センチと長い方がいいんだろうか?
遠征ウィリーかメバル・アジの春のひねもすリレーかで悩む
木更津~中ノ瀬のシロギスは昨年より模様がよさそうな気が
舞網工房の食い込み抜群&口切れ減る大アジ竿欲しいぞ
小網代港・新谷丸のサビキで狙うオキメバルが気になるぞ
日曜午後に湾奥限定なら……釣りに行ける? 無理かな?
4月の横須賀沖メバル解禁に向け大阪での買い出しが成功
三連休は釣りお休みして大阪へ。メバル針売ってるかな?
青い船は居心地よしのジンクスがある。走水は高司丸かな
やべ…えいあん丸のステッカー欲しさに無駄な釣行しそうだ
ヤリイカに嫌われるのはダラダラ動かしているからみたいだ
焼津・那閉神社の大漁釣守り(イカ)…これに頼るしかない
急遽お誘いされて明日はヤリイカ今季開幕戦にして最終戦
ホームレス怪魚ハンターフジコス…釣具どうしてるんだろ?
一之瀬丸が事実上の値上げ。これもロシアのせいなのか?
コレ食うために釣りしてる。25upカイワリのお刺身は超絶品
大アジにハリス3号は不要だが1.5号では不安なんだけど…
日曜なら可能性ありだからカイワリプチ遠征。保険もありで

著者: へた釣り