【動画】ソウダガツオが頭の中でずっとビチビチビチ跳ねてた

【動画】ソウダガツオが頭の中でずっとビチビチビチ跳ねてた一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりするの動画版。イサキを釣りに行ったはずなのにイサキを釣っている動画を1本も撮っていないという実に困った状態。ソウダガツオのシーンだけでなんとか釣行動画っぽいものをでっちあげた。音楽は苦手だけど考えて入れてみたよ。


釣行後記

もう少しイサキの活性がよければ対処法もあるのだが肝心のイサキからの魚信がほとんどない状態では打つ手なし。最初は海面近くでしか魚信らなかったソウダガツオの反応が下がり、船長の指示ダナでもバンバン食ってくるようになったらもうお手上げである。

数釣りの条件の1つに船上あまり混みあってないというのがある。混むと1人あたりの割り当てが減るというのもあるが、片舷10人でコマセを撒き続けるとソウダガツオが大喜びでやってきて、イサキを蹴散らしてしまう。1人1人がコマセを撒く量をもっと絞ればと思うが他人の釣りに注文をつけるわけにはいかない。1人コマセを絞ったがソウダガツオは去ってはくれない。

ソウダガツオを避けるための必殺仕掛であるショート仕掛けを投入してみたが、この日はイサキは遠い位置の針にばかり食ってきていたのでソウダガツオが掛かる頻度は落ちたがイサキは全く釣れなくなってしまった。

ソウダガツオは一番下のウィリー針に食ってくることが多いので下の針をわざとペンチで伸ばして掛からないようにした。これは少しだけ効果があったような気がするが、ソウダガツオが船下にバンバン突っ込んできているという状況に変化はない。イサキが釣れるようにはならなかった。

お手上げ!!



Twitter

2019年08月14日 16:52

« ソウダ大漁で自信ついたから今年はカツオやってみようかな | メイン | イサキがビシに近い針、遠い針で釣れるときの条件は何? »

[an error occurred while processing this directive]

著者: へた釣り