マハタ&イシダイ狙いでいなの丸コマセ五目行ってみよかな

マハタ&イシダイ狙いでいなの丸コマセ五目行ってみよかな腕が腕なので釣れすぎて困るなんてこと滅多にないが痛風がまだ怖いので今冬の釣り物選びの基準は美味しい魚を少しだけという方針で臨む。美味しい魚を少しずつ刺し盛りにできるのでは?と気になり始めたのが京急大津・いなの丸のコマセ五目。マハタやイシダイ、マダイが釣れる。

イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット全長3~4.5メートルの空針仕掛けでオキアミコマセで狙うようだ。タナ取りは海面からとあるので根周りを攻めるのだと思われる。昨年の出船で釣れていた魚を確認すると、イサキが賑やかしで数釣りできて、マハタやイシダイ、イシガキダイ、マダイ、クロダイカワハギ、ワラサ・イナダなどが釣れていた。マダイは専用の長ハリス仕掛けをと書いてあったので、マダイ狙いの時間帯があるのだと思われる。イサキなら釣れすぎればリリースできるし、船でもらってくれる人もいそうな気がする。ほかの魚はへた釣りの腕なら釣れすぎて困ることはまずない。年が明けても出船しているようだが釣況によってはコマセ五目ではなくマダイ五目になってしまう。いろんな魚を釣りたいなら年内がいいのかな?


Twitter

2023年11月17日 15:37

« 土曜は時化で日曜は山手線運休…今週おいで~とカイワリへ | メイン | 尿酸の不安が払拭できるまで冬用サンダルで釣行しようかな »

最近の気になる魚・物・話題の記事

夜メバル仕掛け回転ビーズの代わりにWハリス止めはあり?
父の日のプレゼント前借りに成功しメバル仕掛け製作が捗る
今年も文佳人 夏純吟と絶品カイワリ刺しにありつけたよ~
でっかいクーラー持ち宇佐美へ。目標5連続カイワリツ抜け
稲取沖アカムツはクロムツが存在感失うほど圧倒的に美味い
ラムネのような後口の夏純吟到着。今週はカイワリに行くよ
「アブソリュート32L」デカい重いで電車釣行には不向き?
アラにもクロムツにも目をくれず稲取沖の“アレ”に全集中♪
城ヶ島沖アカハタ船で上針2本はメバル狙いってありかな?
今週末は城ヶ島以西で9連敗中の“アレ”を稲取沖で狙うよ!!
初島沖カイワリ速潮対策は細ライン&スリムビシを勧めたい
GWあたりから東京湾居着きのアジは産卵期で食い渋るの?
GW第3戦は風で回避しキスアナゴ天ざるパーティでうぇ~い
アンカー入れる釣りの潮先予測苦手だけど…明日は舳有利?
回転ビーズ…無理。父の日はライト付きルーペおねだりする
シロギスやメバル仕掛けのサルカンが小さいのはなぜなの?
広島屋の夜メバルで良型メバルの姿を確認してうずうずする
夜メバルの餌実験にイサザ・シラウオ・イソメを3本針に!?
超絶美味な尺カイワリ刺し&贅沢の極み中型カイワリフライ
冷凍庫満員御礼につきGW第1戦はキンメ&クロムツで確定
キャスティングで船宿予約すると960ポイント還元される?
5/3・4かみやでショートキス→夜アナゴ可能♪ Xデー確定
40センチ級デカイワリ確変中♪ これは行くしかないよね~
日本海は寒ブリで関東は春ブリ? でも東京湾のワラサは秋?
アナゴシーズンインなんだけど…ストック5の案内ないよ~
14年使いさすがに…「アブソリュートフリーズ」検討する
夜なら湾奥でも? 広島屋が4/27より夜メバル乗合を開始
豊漁らしいのでホタルイカ1キロ買っちゃうのってありかな
春にマダイに混じるイサキも…ってこの魚いつが旬なんだろ
凪で釣り物選び放題。マゴチ・中深場・カイワリどれ行こう
シロアマダイ買うのにTHERMOS ソフトクーラーよさそう
4月なのにA5ランクベイブリアジ刺しのぬらぬら感ヤヴァい
東京湾がダメなら伊豆山・熱海第十喜久丸のメバル気になる
凪たらという約束通り今年初の釣りデートに行ってくるよ~
米粒大でも外れにくいように赤タンは塩で〆た方がいいの?
横須賀沖なら良型メバルいる!! 6月の夜メバルまで我慢かな
陸でくよくよするより海でつんのめるよ。走水大アジ釣りに
急流で筋肉質な走水のタコはアジと並ぶブランドで美味い?
3週間ぶりに釣りに行けるのに…風がなんだか微妙な感じだ
大漁旗掲げて釣具倉庫が“へたさんの釣りベース”に昇格した
中深場に限って針や親子サルカンを再利用していると気付く
シマノスタンプラリーでGoProに「UL GEAR CUBE」欲しい
下田と大阪でお休みしたから貧乏暇なし…今週は釣りもなし
瀬戸内真鯛の伝説的仕掛けと煽られリアクションバイトする
大阪食いだおれ&呑んだくれのツケで手の指が痛風にぃぃい
1戦くらいエビメバルやりたいが狙って釣れる魚ではない?
大阪ではシロアマダイが普通に市場で売られていてびっくり
お墓参りに大阪で今週末は釣りお休み。メバルの針仕入れに
熱海未活用魚で作った「ひみつの炊き込みごはん」気になる
どう食べても旨い1.5キロキンメ煮付けを独り占めする贅沢

著者: へた釣り