クロムツに混じった赤いメバルの正体はカタボシアカメバル

クロムツに混じった赤いメバルの正体はカタボシアカメバルモ1匹目を釣ったときはよく見もせずに中深場で釣れる赤い魚なのでユメカサゴだと思っていた。でも、底付近ではなく、底から5メートル以上オモリを離した場所で魚信があり、3匹も連なって釣れてきたので、ちゃんと見てみたらユメカサゴではなかった。カタボシアカメバルという魚らしい。

「また釣ってきたよ♪」。クロムツ最多記録を3倍更新でドヤ!!
脂の乗りが?な魚だってアヒージョにしちゃえば鉄板で美味その体型通りメバル属に属する魚で、水深250メートルくらいにいる25センチくらいまでしか大きくならない魚であるらしい。2004年に新種として記載されるまではウケグチメバルと混同されていたみたいだ。鰓蓋に黒色円斑があり、体側に不定形な鮮紅色斑があるのが特徴。メバル属に不味い魚はないと信じているので、まずはお刺身で食べてみたが、サイズが20センチくらいと小さいせいか脂の乗りは今一つな感じで淡白すぎる白身だった。へた釣り家の雑魚料理の定番、アヒージョにして食べたら美味しかった。



Twitter

2017年03月13日 17:00

« 「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ | メイン | クロムツ見えてきたので次はアカムツ。どんな誘いが効く!? »

最近の気になる魚・物・話題の記事

一之瀬丸のマゴチが竿頭12匹、次頭も10匹と爆発しとんな
深場用針を結んだら指が切れて「締めリングAL」が欲しいぞ
船上での高切れ対策に生産中止の「ミニラインスプーラー」
「ブイホルダーSP」が超合金のオモチャみたいで超うれしい♪
今年の湾内は澄み潮続きでメバル釣りは相当厳しそうだなぁ
明日はクロムツの季末テストのつもりだったのにぃぃいい
遠征ウィリー五目の釣果に「カイワリ多数」。挑発されてる?
禁煙二年生進級記念品はシマノ「ブイホルダーSP」に決定!!
掛け枠に挫折。 断熱パイプカバーに深場の仕掛けを巻こう
クロムツ釣りに好印象の針は「極ムツ」と「ホタ鉤Light」かな
メダイの味噌漬け&キントキの炙り醤油刺しが最強すぎる
ウィリー五目でカイワリ釣れないのはタナの取り方のせい?
気になってた「○秘奇跡の海老」ゲット。カイワリ釣れるかな
釣った魚は美味い!! イサキは俺が釣ったのだけが美味い!?
クロムツ見えてきたので次はアカムツ。どんな誘いが効く!?
クロムツに混じった赤いメバルの正体はカタボシアカメバル
LT深場が出船確定してくれないのでマゴチと両面待ちなのだ
作るの難しくないのに……深場の仕掛けって買うと高いなぁ
だてまき丸で60upが2匹!! 2017年のマゴチはどうかなぁ~
キントキ、ヒメダイ、イサキ。ウィリー五目のお刺身食べ比べ
「延長ケーブル」を手に入れた。カケワクの呪文を忘れたorz
今季初のクーラー満タンを!! ウィリー五目のあの手この手
同士・お尻の受難者へ!! ワカサギクッションはオススメ!
あれ? 今年はシマノオーバーホールキャンペーンないの?
今週末は深場はお休みし沖のウィリーでカ~イ~ワ~リ~
次なる冒険ははぐれメタル(根付きの特大キンメ)狩りだっ!!
35upクロムツで久々に家族から「また釣ってきてね♪」を頂く
クロムツの泳層は? 底から何メートルを探るのが定石?
LT深場は海人アカムツ225、DEEO TSG…どっちが正解?
南強風でしばらく澄み潮。そうだっ! 今週末は深場にGO!!
沖のウィリーが間もなく開幕。FLビシが80→60号でライトに!?
イシガニのすまし汁が美味すぎる。狙って捕獲できないの?
南風で東京湾は潮が澄み水温下がり北風だと水温上がる
イシモチを美味しく食べたいなら取り扱い注意の魚と教わる
LT深場にするかな!? それともメバルにリベンジするかな?
みんな湾フグXだから臍が曲がって「弐作目 江戸前活ふぐ」
スティーレ2台持ち…PGとXGってどうやって使い分けるの?
カマスのひっかけ釣りに「ロデオグライダー」はどうだろう?
ポニョを釣らず熟アマダイを落とす方法を考えるのが課題
3本針にホタルイカ&オキアミのミックスで熟アマダイに求愛
魚から見えにくいハリスの色は透明? ピンク? 緑? 黒?
すっかり疎遠な熟アマダイ…今週末だけ仮面夫婦を演じて
守村大「ウーパ!」のワカサギ釣り編がすご~く面白いぞ!!
スティーレ2台がU原工房から退院。汚れてなくてツマラン!?
あれれ? 八景沖メバルには曇り&小潮の爆釣フラグ有効!?
開幕戦は何か忘れ物してないかってすごく不安にならない?
2017年の開幕戦に向け癒しのメバル釣り三原則を思い出す
高水温でメバルの当たり年!? 解禁日は平年並み…かな?
小雨で小潮でとくれば…5日に今年こそ尺メバリストになる!?
2月が近付くと考える。どうしてカサゴには浮き袋があるの?

著者: へた釣り