ワラサ満席で明日はイシダイ、イナダ狙って午後アミ五目へ

ワラサ満船で明日はイシダイ、イナダ狙って午後アミ五目へ何を釣ろうかな?とウダウダ悩むのも釣りの楽しみとはいえ迷い過ぎた。釣行前日の朝にメールでワラサ船の予約を申し込んだところ、金沢八景・一之瀬丸から「満船」との返事。もう1つの釣り物候補であったアミ五目に行くことに。アミ五目も午前は「満船」っぽいので午後から出撃する。

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ土曜日は時化模様なので日曜日は混むかもという予感はあったが、「満船」になるほど混むとは考えてもなかった。好調に釣れる期間は長くないようなのでワラサチャレンジは来年かな? 明日は午後アミ五目で八景沖豪華刺し盛りチャレンジ2回目。前回釣行で釣れたのはアジとサバのみ。高級魚不在の1品300円均一安居酒屋になってしまった。釣況はよくなってきている。小型のイシダイであるシマダイがポツポツと混ざっているようだし、マダイ、イナダ、クロダイなども日替わりゲストのように釣れている。イシダイ、マダイ、クロダイ、イナダ、アジ、サバから5種盛り(一人前1980円)を達成したいなぁっと。



Twitter

2018年10月27日 17:00

« キャストに不安。子供でも簡単な「アブマチック」気になるぞ | メイン | アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業 »

最近の気になる魚・物・話題の記事

アカムツ出汁+塩屋ドレッシングソルトラーメンが美味すぎ
LT深場五目が企画されないのはクロムツ不調のせいかな?
極鋭CG深場伝説第2幕。アカムツ入魂の章に向け準備万端
風で無理か…土曜午前アジに賭けたてたが来週も魚なし!?
PE4号の継ぎ足しは電車結びでOKみたい。100mほど足す
アカムツは場所によって浮く? 底から2メートルくらいまで?
冷蔵庫に魚ない! 土曜はすぐ食べられる魚を釣りに行く
手を汚さずに魚をがっちりと掴める「EZグローブ」欲しいかも
釣ってみたい魚が1つ増えた。国内では激レアのキテンハタ
一之瀬丸の寒ゴチ「絶好調以外の言葉がみつかりません」
白間津の敵を宇佐美で討つ? 食べる魚ないので明日行く
新型肺炎終息しないと釣具店から虫エサと仕掛けが消える
シマアジは飲ませて獲れる小針? 口にがっちりネムリ針?
2月なのにカイワリ20匹近くと絶好調。水温が高いからかな
3度目の白間津シマアジ。凸凹あるのでいい日に当たれ~
あれれ? 一ノ瀬丸のマダイ船の方がイシダイ釣れてた?
針先だけナノスムースコート。ナノポイントの針使ってみたいぞ
2月1日は晴れに…メバルは回避しイシダイ行こうかなぁっと
錘負荷~200号の竿に250号、300号を背負わせても平気?
2月1日は湾奥メバル解禁。土曜日だから初日に開幕する?
中深場で釣れるアコウメバルが美味しかもと調べてみたら
禁煙5年生進級祝いに人生初極鋭。P HHH-205AGSが到着
PEライン同士の結束はリーダーを介してFGノットでいいの?
アカムツ塩焼きとノドグロ出汁湯豆腐で毎日高級料亭気分♪
「津本式」の究極の血抜きの手順や理論をフルカラーで解説
探見丸スクリーン搭載の「ビーストマスター MD 3000」欲しい
BMOバッテリー6.6Ahをお代わりし合わせて11Ahが正解か
35センチ超えたクロムツ炙り刺しの蕩けっぷりがたまらんよ
毒棘以外捨てるとこなし。鬼の形相鍋はやっぱり最高だった
腰痛いので近くからかな。かみやからLT深場五目にしよう
久々に物欲を抑えられないかも…「極鋭 コンセプト ゲーム」
白間津シマアジは年が明けて絶好調。久里浜イシダイは…
オニカサゴの帰りに腰がグキッとなりかけオモリキープ希望
2020年も初釣りはオニカサゴおみくじで。40センチ超えで吉
世の中に何の影響もない2019年のへた釣り10大ニュースw
2019年釣り納めはカンパチ、ハタ、ヒラメ狙いの泳がせ五目
釣りは認知症の予防に効果がある趣味・運動の1つと思う
治久丸の泳がせ仕掛けはハリス8号1.5メートル1本針で作る
ピカイチくん「あっぱよ」は“炸裂”と“くる”の時間アレンジ可!!
年末年始は旅行なので釣り納めは何を釣りに行こうかな?
お刺身、皮のポン酢和え、お鍋+〆は蕎麦でイシダイ最高
水中撮影計画ちゃくちゃくと進行中。まずは取り込み時から
年末年始の「年取り魚」にも!? 塩イナダなら味が濃縮される
2019年のへた釣りの漢字は「動」。動画、車釣行、大阪行き
イシダイ五目のエサ取り対策にオキアミとイカ短買ってきた
日曜に平作丸初乗船! イシダイ五目の釣り方を予習する
やっぱりイシダイ釣りたい、食べたい。平作丸まで行くかっ!!
マダイ釣りにコマセはいらない? 外道の捕食音で寄せる!?
イシダイ好調っぽい。ワラサやカンパチも期待できちゃう?
降雨量が何ミリくらいまでなら楽しく釣りができるんだろう?

著者: へた釣り