貴重だから最高の状態で。アカムツは何日寝かすが正解?

貴重だから最高の状態で。アカムツは何日寝かすが正解?次に釣れるのは何年後か分からないので、白身のトロと称されるアカムツを最高の状態で食べたい。美味しい魚は皮まで美味しいに決まっているし、皮際の脂を楽しみたいので身は炙り刺しで頂こうと考えている。何日くらい冷蔵庫で熟成させるのが正解なんだろうか? 2、3日でいい?

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりG:激旨W:ウィークの仕上げ釣行で約2年ぶりに手にしたアカムツ。ノドグロとも呼ばれる超高級魚である。30センチくらいと小ぶりなので何種類もの料理を楽しむには身の量が不十分。今回の1尾は身を炙り刺しに、頭や中骨から出汁をとってノドグロラーメン(糖質オフ麺で)を作ろうと決める。問題はさく取りした身を何日くらい冷蔵庫で寝かせれば最高の状態で食べられるかだ。1日、2日でいいという人もいれば寝かせれば寝かせるほどいいので1週間は我慢という人も。ネットで見つかる情報にばらつきがある。いつ食べればいいのか…大いなる悩みに発展中。もっと大きければ毎日少しずつ食べて食レポ&好みに合う食べ頃を自分で探れるんだけどね~。



Twitter

2019年05月07日 17:00

« G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり | メイン | 長靴とサンダルの間用にショートレインブーツを買おうかな »

最近の気になる魚・物・話題の記事

リールを巻くときは騒ぐ!? 動画撮影&編集のあれこれメモ
ブログ初投稿はカイワリだった。動画初配信もカイワリに!!
蒸し暑い!! 熱中症対策に極冷白黒クマさんスプレーを購入
夏休み直前の凪の三連休舐めてた。一之瀬丸イサキ満船
頭、腕などいろいろ試してGo Proは胸のやや右寄りに装着
梅雨時は農作物の育ちが悪いほど魚は元気になるのかも
アルファタックルの船竿・フィールドモニターに応募しよかな
愛機スティーレより軽い!! ダイワのADMIRAが気になるぞ
YouTuberになるならんはおいといて動画配信やる気すっよ
ヤリイカ&北海道五目のイタズラ竿にグラスラム135Hどう?
「釣りスギ四平」という釣りYouTuberにすっかりハマってるよ
平日、雨の日参考記録だが一之瀬丸でもイサキ束超え出た
年に数度の白米の日。アナゴ丼はやっぱり最高にうめぇえ!!
予報見て仰天。明日のタチアジ無理なので…本日夜アナゴ
この時期、マダイよりチダイの方が美味しいような気がする
治久丸サイトダウンで釣楽でポイントもらえることに気付く
タチウオ釣りは麻雀の何を切るに似てる? 定石と奇手
カイワリの開き…「ぬふふふふ」なお味にはならず。残念だ
今週末はタチウオ。あ行しか喋れないアホな子になってくる
釣行前日もカイワリ好調。「へたさん来たら釣れない」悪夢が
マゴチって産卵(釣れない時期)始まった? まだ大丈夫?
イサキもタチウオもマダコまで絶好調でカマスも始まったとさ
絶好調ではないが宇佐美沖のカイワリ五目は好調をキープ
父の日にTHE NORTH FACEのラッシュガードをもらえたよ
俺が行く前に終わってしまうのだろうがカイワリが絶好調だ
イサキ2戦でハリス切れ2回、針伸び1回。どう対処するの?
釣行日は他の船の釣果は見ないというルール破ってトホホ
イサキ、アナゴ、イワシ…「梅雨の水を飲む魚」というらしい
土曜は時化で×。日曜なら…イサキ? カイワリ? LTアジ?
ヘリソプスレインシューズはお店のツルツル床にとても弱い
宇佐美でカイワリに混じってヒメダイ。ウィリーに反応いい?
かみやメバル大会サイトにへた釣りの写真…でも、行けないの
潮澄んで剣崎沖イサキ初日は不調。洲の崎用に電動かな
一之瀬丸イサキは釣況次第で沖の瀬への遠征ありみたい
北海道遠征堤防編はクロソイに挑戦。何リグがいいのかな
もういくつ寝ると剣崎沖イサキ解禁!! 今年はどうかなぁっと
速潮対策に+20号の増しオモリ検討。PE1.5で大丈夫かな!?
夕方にカイワリ追加のアテは外れたが豪華食卓になりそう
「いい反応…」愚痴が聞こえたら細ハリスで。明日はカイワリ
シマノ神対応? ソリッド交換頼んだら#1丸々新品に交換
「最強!釣りバカ対決!!」リールの持ち方を何故指導しない
釣りというより梅雨時の散歩用? 防水靴下を即決で購入
今年一番の大雨を物ともせず。中国製防水シューズいいぞ
明石からアコウ(キジハタ)船出てる? しかも今がシーズン
茨城・平潟港に行けば干物最強魚のキチジが釣れると知る
妻のそろそろ付き合ってあげても…にアカクラゲいつまで!?
カイワリ竿頭で21匹、18匹…爆発してるのに…大阪行く週!!
ダイワ「穴釣り専科」ラインは船のリーダーや仕掛けにも?
文字通り味を占めてアカムツとも考えたが明日は遠征五目
アカムツ炙り刺しと塩焼きぬむふふと変な声が漏れちゃった

著者: へた釣り