2022年の新防寒具はエクストリームハンドウォーマーにする

2022年の新防寒具はエクストリームハンドウォーマーに冬の釣りは寒さとの戦いだ。朝の冷え込みがきつく釣りに行くのがつらいなと感じ始めたら、防寒具を1つ買うことにしている。今年気になっているのがFoxfireというメーカーの「エクストリームハンドウォーマー」。指は露出したままだが、手首と甲が保温されているため防寒性抜群らしい。

2022年の新防寒具はエクストリームハンドウォーマーに顔から首にかけてはネックウォーマー、上半身はラッシュガード+保温下着、下半身は通気性最悪の腰ゴムズボン、足は防水靴下+防水靴。少しずつ寒さ対策を進めていき、手以外はほぼ不満はない状態になりつつある。一方で餌を付けたり、仕掛けを正したりするために指先を露出せざるを得ない、手だけは防寒よりも機能性を重視するしかないと考えていた。エクストリームハンドウォーマーは手首から手の甲までをすっぽり覆うことができ、前腕部まで覆った部分は防寒着の中に収めることができる。裏地は毛足の長いボアフリースになっており、手首から甲をしっかり保温することで、釣りには必須な露出した指先を凍えさせずに済むらしい。ちょっと高いけど…気になる。


Twitter

2022年12月21日 15:59

« シロアマダイ2キロで約10万円。釣りたい…まじ釣りたい | メイン | 2022年の釣り納めはアマダイ再戦? 手堅くコマセ五目? »

最近の気になる魚・物・話題の記事

夏の宴の準備着々と。あとは美味しい魚を釣ってくるだけだ
今週は妻と釣りデートで脂ぶりぶりベイブリアジを釣るよ
イサキ・アジ・カンパチも? カイワリは夏の浅場シーズンに
アカハタ用に「エサヘッド スピナベ」が馬鹿に良く見える
松本圭一名人の城ヶ島沖でのハタの釣果がすごく羨ましい!!
今週は母のご機嫌伺いで大阪へ。タコとメバルの道具を物色
アカハタはサバ短よりアジやイワシ1匹付けで大型狙える?
今年はストロングレベルMAXな目つきの悪い虹クマスプレー
大阪夏の陣で真田幸村はアカクラゲを粉末にして毒ガスに?
本日のテーマは暑さにめげないカサゴに逃げないでいくよ~
猿アジのポイントは深くても46m…電動か手巻きかで悩む
猿島沖の午後アジ→夜メバルで横浜沖のリベンジしてくるよ
摂った糖質量以上に上がらない血糖値と違い尿酸値は面倒だ
アカハタ・メバル両狙いの仕掛けって幹糸何号で作るべき?
今週末は竿を持たずに妻と河津へのんびり温泉旅行に行くよ
千円のポンプを買ったらバケツで海水汲みから解放される?
滑舌悪いし面白いことの一つも言えてないが音声入り版配信
夏秋の癒しの釣魚アカハタはいつごろから本格化するんだろ
お気に入りの日本酒のあて。カサゴと季節の野菜の揚げだし
今夜はベタ凪予報だから横浜沖夜メバルに初挑戦してくるよ
今年はキャーキャー言えるかな? タコの沸きはどうかな?
荷台用ゴムひもを買ったらデカいクーラーの取り付けが安定
夜メバル仕掛け回転ビーズの代わりにWハリス止めはあり?
父の日のプレゼント前借りに成功しメバル仕掛け製作が捗る
今年も文佳人 夏純吟と絶品カイワリ刺しにありつけたよ~
でっかいクーラー持ち宇佐美へ。目標5連続カイワリツ抜け
稲取沖アカムツはクロムツが存在感失うほど圧倒的に美味い
ラムネのような後口の夏純吟到着。今週はカイワリに行くよ
「アブソリュート32L」デカい重いで電車釣行には不向き?
アラにもクロムツにも目をくれず稲取沖の“アレ”に全集中♪
城ヶ島沖アカハタ船で上針2本はメバル狙いってありかな?
今週末は城ヶ島以西で9連敗中の“アレ”を稲取沖で狙うよ!!
初島沖カイワリ速潮対策は細ライン&スリムビシを勧めたい
GWあたりから東京湾居着きのアジは産卵期で食い渋るの?
GW第3戦は風で回避しキスアナゴ天ざるパーティでうぇ~い
アンカー入れる釣りの潮先予測苦手だけど…明日は舳有利?
回転ビーズ…無理。父の日はライト付きルーペおねだりする
シロギスやメバル仕掛けのサルカンが小さいのはなぜなの?
広島屋の夜メバルで良型メバルの姿を確認してうずうずする
夜メバルの餌実験にイサザ・シラウオ・イソメを3本針に!?
超絶美味な尺カイワリ刺し&贅沢の極み中型カイワリフライ
冷凍庫満員御礼につきGW第1戦はキンメ&クロムツで確定
キャスティングで船宿予約すると960ポイント還元される?
5/3・4かみやでショートキス→夜アナゴ可能♪ Xデー確定
40センチ級デカイワリ確変中♪ これは行くしかないよね~
日本海は寒ブリで関東は春ブリ? でも東京湾のワラサは秋?
アナゴシーズンインなんだけど…ストック5の案内ないよ~
14年使いさすがに…「アブソリュートフリーズ」検討する
夜なら湾奥でも? 広島屋が4/27より夜メバル乗合を開始
豊漁らしいのでホタルイカ1キロ買っちゃうのってありかな

著者: へた釣り