30センチ超えのサヨリが東京湾に。船では釣れないのかな?

30センチ超えのサヨリが東京湾に。船では釣れないのかな春サヨリのシーズンになり、30センチ超えのサヨリが東京湾に入ってきているそうである。堤防のサビキ釣りで何度か混じったことがあるが、この時期のサヨリはサイズもよく脂も乗っており刺身でも焼いても絶品だった。堤防からでは数が釣れないので船からサヨリ釣りってできないのかな?

サンマサイズのサヨリで作る大葉巻き焼きは絶品だった!サヨリの釣り方はコマセカゴとウキが一体となったサヨリウキという特殊な投げウキを使って表層を狙う。アミエビを撒いて寄せて釣る。最近では浦安釣法というコマセを撒いて待つのではなく、リールを巻きまがら誘って釣る方法が流行りのようだ。美味しい魚なので釣りたいが、堤防で釣れているという情報があっても週末アングラーの場合、釣行できたときは既に手遅れということが多く、サヨリを狙っての釣行というのは難しい。以前、羽田・かみや羽田沖で釣れていたカマスを狙ったKFC仕立て船が出船したことがあったが、サヨリでも出ないかな? 海面から1~2メートルくらいで食ってくる魚なので船釣りでやってもあまり面白くないのかな?



Twitter

2018年05月09日 17:00

« 夏になると眼球がジンジン。オーバーサングラスを108円で | メイン | 夜中に階段でこけて小指が…歩けないので釣りもできない »

最近の気になる魚・物・話題の記事

イイダコ束超えで釣れてる。ヤリイカの前にこっちからかな
ワームまっすぐ付けられて釣れそうUK JIGHEAD気になる
10メートルまでは釣り日和らしいが…凪そうな午後アミ五目
あらら…今週末はもしかして時化?? 日曜の午後なら?
カイワリ20匹超えかぁ~潮緩んだのは大潮→中潮だから?
「ラトリン・ボム」なるカワハギ用のオモリどこで買えるんだろ
秋の脂ノリノリお刺身は九州産の甘いさしみ醤油と相性よし
アジの針はマッチ・ザ・サイズ…ムツ針9号は必要なのか?
頭からバリバリ。南蛮漬けはやはり小アジの方が美味いぞ
今週末は妻1号八景沖LTアジ半日船30匹チャレンジ2戦目
サンゴ堂でイカ釣りプラ角5本で324円発見!! 確保するか
そうだよね~仕掛けの準備は余裕を持ってが基本だよね~
今週末は3連休ということは妻のアジ30匹チャレンジ2戦目
もらった釣りヤリイカを食べた子供たちから「釣ってきて!」
「快適フックビーズ デカ」は魚が餌を咥えると針が下向く?
明日は久々にかみやから。タチアジかな? カワハギかな?
台風さん勘弁してよ。今週末も釣りなしなのぉぉおおおお!?
相模湾にカンパチ襲来らしいが宇佐美沖には来ないのか?
サンゴ堂渋谷に移転してたのね。気になる製品買いにいこ
今週は釣りや~めたとなった理由が朝起きてすぐに分かった
大阪の用事は母の喜寿お祝い。仕事溜まり今週は釣り無理
明日は用事で大阪。フィッシングマックスなんば店行きたい
かみやのカワハギは9/22~。デカアイビーズで仕掛け作り
釣りにハマると食べなくなる魚がマグロのような気がするぞ
妻が「10月にも三連休あるね♪」。もしかして…悔しかった?
アジは安定して釣れるポイント、不安定なポイントがある?
妻1号が急に釣りに行くと言いだしたので仲良しLTアジ釣行
今年もあったよTKB。平和島上陸目指し伝寿丸から出るよ
相模屋カワハギ王決定戦めっちゃ気になる。でも佐島かぁ
いきなりMAXで巻けないのはリールのせい?電源のせい?
タチウオ仕掛けは凪はシンプル、時化は要チモトパイプかな
台風去っても風が止まない。午前だけタチウオ行ってくるか
上州屋・渋谷店10月末閉店。釣り具との偶発的出会いが…
伊東ハタ狙い船はアカハタ本命。大型ハタは鬼退治ゲスト
ヒラソウダのタタキ、イヤゴハタのお刺身、鍋…全部美味い
ヒラソウダとマルソウダついでにマアジとマルアジ見分け方
イヤゴハタ(たぶん)お刺身以外だとどうやって食べるかな
秋の半日船はアミ五目。五目という響きが魚信多そうで好き
カイワリの釣況次第で平成(今度こそ)最後のイサキ釣り?
妻1号が作り置きの肴に最高なイサキ南蛮漬けに開眼する
宇佐美でカツオ&ヒラソウダがカイワリに混じる。行こうかな
イサキ終了の儀式は断PE。毎年10メートルずつ切っていく
束釣れる気はしないが…イサキとのお別れを楽しんでこよう
きららフォワードで釣り女子漫画「スローループ」の連載決定
「快適フックビーズ デカ」で仕掛けを作るが何色がいいの?
平成(本当に)最後のイサキ釣りを決心したのに…台風めっ
観音崎以南の潮流予測できないのは東京湾固有の問題?
リールにも働き方改革!? オーバーホールキャンペーン開始
高い物ではない。主力テンビンは年に1度は新品に替えよう
VICIOUSVENOMの防水バッグが気なるが無料は怪しい?

著者: へた釣り