カイワリ終了間際によく釣れるアカアジ…美味しい魚みたい

カイワリ終了間際によく釣れるアカアジ…美味しい魚みたい2月11日も、3月7日も宇佐美沖カイワリ釣行で最後に釣れたのはアカアジだった。体形はマアジに似るが尾びれがうっすらと赤いし、尾の付け根に小離鰭があるのでマアジではないと分かる。カイワリがいるので持ち帰る必要はないだろうとリリースしていたがレアだし美味しい魚みたいだ。

前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!小離鰭があるということはマアジ属ではないはずだが、マルアジよりも体高がありマアジの近似種に見える。調べてみるとムロアジ属の魚だった。東シナ海、南シナ海で主に生息するようだ。ムロアジ属ではあるが、血合は少なくきれいな白身でお刺身にすると旨味があって美味とある。レア魚の味の評価で最も信用できる「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」では星5つで「究極の美味」と格付けされているだけでなく「アジ科魚類中でもトップクラスの味」と紹介されていた。星5つはシマアジやマアジと同じ格付けで、カイワリの星4つよりも高評価。これリリースしたらあかんやつやん!と気づいたが時間は巻き戻せない。今度釣れたら絶対に持ち帰ろうと決める。


Twitter

2020年03月10日 17:00

« カイワリのお刺身特盛&お気に入り日本酒「文佳人」で祝杯 | メイン | 「このところ絶好調ですね」と言われて気づく。今年は好調だ »

最近の気になる魚・物・話題の記事

黒潮離れてヤリイカやクロムツチャンスなのに…天気がぁ!
携帯酸素スプレーと袋の活きイカパックセットが3000円で
タコはや~めたなはずだけど「タコ釣りボール」が気になる
イカの仕掛け巻きは「徳光 大漁仕掛け巻き イカ角」が簡単
小網代の新谷丸のクロムツが7時半出船なので間に合う!!
治久丸カイワリがアマダイリレーになっててすごく気になる!!
アオイソメの祟りで指の腹がピリピリ。アレルギーなのか?
オニカサゴは洲崎~沖の瀬まで行ったら期待できるかな?
「なかなかテクニカル」と言われて冬シロギスを一夜漬けだ
波・風でキンメムツの初釣りは無理かな。湾奥でサクッと?
ヤリイカ仕掛け巻きの決定版(掛け枠除く)はないのかな?
昨年は小ぶり主体だったアマダイが年が明けると巨大化?
初釣り前に緊急事態宣言の可能性大って…いきなりか~い
世の中に何の影響もない2020年のへた釣り10大ニュースw
年越し旅行に忍ばせるこっそり穴釣りタックルの準備完了♪
~250号の竿に300号のオモリでクロムツ狙いって大丈夫?
釣り納めの目標は紅白アマダイ西京漬け入り白みそお雑煮
祝♪「スローループ」TVアニメ化。関東船釣りもちょっとあり
ベアリングの掃除&グリスアップ用の専用ギア欲しいかも
ノブは換えてもS-ARBのベアリングは換えないのが正解?
オシアコンクエストのハンドルノブ換装。めっちゃ軽いかも
質問:イカ釣りで中オモリ効果で糸を立てるって何のこと?
ヤリイカ幹糸…ヨリチチワは断念。買った方が安い気がする
オシアコンクエストのスプールが取り外せるとやっと気づく
握り直しが多いので金ピカリールのハンドルノブ交換したい
2020年のへた釣りの漢字は「粛」。行動の前に考えるように
シマアジ…待ち20秒だからウィリーやめてエサが正解か?
CX攻技ヤリイカなら6000円かぁ~釣り比べ用に買うか悩む
干物に続いてグローブまで…ハクビシン撃退を本気で検討
今度こそシマアジ! 「オシア コンクエスト」のドラグ調整する
宇佐美沖刺身五種盛り。カイワリ抜群、焼肉たれは反則だ
二代目GoPro7絶対に落とさないようにクリップを二重化した
俺、イカじゃないからどのツノが美味しそうか分からねぇよ!!
2020年も残すところあと3釣行。今週は伊豆の釣り納めかな
スルメイカ釣って気づいた。俺、タコとマルイカは無理だっ!!
1匹2匹だけでも泳ぎイカで食べたいからポンプを持っていく
イカ袋に指サック、歯ブラシ…初めては何か忘れてると不安
ヤリイカはゆっくり誘い上げ&ストンと誘い下げでいいのか
今週末は絶賛イクイク詐欺中のヤリイカの予定なのだが…
妻がアジ30匹チャレンジに成功したらご褒美はXシートの竿
いい夫婦の日釣行は強風で断念。行けるとしたら月曜午後
白間津・海正丸のシマアジ始まった? 金ピカリールを撫す
「日曜凪そう?」何度も訊かれて…2週連続妻と午後アジへ
ケモノにやられてアジの干物全滅…金属製の干網ないのか
竹岡カワハギトップこそ20匹台だけど船中は100匹くらい?
コチジャン&ニンニクで! イナダはユッケにしてみようかな
大潮だけどやる気があるうちに土曜は妻アジ30匹チャレンジ
アマダイの松笠揚げの松笠が開かないのだがなんでだ?
正月の旅行用にダイワ本気のこっそり竿「CP-X1」買いたい
治久丸カイワリ当日朝の出船取りやめ連絡にトホホとなる

著者: へた釣り