新・へた釣りだとすぐ分かる帽子はダイオウグソクムシので

新・へた釣りだとすぐ分かる帽子はダイオウグソクムシので北海道土産に子供1号に買ってもらったヒグマ帽子を愛用していたが、3年近く被っていると汚れたというか、カビてしまった。新しい帽子を買うかなとあれこれ物色していると、これを被れば一目でへた釣りだと認識してもらえそうな物を見つける。「ダイオウグソクムシ ブラック」を買う。

新・へた釣りだとすぐ分かる帽子はダイオウグソクムシので
新・へた釣りだとすぐ分かる帽子はダイオウグソクムシので
ちょっと前に虫が大嫌いって書いたくせになんともキモい物が気に入ってしまう。巷で人気らしいダイオウグソクムシだが、ウオノエを巨大化しただけの生き物である。ウオノエをホラーと書いたのであるからダイオウグソクムシは特大ホラーである。実際に生きて動いている生体に関しては見たくも触りたくもないが、黒の帽子に銀色のメタリック加工で描かれているとなんだか格好がよい。こんな悪目立ちしかしない帽子を被っている人を釣り船では見たことがないので、船上でへた釣りを発見してもらうのにもこれほどい適した帽子はあるまい。今週末には間に合わないから来週デビューかな?



Twitter

2018年02月01日 17:01

« クロムツ人気で締切。今週末はオニカサゴ改め赤い魚五目 | メイン | FM400はやはりモーター交換だった。値引きの理由は…? »

最近の気になる魚・物・話題の記事

釣りに行かない釣りブログ4週目に突入。異世界に行きたい
船上で包丁使えない。「キッチンシザース」はどうだろうか?
いか~~~~~ん!! 万策尽きた。怪我のせいではなく…
今週末も釣りに行けなかったら…俺の頭は万策尽きるかも
タチウオ釣りで瓶ビール飲んだりクルミ割る人は俺に言って
「キャタリナ IC」って夏タチウオにも最高なのではないかと
mazumeのデッキサンダルが格好よいのだが…1万円かぁ~
釣り行けなくて暇だから電動リール分解映像最後まで見た
日常生活に支障はないのだが…船上は“日常”じゃないよね
こういうの大事だよね。学研の図鑑LIVEポケットasobi「つり」
夏の夜中にあご出汁1年分をすくいに行くってステキかも…
8cm地エビで尺メバル狙い。成否不明だが笑ってはもらえる
ウィリー好きなのでハヤブサ「発光プランクトン 」が気になる
カストキングのリールがアベンジャーズな感じで気になるぞ
タチウオを締めるには目の後をギュッと挟む脳締めが早い
体調不良のせいで前年比で釣行回数4回減、釣果は6割減
足の痛みひかず今週末は釣り断念。イサキの準備をするか
夜中に階段でこけて小指が…歩けないので釣りもできない
30センチ超えのサヨリが東京湾に。船では釣れないのかな?
夏になると眼球がジンジン。オーバーサングラスを108円で
アナゴの特餌はボケジャコ!? 勇竿釣具店経由かみや行き
GW中にLTアジは鬼門と承知してるが明日午前に緊急出撃
やっぱアナゴ丼最高♪ またかみやに5匹もらいに行くしか…
小雨でもいい!! GW釣りなしは耐えられないのでアナゴ行く
GW後半の風予報にむむむっ!! 今夜アナゴにと思い立つも
宇佐美でボウズ。心折れてGW後半の予定はリセットして…
カマスってまだいるのかな? 1時間早く着くので準備だけ
GW初戦29日に宇佐美遠征カイワリ五目。後半は予報次第
ウィリー五目のアミエビに濁りを足すチヌ用配合餌は効く!?
無料サービス乗船券準備よし!! GWは釣り三昧にしたいね
アナゴの出だしよくはないが去年よりはマシそうな感じかな
今年の湾奥アジの脂のノリの凄さになんじゃこりゃぁああぁぁ!!
コマセカゴのブリーチ漬けのせい? サルカンが腐食し破断
今年はカイワリに縁がない。今週末も予報不安で自主回避
イカは顔面チョップ一発で締めるって…マジやったんかぁ~
釣りたい食いたい夜アナゴ。今年は沸きがいいといいのに
今週末こそカイワリ・イサキ狙いで宇佐美にプチ遠征するぞ
本塁打マゴチのコリコリプルンなお刺身と日本酒…これ最高
2018年の大会初めは5/13江戸前釣りサーキット大会マゴチ
波を嫌って宇佐美遠征は来週。今週はマゴチに行くことに!!
宇佐美漁港にカマス襲来中。シーバス用プラグで入れパク
今週末釣行できないとお尻の受難以来の3週間連続お休み
高知に行ったんだからフィッシングハヤシに行けばよかった
遠征ウィリー五目盛り上がらないのでカイワリに行こうかな
行けたかも…と陸でくよくよ。体に優しく心には良くない1日
カタクチイワシエキス「BAKU-RU FORMULA」に食いつく
妻が魚をおろしてくれるうらやましい人だが勉強だけはする
あ~~あ、今週末は釣りに行ける気が微塵もしない予報だ
明神丸タタキ&サバ、かいだ屋うな重、安兵衛の焼き餃子
オキギス、どろめ、ウツボなど高知で食べた珍しいお魚たち

著者: へた釣り