魚の代わりに松阪牛。子供のやった~に今日も(/□≦、)エーン!!

魚の代わりに松阪牛。子供のやった~に今日も(/□≦、)エーン!!昨日予定していた宇佐美へプチ遠征しての釣り納めが流れてしまいお正月に食べる魚がない。刺身は諦めるとして問題は用意してあった鍋の具材。魚以外はそろっているので、しゃぶしゃぶにでもするかと牛肉を買う。子供たちは大喜びでやった~♪ 魚より肉の方が嬉しいのね……。

魚の代わりに松阪牛。子供のやった~に今日も(/□≦、)エーン!!
年末年始のお鍋バリエーションの1つがすき焼きだったが、糖質オフしなくちゃいけないので、砂糖をたっぷり使うすき焼きは食べられなくなった。お鍋は釣ってきた魚ばかりになっていたのだが、釣行できずに肝心の魚がないのでは仕方がない。釣行費も浮いたので大奮発してしゃぶしゃぶ用の松阪牛を買った。子供たちに「釣りに行けなかったから、お正月のお鍋はしゃぶしゃぶだ」と告げると、「やったぁ~♪」と大喜び。だよな~。女子とはいえ食べ盛りな子供たちにとっては魚より肉だよな~。妻からも「釣り1回お休みしたら、いいお肉が買えるね」と笑いながら言われて、今日も(/□≦、)エーン!!



Twitter

2016年12月30日 17:00

« 釣り納め中止でお正月は魚なし。途方に暮れて(/□≦、)エーン!! | メイン | 世の中に何の影響もない2016年のへた釣り10大ニュースw »

最近の気になる魚・物・話題の記事

熱中症厳重警戒。シャツミストと極冷ふくだけシャワー買う
富津沖の激浅タチウオ始まる。心が病む釣りだけど面白い
ナチュラム祭でMYタモを。カワハギ変人仲間入りしちゃう!?
仕掛けの整理&ストックは108円43枚入りのストックバッグで
今週末までに釣り尽くされそうな勢いで剣崎イサキ大爆発
タチウオ指4本は炙り刺し、指3本は変わり揚げ、指2本は…
水潮の濁りがいい方に働くと信じて明日はタチアジ開幕戦!!
雨続きで「水潮」って何のこと? 二枚潮になりやすいの?
えええええ~~~~。「ピカイチくん」が音付きに進化した?
日曜凪と喜んだら松輪のお祭りで剣崎イサキは船止めやん
イサキってジギングでも釣れるのか…大きいのが釣れそう
LTアジで釣り座の不利をカバーするコマセワークを夢想す
へた13匹で竿頭50匹。ブドウ虫がアジの特エサになるらしい
連日の南風強風に海の様子が??? 軽くアジにしとくか
ハイシーズンには品薄。がまかつタチウオ針買っとかないと
今年は釧路港で40upのクロソイをルアーで狙ってみたろか
カゴカマスの干物が大成功。本カマスよりも旨いかもよぉ~
最近お気に入りの船上飯は花畑牧場「生カマンベール」だ
ウメイロの刺身が脂乗って甘くて絶品。イサキの裏本命かも
一之瀬丸イサキ船まさかの満船で明日はあさなぎ丸に浮気
ヤヴァい。カワハギオモリの上にタコスッテ付けちゃおかな
カワハギ釣りの余計なお遊びに「タコ寄せライト」どうだろ?
剣崎沖イサキ早くも束超え報告もあり6月最多記録狙える?
たまり醤油でコクを出す。妻のメバルの煮付けが進化してた
無策・無欲でメバル釣り大会。6月にして今年大会初参加だ
5年愛用した高級ハサミを捨て勇者印100円のハサミを買う
食っても食ってもカイワリなくならねぇ~。完全に目測誤った
釧路沖ソウハチ船のゲストにサクラマス多数!? 行きてぇ!!
今季1回しかやってないメバルの大会に出るか激しく悩み中
伊豆のアカムツとイサキは誘うと釣れないって本当なのか?
今週末は勇者様とアカムツ→カイワリのダブルヘッダーへ
サングラス・オン・偏光グラスは失敗。レンズ外して変な人
安旨白泡と旬のイサキのカルパッチョでし~あ~わ~せ~
6月の剣崎イサキはオキアミがないと歯が立たないことが…
むしゃくしゃするから1万円のデッキサンダルを買ったった!
2018年の剣崎沖イサキは良型混じりでまずまずなスタート
夏グローブとシャクリダコ防止サポーターでイサキ準備完了
宇佐美で尺カイワリが釣れてる。イサキの次はカイワリだね
4週ぶりの釣りは剣崎沖イサキ。今年もチョロいか痺れるか
ダイソーのオーバーサングラスは偏光グラスの上にかな?
釣りに行かない釣りブログ4週目に突入。異世界に行きたい
船上で包丁使えない。「キッチンシザース」はどうだろうか?
いか~~~~~ん!! 万策尽きた。怪我のせいではなく…
今週末も釣りに行けなかったら…俺の頭は万策尽きるかも
タチウオ釣りで瓶ビール飲んだりクルミ割る人は俺に言って
「キャタリナ IC」って夏タチウオにも最高なのではないかと
mazumeのデッキサンダルが格好よいのだが…1万円かぁ~
釣り行けなくて暇だから電動リール分解映像最後まで見た
日常生活に支障はないのだが…船上は“日常”じゃないよね
こういうの大事だよね。学研の図鑑LIVEポケットasobi「つり」

著者: へた釣り