アオイソメの祟りで指の腹がピリピリ。アレルギーなのか?

アオイソメの祟りで指の腹がピリピリ。アレルギーなのか?釣っている最中には何の違和感もなかったのだが、家に帰り風呂に入るとアオイソメを触った左手の親指・人差し指・中指の腹がピリピリと傷むことに気づく。すぐ治るだろうと考えていたが翌日になってもまだ傷んだ。アオイソメの体液でアレルギーを起すことがあると聞くがそれかな?

初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白いアオイソメによるアレルギーについて調べてみると酷い人はアオイソメを触った部分の皮膚がめくれてしまうこともあるようだ。指がピリピリ傷むというのは最も軽い症状みたい。アレルギーというほど大げさなものではなく、アオイソメの体液で皮膚が少し荒れたくらいと考えてよさそう。アオイソメにはこれまでも触ったことはあるが、こういう症状が出たのは初めて。冬は皮膚が乾燥しているせいで荒れやすいと書いてあった。いわれてみれば厳寒期にアオイソメを触った経験、これまであまりなかったかも。ステロイド外用剤を塗ればピリピリは早く治まるみたいだがいくらかましになりそれほど気にならなくなったのであまり気にしないことにする。


Twitter

2021年01月12日 17:00

« 【動画】一年の計は初釣りにあり…と後出しで言ってみるw | メイン | 治久丸カイワリがアマダイリレーになっててすごく気になる!! »

最近の気になる魚・物・話題の記事

フィッシング・パラダイスのシマアジ用目玉ウィリー気になる
一之瀬サワラは「0~2匹」。とりあえず仕掛けを3種類作った
ハリス20号って…針の結び方が分からんので管付きを買う
日曜は凪だからサワラ予約のはずが…山手線が止まってる
尻ポケットの財布に手が…届かない。ガチな五十肩きた?
一之瀬丸でエサ釣りのサワラ船。これは行くしかないよね!
天秤買ったらオニカサゴ行きたい…えいあん丸間に合う!!
釣れる気するシマアジ用&オニカサゴ用のハイブリッド天秤
釣行した夜寝ていると足の甲がつるのだが…大丈夫か俺?
ワラサだけでなくイナダにも嫌われてる? アミ五目行くか
海中カメラアダプタ到着。スプリットリングに苦戦も準備完了
これを釣るために釣りしてる…カイワリ刺しはやはり最強だ
シマアジ!! サニー商事魚種別ハイブリッド天秤コンプしそう
凪ぎよし今週末は105日ぶりの宇佐美カイワリプチ遠征に♪
湾奥でサワラ&イナダ狙いのウィリー?五目…気になるぞ
アマダイは酒蒸し&松笠揚げ、キントキは煮付けて最高だ
アマダイ仕掛けは編み込み&ルミックスダンサー+フロート
アワビ貼りブレードは「KA ラトル集器」で代替できるかも?
台風が駆け足なおかげで日曜にアマダイ行けそうな気が…
潮流で回転しにくいカメラアダプタ…海中撮影の野望が再び
八景・久里浜三種盛り。安定のマダイ、大きすぎるアジは…
マグカツシーズン終盤は売ってるオキアミが小さくなる気が
走水沖タチウオ釣りにサワラが混ざっているのが気になる
妻&子供1号からのマダイおかわり要求に…また長ハリス?
緊急事態解除が見えてくると宇佐美の釣果が気になりだす
いつもの用事+母の傘寿お祝いで大阪なのだが…台風?
一之瀬丸カワハギは9/25~。竹岡は凸凹だけど良型多い?
マダイ昆布〆&焼き霜+アジで無理やり三種盛り…お鍋も
予備竿の穂先ガードに「SAKIMORI」が使えそうな気がする
アジもハリスが長い方が大きいのが釣れる? 美味だった
コレ!!という釣り物がなく今週は八景沖長ハリスチャレンジ
34センチのアマダイはお刺身には脂不足も酒蒸しで最高だ♪
脅威の刺さりに釣られはりよしのホタ針15号1年分オカワリ
バルケッタCI4+がU原工房長チューンモデルになって退院♪
アマダイ準備で尾切り…〇金オキアミ残量1になってしまう
チヌ針・マダイ針・丸海津…アマダイ用の針はどれが正解?
ホタ針の「ホタ」は和歌山や徳島でのアラの呼び名だと知る
お気に入りの「Snハリス止ビーズ」が最近手に入れにくいぞ
ワクチン2回目から2週間で抗体MAXだが9月は何釣ろうかな
3カ月アミコマセ食べ続け禁漁直前剣崎イサキは脂ノリノリ
イサキ・ワラサ、カイワリ・カンパチが電車釣行の容量限界
SHIBUKI保証書とともに釣れる気が増すお手紙をもらえた
剣崎沖のワラサ2.5~3.5キロだとイナワラサイズなのかな?
アニメ「スローループ」は来年1月から。聖地巡り流行るかな
タチウオ→アミ五目の豪華刺し盛りチャレンジが今週末から
フィッシュキャリーバッグ到着。ワラサ2匹+氷なら入るかも
カツオのたたきはプロが造った藁焼きの冷凍に限ると思う♪
長ハリス嫌いなので…ワラサって仕掛け6mも必要なのかな
コロナワクチン2回目接種。カンパチ間に合うといいのになぁ
どこ置く気?とワラサクーラー却下。トート型保冷バッグかな

著者: へた釣り