波を嫌って宇佐美遠征は来週。今週はマゴチに行くことに!!

波を嫌って宇佐美遠征は来週。今週はマゴチに行くことに!!予報を見ていると宇佐美へプチ遠征してカイワリを狙えそうな気もするが、治久丸は安全第一で波による出船中止の判断が厳しめ。午後船の中止の連絡は当日朝に来ることが多いので今週末も釣りができずというリスクが残る。羽田・かみやからマゴチで確実に釣行するが正解と思う。

今週末釣行できないとお尻の受難以来の3週間連続お休み波・風の予報も、雨の予報も釣りをするのに問題なし。午前は凪で午後はちょっと風が強まり波1.5メートルくらいという予報。東京湾内での出船なら午前中から釣りができるが、宇佐美まで行くと釣りができるのは午後から。17時くらいまで釣ることになるので前半は大丈夫だが後半はちょい時化になる気がする。ちょい時化なら平気とプチ遠征を敢行するという選択肢もあったが、船長が後半の波を嫌って出船中止と判断したら…と考えると、プチ遠征は来週以降が正解と考えなおす。午後船の出船中止の連絡は当日の朝に来ることが多いので、最悪3週連続で釣りできずの可能性が出てくる。確実に釣行できる湾奥出船に。大潮なのでマゴチに行くことに。



Twitter

2018年04月13日 17:02

« 宇佐美漁港にカマス襲来中。シーバス用プラグで入れパク | メイン | 序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ »

最近の気になる魚・物・話題の記事

イカは顔面チョップ一発で締めるって…マジやったんかぁ~
釣りたい食いたい夜アナゴ。今年は沸きがいいといいのに
今週末こそカイワリ・イサキ狙いで宇佐美にプチ遠征するぞ
本塁打マゴチのコリコリプルンなお刺身と日本酒…これ最高
2018年の大会初めは5/13江戸前釣りサーキット大会マゴチ
波を嫌って宇佐美遠征は来週。今週はマゴチに行くことに!!
宇佐美漁港にカマス襲来中。シーバス用プラグで入れパク
今週末釣行できないとお尻の受難以来の3週間連続お休み
高知に行ったんだからフィッシングハヤシに行けばよかった
遠征ウィリー五目盛り上がらないのでカイワリに行こうかな
行けたかも…と陸でくよくよ。体に優しく心には良くない1日
カタクチイワシエキス「BAKU-RU FORMULA」に食いつく
妻が魚をおろしてくれるうらやましい人だが勉強だけはする
あ~~あ、今週末は釣りに行ける気が微塵もしない予報だ
明神丸タタキ&サバ、かいだ屋うな重、安兵衛の焼き餃子
オキギス、どろめ、ウツボなど高知で食べた珍しいお魚たち
高知まで生まれて初めて釣りをした川を見に行ってきたよ♪
煮詰まったので竿もPCも持たずに旅に出る。探さないでくれ
ヤマシタがアカムツ釣りのトップアングラーの仕掛けを再現
マゴチ釣りで「訳あって泣く泣くポイント移動」って何事だ?
海底から10メートルでもヒメって…そんなに浮く魚だった?
一之瀬丸遠征ウィリー初日は7~25匹でカンパチも釣れた!?
忠彦丸のウィリーの釣果を見たらここ数日潮流キュンキュン
週末が凪予報だと仕事が捗る、頭の中がワチャワチャな僕
「ハイブリッド天秤 弓」はウィリー五目によさそうな気がする
FGノットが結べて魚の大きさも測れるプライヤーにムラムラ
今年のマゴチは熟女不在? お子様サイズが多数の予感…
初島沖のイサキ始まってた。自己最大サイズ更新狙おかな
再来週から遠征ウィリー確定!! 毛糸巻き巻き始めるぞぉ~
海中は妄想するものなんだけどさ、深場の水中映像見たい
週末は大潮!! 風が吹かなければマゴチ開幕戦に行くぞ!
タチウオが再発見されなければ3月後半からウィリー五目だ
メダイの特大開きにガチで満足。キンメダイより美味かった
何用のかすら知らんがMUDDY BUNNY「ナンベン」欲しい
マゴチ始まるのでLT深場は今週末が最終戦になるっぽい
冷凍庫から異臭が!! 全く冷えないただの箱になっちゃった
電車釣行用トート買い換え候補。モンベルのにしようかな?
「炉ばた焼き器 炙り家」到着。焼き鳥&魚串にこりゃハマる
メダイの特大開き……干してる時点でなんだか笑えてきた
春の嵐の間隙って明日しかない!! 目標クロムツ5+メダイ
モンベルのグローブは2シーズン持ったので耐久性も○かな
禁煙3周年記念品候補はカセットガス炉ばた焼き器 炙り家
エボダイの開きが美味いんだからメダイの特大開き作るか
やはり熟メバルの煮付け最高。これ食うとまた行きたくなる
16時時点で予約1名…かみやで一番悩ましいパターンだね
「チンタメバル」のチンタって何だろ? 小さい? クロダイ?
LT深場用に御用水産「キンメ用カツオのハラモ」気になるぞ
あいたたた。上半身が痛い多動性深場病発症の予感が…
激安PEライン…どれならOKでどれはNGと見分けられる?
サバに捕まると勝負にならない中深場。避ける方法ない?

著者: へた釣り